新型コロナウイルス 対策 助成金が沸騰中!政府・与党は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

新型コロナウイルス 対策 助成金がネット上で話題になっています。

新型コロナウイルス 対策 助成金の概要は?政府・与党は?

新型コロナウイルス 対策 助成金のニュースが次のように報道されています。

安倍総理が14日にも編成を指示し、政府・与党は今の国会で成立させる方針です。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた新たな経済対策のため、安倍総理大臣は14日にも今年度の第2次補正予算案の編成を指示する見通しです。

 新型コロナウイルスの対策を巡っては、政府・与党内で事業者への家賃支援など新たな支援策の検討が進んでいます。第2次補正予算案には家賃支援に加え、雇用調整助成金の上乗せや中小企業向けの給付金の充当などが盛り込まれる見通しです。安倍総理が14日にも編成を指示し、政府・与党は今の国会で成立させる方針です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

新型コロナウイルス 対策 助成金が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

安倍総理14日にも指示 第2次補正予算案編成へ

新型コロナウイルス 対策 助成金のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「それにしても対策が「後手」で本当にイライラしますね!
自分達に得になる事は素早いのに!
もう一度「現金給付」をして貰わないと生活困窮で生活が
出来ない人が多い。
日本は、「非課税世帯」「非課税に準ずる世帯」の方々が
中心の補償である。納税者や中小企業には優しくない。
本当に腹立たしい!
国会議員の定数削減と給与半減も同時に行う」という意見と
「予算編成を【指示】するのが14日?
じゃあ実際に【協議】するのはいつなの?
それで【承認】されるのはいつ?
国民のもとに現金が入るのはいつになるの?

政府の対応って、なんでこんなに遅いの?

国民は【何も対策や補償を受けていないまま】数ヶ月我慢して自粛しています。

まったくいらないけど粗悪品と噂のマスクも届かない、給付金も届かない。

どうなったら緊急事態宣言が解除されるか分からない。

挙げ句、政府が呼び掛けているにも関わらず国民の意識が低下していると【何もしていない政府に上から目線】で言われる始末。

現在できる限り自粛していますが、出口が分からないままいつまでも我慢できません。

国民は今、政府の対応や発言に対してかなり敏感になっています。

いつまでも自民党政権が安泰だと思わないで欲しい。

安倍内閣終わってる・・・。」という意見と
「雇用調整助成金も何度も電話したり足を運んだりして入ってくるのは数ヶ月後。
申請を諦めて会社を縮小したりする会社も増えてる。
そもそも申請自体しないで雇用を減らす方向を取っている会社も多い。
そうなるとパート等で働く女性に休業や失業の直撃弾をまともに受けてる。
10万円などはこれまでのズレとしても足りないくらいなのにまだ入らない。この様な状態で、ここで政府がまだ会社だけを補償する方向だと、本当に厳しくなりますよ。
また一律10万円とし、給与が減らない方は年末調整や確定申告から吸い上げるとか、もっと直撃に対して直接補償した方が本当に困っている国民を救うことになり、会社としても再始動しやすいと思いますよ。このままだと焦って辞めてしまったり辞めさせてしまったりがかなり起こります。国会で安倍の目的の1つ黒川検事長の定年延長に向けた法改正なんて今やる事?本当に困っている方々を見ないなら総辞職でいいよ。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「それにしても、政府の対応が遅いし、しょぼいし、中身がないしでどうしようもない!
今度こそ、血の通った対策をお願いしますって言うても、今の政府じゃ、期待するだけ無駄かな?
家賃補助も良いけど、個人の給付も再度してもらわないと、今後、困窮者がもっともっと出てくると思うよ!
生活が苦しくなった人達を救済っていうなら、全国民が今、困窮してきてると思う!
だから、全国民に救済策を講じてもらわないと!
いい加減、国民の立場に立った政策をしてもらわないと!」という意見と
「免除するなら資産を売り払ってからにするべきです。自営業は節税のため贅沢な車を買っている人も多い。生活保護並みに家賃を補助してもらうときは資産の売却してそれでも足りなかったら国から援助という風にしないと。

当然その間の従業員のボーナスはなしにすべきです。社員の給与も公開すべき。リーマンの金融機関への援助では高給をもらっているのに国から支援されていると批判があった。それを反省すべきです。」という意見と
「家賃補助は結局、不動産屋や地主の懐を潤すだけで、本当に困窮している事業者の救済には繋がらないのではないか?
補助分の家賃収入を得ておきながら、後に賃貸契約の解約を許せば、結局事業継続には結びつかない。
契約解除に制約を設けるなど、併せて対策を講じるべき。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決(首班指名)でこれを
指名する(憲法67条1項)。

⇧ 憲法改正で急ぐのは「憲法67条1項」です。
 総理大臣も「国民投票」で決めないから「現在」の様な状態なの
 です。
 ただし「選挙権は」、政治を理解できる年齢に限定すべきです。」という意見と
「これらに合わせて、どさくさ紛れに衆院内閣委員会は8日、国家公務員の定年を60歳から65歳に段階的に引き上げる国家公務員法改正案の実質審議に入った。

なんで安倍の悪事は発表しないの?忖度ばかりしてるならマスコミはいらない。」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

新型コロナウイルス 対策 助成金おわりに

今回は新型コロナウイルス 対策 助成金に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の新型コロナウイルス 対策 助成金は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「政府はよっぽど支援金を払いたくないらしい。
指示するだけなら、自粛延長が決まった5月4日にすれば良いのでは?
このままだと、14日に殆どの都道府県に自粛解除のお墨付きを与え、「支援金の受付は解除されていない都道府県のみ」といった流れになりそうな気がする。」
「予備費はないのか?
アベノマスクは、予算は、国会で承認がされたのか?
スピード重視に、いちいち国会承認を求めるシンゾウ先生内閣に意義あり
自分のマスクわ、知らないうちに使い、ですよ」

あくまでも個人的意見ですが。

今回新型コロナウイルス 対策 助成金について取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事