たかなみ きりさめが沸騰中!活動を始める予定?画像や動画は?気になるネットの反応は?

たかなみ きりさめがネット上で話題になっています。

たかなみ きりさめの概要は?活動を始める予定?

たかなみ きりさめのニュースが次のように報道されています。

6月ごろから中東のオマーン湾やアラビア海北部で活動を始める予定です。

 中東での活動に向けて出港した護衛艦でも乗組員全員にPCR検査を行います。

 10日午前、海上自衛隊佐世保基地配備の護衛艦「きりさめ」が中東に向けて出港しました。現地では日本に関係する船舶の安全確保に必要な情報を収集します。現在、派遣中の護衛艦「たかなみ」と交代します。
 中尾剛久海将:「本日から14日間、我が国近海において健康観察を実施するとともに、遠洋に出航する前にPCR検査を行うことにしています」
 乗組員は約200人で、この後、全員のPCR検査を行うとともに2週間は日本の近海で訓練をして感染者がいないことを確認したうえで現地に向かいます。6月ごろから中東のオマーン湾やアラビア海北部で活動を始める予定です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

たかなみ きりさめが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

乗組員全員にPCR検査 護衛艦「きりさめ」中東へ

たかなみ きりさめのネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「ご苦労様です。出航前には念には念の感染検査、万一感染者が出たら米空母の様になり大変な事になります。まあ、河野指令の元、抜かりは無いと思っています。それにしても、大所帯の自衛隊、未だに感染者ゼロとは驚きです。ご立派です。」という意見と
「米海軍の感染例もあり、検査を受けさせて万全を期したいという気持ちは分かるのですが。PCR検査は3割が偽陰性だそうですから、「これで大丈夫」という保証にはならない。従来の政府の説明が本当なら、間違った使い方ですね。
 なぜこういう「気休め検査」が自衛隊には許されるのか。閉鎖環境とか国益とか言っても、多くの国民にモヤモヤが残りそうです。どんな勤労者だってそれなりに、国と社会に奉仕しているのですし、身の危険を感じながら通勤し勤務しているのですから。」という意見と
「たかなみとの交代理由がいつになっても出てこない事が心配です。無事でいてくれよ。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「世界はコロナ拡大してるが、今中東に行く必要ある? しかもPCR検査を優先してまで。」という意見と
「今のこの時期、海賊達もおとなしくしている。
無理に護衛艦を派遣する必要はない!。」という意見と
「何故PCR検査出来るの?自衛隊だからっておかしくないか?長い公開に出る船員は、皆さん検査受けられるの?」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「日本の自衛隊は日本一強いですね」という意見と
「お勤めご苦労様です、コロナにも気をつけてください」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

たかなみ きりさめおわりに

今回はたかなみ きりさめに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のたかなみ きりさめは話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「やっぱ行進曲「軍艦」は
最高だなぁ。
隊員の皆様、お体に気をつけて。」
「恐いけど正直羨ましいな。護衛艦乗りたい。
それだけの訓練を受けてきたのかと思うと海上自衛隊は誇らしいな。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回たかなみ きりさめについて取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事