クラウドファンディング 目標金額が沸騰中!何よりも?画像や動画は?気になるネットの反応は?

クラウドファンディング 目標金額がネット上で話題になっています。

クラウドファンディング 目標金額の概要は?何よりも?

クラウドファンディング 目標金額のニュースが次のように報道されています。

守りたいお店の条件は人それぞれ。しかし、お店は地域にとってそう簡単に失ってはいけないかけがえのないものです。そして、何よりもオーナーさんの笑顔こそ私たちが守るべき財産なのではないでしょうか。

 グリル来来オーナー・対比地真六さん(80):「昼間はそうでもないけど、夜が全然、駄目になっちゃった。4月いっぱいで閉店したけどね。自分も歳だし、コロナでこんな時代になっちゃったし、それで思い切ったんです」
 そう語るのは横浜市で創業47年、地元の人に愛されたグリル来来オーナーの対比地さんです。先月いっぱいで47年の歴史に幕を閉じました。
 グリル来来オーナー・対比地真六さん:「(Q.ご自身は『やめたくないな』という気持ちは?)やめたくない気持ちはありましたよ」
 しかし、80歳を迎える対比地さんは家族にお店より命を守ってと懇願され、閉店をする決断をしました。長年通った常連さんたちとの思い出は。
 グリル来来オーナー・対比地真六さん:「(初めて来店した時)幼稚園児だった子どもが今、来てますよ。友達を連れて食べに来てくれます。地域の皆さんに助けてもらって育ててもらったんです。(お店が)47歳になったんです」
 新型コロナウイルスの影響で8日までに経営破綻した企業は全国で128件にも上り、飲食店は17件がお店を閉めることを余儀なくされました。
 連日、報道されている廃業、閉店のニュース。当たり前だと思っていたことが当たり前ではない。そんな現実を知らされています。お店は私たちにとって何なのでしょうか?そのヒントとなるお店に出会いました。
 生き残りをかけ、今まさに崖っぷちでお店を守り続けている大野承さん(73)です。大野さんは横浜市でイベントスペース付きのカフェを経営しています。パーティーメニューが大人気でしたが、今、お店に残っている材料はサンドイッチくらいです。緊急事態宣言を受け、現在、お店は休業しています。
 3丁目カフェオーナー・大野承さん:「4月1日から全面的に閉めた。ライブと集会所という集客を持っているので、場合によっては100人くらい入る催しがあるので、3月の頭からライブやパーティーはキャンセルになりました」
 お店は家賃などを含めると月200万円の売り上げが必要。しかも、自粛を要請されたライブなどが売りのお店です。絶望しかありませんでした。
 三谷紬アナウンサー:「お店自体の存続は悩んだりされました?」
 3丁目カフェオーナー・大野承さん:「悩みました。最初は首をつろうと思いました。本当ににっちもさっちもいかなくて。穴が開いているでしょう。ひもをつるして(首を)つったら楽だなって思って」
 自らの命まで絶つことを考えたことがある大野さん。今回は夜逃げを考えたそうです。しかし、命とお店をつなぎ止めたのはお客さんたちでした。その方法は「クラウドファンディング」
 3丁目カフェオーナー・大野承さん:「『絶対に(お店を)なくせないね』という人が増えて、けつをたたかれて、クラウドファンディングみたいに立て直そうと。借金、融資したというのがありますね」
 お客さんから勧められ、ネットで融資を募るクラウドファンディングを始めたところ、目標金額だった200万円を大幅に超えて350万円以上が集まったそうです。支援する側も大変なはず。お店を守りたい。そう思うのはなぜなのか?出資者の人たちにも話を聞きました。
 出資者:「音楽と親しんでもらえるような場所」「結局、自分の遊び場になっているので、なくなると『ここで飲もうぜ』って言って自分のリビングのように、こんな広い場所ない。50人くらい地域の人が集まって飲めるので、そういう場所を長続きさせたいなって。そのために給料出したり、年金を出したりしている」
 今、自粛を求められている人と人とのつながり。でも、それがないと人は生きていけません。それを気付かされました。
 出資者:「この店が好きなので、地域活動も音楽でサポートしている」「3カメ~4カメのスイッチングライブ配信をしようと」
 守りたいお店の条件は人それぞれ。しかし、お店は地域にとってそう簡単に失ってはいけないかけがえのないものです。そして、何よりもオーナーさんの笑顔こそ私たちが守るべき財産なのではないでしょうか。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

クラウドファンディング 目標金額が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

コロナで気づいた“お店”という存在…そして意味

クラウドファンディング 目標金額のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「社会、文化、地域のコミュニティ、歴史、人の繋がり、という意味でも、たかがと言っては悪いですが、1ヶ月やそこらで失うには多大な損失です。小さなお店や企業も可能な限り破綻しなくて良いサポートをお願いします。そして何より皆が生き甲斐をもって長続きし安定する事が一番重要です。」という意見と
「80歳の人のケースは、一概にコロナによる経済ダメージで閉店って訳でもない感じ。

>80歳を迎える対比地さんは家族にお店より命を守ってと懇願され

とあるから、コロナの老人の死亡率の高さを家族に心配されて自分でも家族に迷惑をかけるくらいならという事じゃないかな。
経済よりコロナの直接的な害の為の閉店って感じ。」という意見と
「タイトルのお店という存在。。。ってわりには全然中身ないな。80歳ならもういいだろ。38歳でこれからお店立ち上げようとした矢先のコロナの奴もいるんだよ。80歳の美徳なストーリーは内内でやってくれ。もう高度成長期時代にを含めて47年も店やったら、もういいだろ。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「個人店や中小企業は潰れても自己責任、増税に繋がる支援はこれ以上するなという論調もあるが、外観が違うだけの観光地のスタバや、出張先で全国チェーンの居酒屋しか選べなくなるのは勘弁してもらいたい。」という意見と
「サービス業は変化対応業なのです。
コロナの影響は想像以上ですが残るお店は残る。
私も小さな飲食店を経営してますが、残れる側になれる自信はありません(^_^;)」という意見と
「昨今小規模事業者の後継問題が盛んに取り上げられてたがその答えがコロナで出た感じでしょ
コロナ以前の平時から現役世代が暮らせるほどの収益があげられないから誰も継ぎたがらない
いま数多ある小規模事業者は償却済み資産と年金によって低価格を維持しているからこそやっていける
頑張って経営している現役世代の経営者の足を引っ張ってるだけ」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「現在、店を閉店しておられる方で、
店舗に行かれていない方は時々点検に行った方がいい。
ネズミが寄って来ますよ。」という意見と
「ハッキリ言ってコンビニとスーパーが有れば飲食店なんかは無くても困らないですね。
コロナで本当に.そう思いました。
飲食業の方には本当に気の毒ですが日本人の何割かは.今そう気づいてると思いますよ....」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

クラウドファンディング 目標金額おわりに

今回はクラウドファンディング 目標金額に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のクラウドファンディング 目標金額は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「政治屋のパフォーマンスに過ぎない緊急事態宣言やら休業要請なんて無視して店開けて欲しいなぁ、各地の個人商店。
それなりに需要はあるんだし。」
「最後の締めが偽善的で気持ち悪い。
別に店主のために行ってるわけじゃなくて、食いたいもの、飲みたいものがあるから行ってる」

あくまでも個人的意見ですが。

今回クラウドファンディング 目標金額について取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事