警察官 フェレットがヤバイ。画像や動画は?感染症?気になるネットの反応は?

警察官 フェレットがネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

警察官 フェレットの概要は?感染症?

警察官 フェレットのニュースが次のように報道されています。

捕獲の際に手をかまれ、3カ月後に蜂窩織炎(ほうかしきえん)という感染症を発症しました。

心よりお悔やみ申し上げます。

 フェレットに手をかまれて17年間、感染症と闘った警察官が死亡していたことが分かりました。

2002年に大分県警で交番勤務をしていた男性警部補は「近くの公園にフェレットがいる」と110番通報を受けて出動しました。捕獲の際に手をかまれ、3カ月後に蜂窩織炎(ほうかしきえん)という感染症を発症しました。警部補は入退院を繰り返しながら17年間、闘病を続けましたが、今年1月に41歳で亡くなったということです。フェレットはイタチ科の肉食動物で、野生化すると細菌を持つ可能性があるということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191107-00000041-ann-soci

スポンサードリンク

警察官 フェレットがヤバイ。画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

フェレットに噛まれ・・・17年間闘病の警察官死亡

スポンサードリンク

警察官 フェレットのネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

こんな小動物に咬まれただけで17年もの間苦しめられて、短い人生を終えられたのですね。

本当に警察官の方には頭が下がります。
いろいろ憎まれたり、疎まれたりすることも多いと思いますが、ちゃんとした警察官の方は使命をもって取り組んでると思います。

亡くなられた警察官のかたのご冥福をお祈りします。

フェレットに噛まれ17年も苦しみ命を落とすなんて…

数年前に子猫が川に落ちたと通報されたらしく警察官と消防の方が救助しているのを見ましたが 庶民のためにいろいろなことをしなければならない職業のかたは大変だと思います!

ご冥福をお祈り致します

このフェレットはわからないけど、最近は色々な種類の動物を自宅で飼う人が増えてきた。
飼うからには知識は勿論、逃げないようにしっかりと管理してほしい。

24歳から…
本人も家族もどんなに辛かったことか…

フェレットの飼い主は、その苦しみを全く知らないかもしれない…
長い闘病生活の末、若くして亡くなったこと忘れたらダメですね…市民や、特に元の飼い主…。

任務を全うしただけなのに。なんという運命だろうと胸が痛みました。
殉職扱いにしてあげてほしいですね。

動物はかわいいけど、どんな菌を持ってるか分からない。
噛まれたら大変。

若い時から17年も闘病生活で、本当に可哀そうです。

ペットを飼ってる人は責任をもって、亡くなるまで飼ってほしい。
登録制にしても良いと思う。

町に猿やイノシシやマムシが出た時も警察が捕獲に立ち会ったりする機会がありますが、普段取り扱った事のない動物の捕獲要請については専門知識がないと怪我をする恐れもあるし毒性のある動物は危険だと思います。
なんでも警察が処理するのが正しいのかなと感じます。

17年間も大変、お辛かったでしょうね。
御冥福をお祈りします。

県民の暮らしを今まで守っていただいた。何か御遺族へでも、県民が寄付できる窓口とかないのかな。。。
少しでも力になりたいと思います。お悔やみ申し上げます。

警察官になれるほどだから、体力や運動神経は、平均より上だっただろう。だから続けられたのだろう。でも心身共に辛かっただろう。お疲れ様でした。

フェレットで人生が終わるなんて警察官が気の毒過ぎます。

警察官は動物への知識もないのに通報があったら蛇とかも捕まえるよね。凄く危険だと思う。
生き物に関しては専任部隊を配置して出動させるべきだと思う。

24歳の時から17年間も…気の毒でならない。

殉職にしてあげてください

きのうニュースを見たときは17年間も闘病してたなんて知らなかった
辛かっただろうに
動物を保護するときは大小にかかわらず頑丈な防具をつけて作業して欲しい
こんなひどい目に今後会わないために

細菌で体が蝕まれたんですね。さぞかし痛くて辛い思いをされたのでしょう。
ご冥福を祈るばかりです。

フェレットはイタチですからね。
飼ってる方には悪いけど、フェレットは怖い。

獣医だった爺さんが、ペットとして出回り始めた時、あまりいい顔をしてなかったのを覚えてる。
イタチは口に細菌があるから絶対に噛まれるなと子供の私に言ってた。
ネコもかなりのもんだけど(笑)
飼ってるのは別なんだろうけど、イタチはネズミでもなんでも捕食するから、自然のイタチに噛まれたらかなりヤバイと言ってた。

自然に離しては絶対にダメ。

亡くなられた警察官の方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
まだまだ警察官と言うお仕事をしていたかった事と存じます。
警察官の方がこのフェレットを捕まえて下さったから、子供や年寄りがかまれずに済んだと思います。17年間の闘病生活お疲れさまでした。
またご家族もお疲れさまでした。
ご家族もとてもお辛かった事と存じます。
本当に市民を守った警察官だと思います。
本当にお仕事ご苦労様でした。

もちろん職務中の事故?ってことで補償か何かあるんだよね?これだけ期間が長いとフェレットに噛まれたこととは関係ないって突っぱねてやしないかと心配になる。

5年前に右足ふくらはぎをアブに刺され、翌日から膝下位までパンパンに腫れ、痛みとかゆみと紫色になった肌の色でこれはヤバイかも、と日曜診療している皮膚科をネットで調べて30キロ先の病院に受診しました。

診断結果は蜂窩織炎
来週また来て下さい、との事なので遠いし来週は忙しいので来れないかもと話すと『悪化すると最悪切断になりますよ、蜂窩織炎は怖いですよ』と。

抗生物質の軟膏、ガーゼと包帯で過ごし1週間で完治しましたがこのニュースを見て改めて蜂窩織炎の恐ろしさを目の当たりにしました。

24歳から17年間の治療は辛いものだったかと思います。
亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

17年…。
動物出現の対応大変ですよね。
数年前、子猫の保護に数人の警察官が応援に来てくれた。最初来てくれた人が思い切り噛まれてたのを思い出した。猫の感染症で亡くなる方もいますからね…怖いです。
最初警察ではないかなと遠慮しつつ電話したら、その対応だったのでびっくりしつつ感謝。
さすまた持ってきた警察官には笑えたけど、必死の対応有難かったです。
亡くなった方のご冥福お祈り致します。

17年間も闘病して若くして亡くなられたとは本当に気の毒。
辛かったことでしょう。ご家族はいたたまれない。
前々から思っていたけど、警察官は動物の専門家でもない。
動物対策専門の捕獲業者を雇うべきではないか。
警察は人間の事だけでも手がいっぱいで大変なんだよ。

スポンサードリンク

警察官 フェレットのネットの反応は?Part2

動物対応のできる部署があってもいいと思うけどね。いくら警察でも動物の前じゃ同じ素人。
迂闊に野生動物に近づくことの危険性を改めて感じました。

フェレット1匹で人生がここまで変わってしまうのは一人の人間として可哀想だ。任務を全うしようという姿勢からのことだし、殉職者として扱ってあげて欲しいが。

相撲取りもよくなる病気ですが、私も交通事故に遭った時に罹患しました。「あっ、蜂窩織炎!」と医師が言ったのを覚えているのですが、がんがん抗生物質の点滴やられて治りました。看護婦さんも「良かったー」と言ってくれていたのですが自分でもよく事情が分かっていなかったけど命落とす病気だったんだなと今になって思います。

憶測だけど、ほうか織炎から敗血症などを起こし、他の臓器に致命的な障害を起こしたんじゃないかな?例えば心内膜炎や腎不全など。それで長期闘病していたが、治療の甲斐なく亡くなったと。心内膜炎や腎不全なら、十数年の闘病はじゅうぶん有り得るし、治療をしていても十数年後に亡くなることもおかしくはない。

自分は獣医なのだが、診療で犬猫に咬まれた事は数知れず、またフェレットにも咬まれた事があるけど、数日腫れるぐらいで、大事に至る事はまずない。他のスタッフもしかり。
なぜ、小さな歯牙しかないフェレットに咬まれて死亡する経緯に至ったのか?警部補の体質や持病などに起因するものか、本当に偶発的なものだったのか、出来るならその辺も明らかにして欲しい。

この方には きちんと公務災害が認定適応されたのでしょうか?

認定されているのならば 経済的負担はゼロなので
気の毒には思いますが ほかの事例に比べればマシかなと思います

むしろ 一般人に対して、フェレットなど逃げたペットの野生化・のら化の危険を乗船することが必要だと思います

最近は 野良の保護が流行りですが、やはり保健所の専門職員による捕獲と処置の重要性を再認識させられました

泣くななられた方のご冥福と ご遺族へのお悔やみを申し上げます

17年…めちゃくちゃ辛かっただろうな。
本人も、家族も。。。
しかもこんな日常の一幕が死を招くなんて…
常に危険と隣り合わせの仕事。
頭が下がります。
動物の捕獲をしてくれたりする時の警察官の方になんか専用の手袋とかマフラーとか防護する物があればいいのに…。
さすがにこれは辛い。心が痛みます。
心よりご冥福をお祈りいたします。

長い闘病生活、辛かったっでしょう。御家族も心配されておられたことでしょう。
ご冥福をお祈りします。
警察官って、市民の要請があれば些細なことも対処してくれる。
以前、テレビで蜂の巣撤去する警察官の方がいらっしゃいましたが、やはりああいう毒があったり危害がありそうな生き物の対処は専門に任せるべきだと思います。

知り合いの警察官は、当務中に大型犬の捕獲を依頼され保健所も閉まっているため捕獲に向かったところ、大型犬がすごい勢いで走ってきたと思ったら、ジャレて来ただけでホッとしました。と言ってました。
何にしても警察官は命がけです。

言葉が出ない。感染症の怖さをしみじみ感じた。うちにも動物いるから気をつけている。そんなに深くはないが動物との感染症については少し勉強した。ちゃんと知識を持って正しく怖がって接するのが大事かと思う。この方は職務上の事故。ご冥福をお祈りします。

24歳で噛まれたんですね。
私は動物関係の仕事ですが
治療や捕獲の時にパニックを起こした
動物はプロでも必死です。
鹿や猿を捕獲するニュースが時々あります。
警察官や市役所職員が右往左往している
姿を見ると気の毒でならない。
動物は色んな意味で怖いですよ。

長い間辛かったと思います。年齢も近いし…色々考えると胸が苦しくなります。当時は捕まえないと子供達や市民に何かあってはいけないと思ったから、自分で捕獲されたと思いますが。まさか、感染症で…この記事みたら、無闇に動物捨てたりしないで!!今までご苦労様でした。貴方のような、警察官が一番必要とされている日本です。

右足甲に蜂窩織炎に過去なりました。
アレルギーで掻きむしりそこから菌が入りました。
蜂に刺されたようになります。
皮膚と皮膚の間に菌が入ってしまいます。
自分は一週間程で薬で治りました。
下の方からだんだん上部に上がって行く性質の病気です。
警察官のご冥福をお祈り致します。

気の毒すぎる。フィレットも、野生化すれば、ネズミを捕ったりするだろうから、危険な細菌を持つこともあるだろう。蜂窩織炎が必ず重篤になるわけじゃないだろうから、不運な部分もあったんだろう。

これ、逃がした飼い主はどう思うのかな?当初はニュースにならなかったのかな?

警察官は色々と大変なお仕事だと思います。
同様の事案が起きない様に、ケプラーグローブを標準装備品にしたりと色々な対策をして頂いて、激務の警察官の命を守ってあげて下さい。

これ犬でも猫でも起きうる事。
なんにも噛まれてなくて、単なる掻き壊しでも可能性がある。
免疫力の問題で疲れていたりすると身体が負けるんです。
早期治療で防ぐ事は可能。
腫れた、膿が出ている、なかなか治らない、そんな時はすぐに病院に行ってください。
3ヶ月もほっといたらダメなんです。

病院に行くのは弱虫ですか?
自分の体のために休みを取るのは甘えですか?
それで死んだら意味ないでしょう。
病院に行くのは自己管理の一環です。

41なんてわたしとそんなに年変わりませんよ、死んでも死にきれません。

フェレット苦手。昔友達が飼ってたけどめちゃくちゃ噛んできた。
一度飼ったら最後まで責任持って見て欲しい。この方はほんとに気の毒。

17年間入退院繰り返してとありますが、退院してる時は普通に過ごせたのでしょうか‥。
美味しい物を食べたり、旅行したり、仲間たちとすごしたり。
せめて、苦しかったであろう17年間の間に楽しく過ごせた時間があってほしい。

ご冥福をお祈りいたします。

前に家の前にカラスがいて帰れない、と通報したニュースを見たことがあるけどカラスだのフェレットだのどうでもいい事で緊急通報をする人がわりといるらしい事に驚くな…

可愛い動物は、害が有ると?
難しい事だけど、助ける際は、専門家にどうしたらいいか確認しないといけない。
でないと、命がけになる

人生の一番良いところで病気になり、そこからの闘病生活どうだったのだろう。本人の気持ち、親の気持ちを思うとやりきれない。

スポンサードリンク
おすすめの記事