ゴルゴ13 休載が沸騰中!新作が出ないのは?画像や動画は?気になるネットの反応は?

ゴルゴ13 休載がネット上で話題になっています。

ゴルゴ13 休載の概要は?新作が出ないのは?

ゴルゴ13 休載のニュースが次のように報道されています。

新作が出ないのは52年の連載で初めてで、次の号からは1995年に発表された作品を掲載するということです。

 新型コロナウイルスの影響で人気漫画「ゴルゴ13」の新作が52年の連載で初めて、ストップすることになりました。

 ゴルゴ13を掲載する小学館の「ビッグコミック」は制作現場が長時間にわたって密集する環境だとして、スタッフの安全を考慮し、当面の間、新作の掲載を見合わせると発表しました。作者のさいとう・たかをさんは「コロナに負けず、すでに第600話の準備にとりかかっております」とコメントを寄せています。新作が出ないのは52年の連載で初めてで、次の号からは1995年に発表された作品を掲載するということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

ゴルゴ13 休載が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

「ゴルゴ13」初休載 52年の歴史も…作業“3密”で

ゴルゴ13 休載のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「私は本人も知っているが、眼だけ描いていたというのは某漫画家さんで(今やネームも怪しい)、本人は今でもゴルゴなどの顔などはしっかり描いているし、構成や、手順などの指示もしていますよ。

本人は安全なとこにいますが、高齢のスタッフは多く、多くは電車通勤ということもあり、感染リスクもあるので、また制作環境的にも10人以上が向き合いながらの作業で、どうしても感染リスク高くなるので、彼らのためにも一端中断ということ。

ただ、過去の掲載作品は出す意向のようで、ゴルゴ13は読めます。」という意見と
「アシスタントに絵を描かせてさいとう・たかを氏は瞳を書くだけだものデューク東郷も武漢ウイルスには勝てなかったってオチです」という意見と
「昔の作品を読めるのはそれはそれで価値があります(^_^)」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「時代を超えて、世界情勢を見続けて欲しいね。(....でも、テロリストだし?)....まあまあ♪エロい場面も♪(...ソコかい、バシバシ!)」という意見と
「そんなに続いていた事を知った人の方が大多数だと思うがね…。」という意見と
「超ロングセラー 永遠のクールガイ ゴルゴ13 ライフワークになってしまった」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「52年休まず常にアイデアだして書き続けてたとかやはり化け物」という意見と
「俺の後ろに立つな...
(密になるだろ...)」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

ゴルゴ13 休載おわりに

今回はゴルゴ13 休載に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のゴルゴ13 休載は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「52年も描き続けてるのすげえな」
「よくネタ尽きないな」

あくまでも個人的意見ですが。

おすすめの記事