ONO消しゴム 小野市が沸騰中!画像や動画は?トンボ鉛筆側のコメントは?気になるネットの反応は?

ONO消しゴム 小野市がネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

ONO消しゴム 小野市の概要は?トンボ鉛筆側のコメントは?

ONO消しゴム 小野市のニュースが次のように報道されています。

トンボ鉛筆は「地域振興が動機であり、模造品とは考えていない」としたうえで、「事前に許可さえ取ってくれれば問題なかった」とコメントしています。

 有名な「MONO消しゴム」にそっくりな消しゴムを許可を得ずに作っていました。

それは、MONO消しゴムのロゴからMの字を消すとONOになることにを付けた企画でした。兵庫県の小野市観光協会のPR企画。しかし、先月に作った1000個の消しゴムが無駄になりました。本家であるMONO消しゴムの製造元「トンボ鉛筆」の許諾が得られていなかったことが分かったからです。観光協会によれば、許諾は業者任せにしていたといいます。PR用の消しゴムの製作を請け負ったのはノベルティーグッズの製造販売業者です。既存の製品に名前を入れるなどのサービスを行っています。
これは、その業者から観光協会に宛てたメールです。
「MONO→ONOについてはトンボさんに話をしました。同じフォントや白黒青のラインがなければ問題ありませんとのことです」
このメールは今年8月。翌9月には…。
「株式会社トンボ鉛筆さんとお話しを致しました。営業担当者とトンボ本社の相談室にも確認を行いましたが、小野市観光協会さまの原稿を送り確認しました。特に問題なしとのことでした」
先月、業者はONO消しゴム1000個を観光協会に納品。ところが、許諾を得たという説明はどうやら事実ではありませんでした。トンボ鉛筆が相談を受けたのはONO消しゴムが出来上がった後の先月になってからでした。実際のデザインを検討した結果トンボは…。
トンボ鉛筆:「“MONOに見えるが実はONO”というネタの性質上、デザインが本物に非常に似ているため有料での販売はやめてほしい」
そう回答。同時に、すでに製品が出来上がっていることもあり、イベントの景品や市のPRに使うことは認めたといいます。ただし、こうした経緯を知った観光協会の判断で販売はもちろん、景品として利用することも中止に。トンボ鉛筆は今回のケースについて「地域振興が動機であり、模造品とは考えていない」としたうえで、「事前に許可さえ取ってくれれば問題なかった」と取材に答えています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191105-00000057-ann-soci

スポンサードリンク

ONO消しゴム 小野市が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

「ONO消しゴム」似ているので・・・小野市PR企画中止

スポンサードリンク

ONO消しゴム 小野市のネットの反応は?

>似ているので

いやいや。似ているじゃなくて明らかに似せて作ってるでしょ。

こう言うのって、消しゴム生産委託をネタ元にお願いするモノじゃないの?

経緯を鑑みて、トンボ鉛筆側の厚意に甘える訳には行かないという事ね。消しゴムを見た人は、間違いなく興味を持ちそうなだけに残念。

記事通りならトンボさんや役所が悪いみたいになってるけど一番は業者でしょ。役所とトンボの名前より業者の名前を出さなきゃ。

事前にすべき事の認知の差が、公務員と一般会社員の差。インパクトのあるPRになる為にパロるなら、事前に許可取るのは常識ですよね。

もったいないな~。パクらずにコラボしたら良かったのに。

多少の話はしていたようだが、なぜ最後まで話を詰めないのか…?
下手したら商標法違反で訴えられてもおかくしなかったんじゃ…
既に製造したということは廃棄処分?税金の無駄でしょ…

任せた業者が悪かった。

1000個作るのにいくら税金を使ったのか市は市民に説明するべき。

権利関係は、契約書をもらっておかないとだめだよ。それができていないなら、仕切り直しただね。お役所だから、そこは厳格にしないとね。

初めからトンボに発注すりゃよかった。

で、嘘をついた業者は名前も出ないで、イメージダウンは無しか。
小野市だけバッシングされて終わりじゃ割に合わない気がするな。

この程度は問題ないでしょ。1000個程度で営利でもないし、むしろMONOのPRにもなる。事前許可を得たなんて嘘つくからいけない。

この程度で問題なら、猫の絵は全部アウトじゃないのかね?

事後承諾の前例は作りたくないかな。
うまくやればwin-winで丸く収まったのに。
何事にも言える事か。

Oh no

市の祭りでさえ、よさこいに似てる…?
似せるのが好きな市なのかな?

消しゴムのパロディネタを消しゴムでやっちゃうセンスが寒いよね。
宴会に有名人の微妙なそっくりさんを連れてきても「おー、似てるー…で?」で終わってしまうようなもので。5分ももたない。
そんな刹那的なウケ狙いの為にいくらの税金を使ったのかと?

それにやるんだったら正式にMONOとコラボ企画にすればいいのに。他所の業者使うなよ。
「作っちゃったんだから仕方ない、タダでくばるならいいよ」って言ってくれるトンボの株がひたすら上がっただけだな。

企画ありきで進めるのが当たり前の業界なんだろうね。

小野市としても面白いって思ったのかしれないけど、トンボ鉛筆ももう少し太っ腹になってほしいな。

決まった時点で、業者じゃなくて小野市がトンボ鉛筆に許諾を得るべきだろうね。

業者に任せてたは、逃げてるだけなように思う。

HawaiiとHawai(羽合)、U.S.A.とusa(うさ)…これと同じ事かな?

スポンサードリンク
おすすめの記事