協力金 支給が沸騰中!都は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

協力金 支給がネット上で話題になっています。

協力金 支給の概要は?都は?

協力金 支給のニュースが次のように報道されています。

都は休業要請などの措置の延長に伴って、7日から31日まで要請に応じた事業者に対して同額の協力金を第2弾として支給するとしています。

 東京都は休業などの要請に応じた事業者に対する協力金の支給が11日から始まります。

 小池都知事:「東京の経済を守るための協力金。できるだけ早くお手元に届くように」
 都の「感染拡大防止協力金」は先月16日から今月6日まで休業や時短営業の要請に応じた事業者に対して1店舗50万円、2店舗以上の場合は100万円が支給されます。申請は先月22日から来月15日までで、今月11日から支給が始まり、これまでに約6万8000件の申請があったということです。都は休業要請などの措置の延長に伴って、7日から31日まで要請に応じた事業者に対して同額の協力金を第2弾として支給するとしています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

協力金 支給が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

「東京の経済守るため」 “協力金”の支給始まる

協力金 支給のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「これでお店が営業出来ても、消費者が行かれなければ意味無いと思う。
オリンピックで大金を注ぎ込んだ分、消費者にも配らないと。勝手に他所へ税金ばらまかれてる感しかない。」という意見と
「書類が揃わなかったので昨日申し込みした完全休業業種のものですが、昨日時点で申し込み番号が12万件くらいだった。。。

ほとんど飲食系・居酒屋さんだと思うけど。。
完全休業業種は内2割もいないかと。。」という意見と
「経済を回す都民に支給しなきゃ、回らない気がする、企業も大変ですが、支える人も大変なんですよ、飲み食い出来ない、人が沢山います。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「この知事には批判が止まりませんね。
自分がなぜ批判され続けているか分からない人に、コロナ対策の舵取りが出来るわけがない。
こんなのよければ誰でも務まります。」という意見と
「パチンコ屋には…不要ですよ。 その分、真面目に自粛した都民に給付金にプラスしてあげてほしいですね。……ただし、あくまでも真面目に自粛した方だけですよ……パチンコ屋に行ったり デートでラブホで行ったり海に行ったりは……除外ですよ。」という意見と
「自粛でストレスを溜めてる都民にも何かないんでしょうか??
都民税が減るだけでも全然違いますが!?
あくまで経済優先ですか?」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「お店の家賃10万円でも50万円貰えるのかしらねぇ…?

しかし…

お店持って無い普通の都民はまだ

パンの耳さえカジれて無いって知ってるのかしらねぇ…」という意見と
「あの〜。
毎月住民税23000円払ってるのですが、
半額になりませんかね。。。」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

協力金 支給おわりに

今回は協力金 支給に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の協力金 支給は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「政府の10万より早かったw」
「本日は珍しい擬態だ

ハワイの海でも見たのかな?」

あくまでも個人的意見ですが。

今回協力金 支給について取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事