新型コロナウイルス 中国 批判が沸騰中!根拠として?画像や動画は?気になるネットの反応は?

新型コロナウイルス 中国 批判がネット上で話題になっています。

新型コロナウイルス 中国 批判の概要は?根拠として?

新型コロナウイルス 中国 批判のニュースが次のように報道されています。

根拠として、日本の国立感染研究所が日本国内で3月以降に拡大したウイルスは中国由来ではないと発表したことなどを挙げています。

 新型コロナウイルスを巡るアメリカからの批判に中国が猛反論です。

 「中国が全世界にウイルスをばらまいた」とするアメリカからの批判に対し、中国外務省はそれらの批判を項目ごとにまとめた、長文の反論を発表しました。そのなかで、「中国は最速で最も厳格な予防抑制措置を取り、感染を主に武漢で抑えこんだ。中国がウイルスを国外へ広げた症例は非常に少ない」と反論しました。根拠として、日本の国立感染研究所が日本国内で3月以降に拡大したウイルスは中国由来ではないと発表したことなどを挙げています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

新型コロナウイルス 中国 批判が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

中国が長文で…新型コロナめぐる米側の批判に猛反論

新型コロナウイルス 中国 批判のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「日本の第二波は直接中国からでは無く欧州経由だが、
最初の中国発を否定するものでは無い。

そもそも中国から世界に広まらなければ、
日本の第二波も無かった。

意図的かどうかはともかく。
中国人や中国帰りの人々が世界中に広めた事はたしか。

中国政府は早期にこの感染症を把握していたにもかかわらず、
その感染拡大を阻止しようとしなかった。

その結果が現在の世界の惨状である事は誰が見ても明らか。
さらにWHOに対する圧力など。

米国の批判を完全肯定す事は無いが、
中国の反論には全く同意できません。」という意見と
「この反論は自分の首を絞めるものと思います。中国から持ち出されていないのであれば、中国以外で見つかったウィルスはどこから広まったのか論じなければ話にならない。反中国で世界が一致団結すべき時だと思います。」という意見と
「武漢を封鎖する前後から広範囲に高速道路での検問やサウナ、カラオケ、バー等の営業停止が実施されていた。アビガン増産、マスク等医療物資集めも封鎖前から行われていた。春節休暇での海外拡散に目をつぶったのは意図的というか、それが狙いだった。その悪だくみに、一早く気づいた台湾だけが水際で止めることができた。真の狙いは、独立に向け動き出した台湾壊滅だったかもしれない。その後もWHOと共謀、台湾をシャットアウトした事実は変えようがない。調べれば、調べるほど疑惑は深まるばかり、だな!」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「日本国内で3月以降に拡大したウイルスは中国由来ではないと発表したことなどを挙げています

3月以降・・・その前は?

元のウイルスは中国武漢から世界各国に行きわたり進化したウイルスが日本にきて猛威を振るい甚大な損害を与えたが正解でしょう。」という意見と
「この論文、中国語の原文で良いので一覧する方法がありますか?
下手な日本語訳文ですと政治的恣意が入る可能性があるので出来れば中国語原文で読んでみたいです。

中国語原文から日本語に直接訳した文章は恣意が入りガチですし、どぎつい表現が何故かマイルドになっていたりして面白くありません。
そして英語を間に挟むと誤訳が出て来たりするのが悩ましいです。

遠藤誉先生のようにネイティブに近い語学力と、鋭い分析力を持った方が訳文と解説をつけてくれると安心して日本語訳文読めるのですけど。」という意見と
「いくら反論しても、武漢が発祥地なんだし、海鮮市場ではない。じゃ、どこからか説明してほしい。研究所か疾病センターから故意にではないにしても、漏れたのは確か。
欧米だけじゃなく、インドやナイジェリアも訴えるって言ってるし、どんどん訴える国が増えていくでしょうね。
そりゃ、世界を敵に回して反論に躍起になるでしょうね。
したたかな中国、どう出るか見ものですね。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「日本の安倍政権が掲げている観光立国政策により中国人観光客の金目当てに新型肺炎感染者・無自覚感染者を大量入国させてしまった事と習近平の国賓来日が近かったので、中国から新型肺炎ウィルスが国内に大量流入したとは絶対に言えなかった。
中国が世界大流行パンデミックを引き起こし世界大恐慌を引き起こした状況証拠が揃い過ぎているのでグレーでは無く、完全ブラックです。
中国による非人道的無差別新型肺炎ウィルス散布作戦による奇襲攻撃により、第三次世界大戦が開始された。
アメリカ・欧州・ロシア・カナダ・オーストラリアVS中国の構図で新型肺炎ウィルスを巡りウィルスによる世界大戦が発生しています。
東シナ海・南シナ海の領有権の対立が大規模戦争の火種になりかねません。」という意見と
「中国は春節前からウィルスの危険性を知っていて、武漢市の閉鎖を検討していないと時系列的におかしいと思う。

辻褄が合わなくても、認めなきゃ負けじゃないと思うなら、何年でも何十年でも話し合ってもいいと思う。
時間の経過は正しいほうに味方をするものだから、時間をかければ何が正しいか分かる。」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

新型コロナウイルス 中国 批判おわりに

今回は新型コロナウイルス 中国 批判に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の新型コロナウイルス 中国 批判は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「中国共産党のしたたかさは大したものだと感心する
たしかにウイルスの感染経路なんて厳密にはわかりようがないもんな
声を大にして宣伝を繰り返す、都合の悪い情報は遮断する、これをまさに金の力で実行しているのが中国

日本政府も積極的に情報発信するよう意識を高めていかないと困るね
河野太郎さんや世耕さんあたりは期待できるんだけど」
「◆大ウソつき)中国共産党
  
◆武漢コロナは、中国隠蔽/WHO加担が大きかったが、
 欧米の油断もあったようだ。
   (三密、マスク ⇒警戒、啓蒙 不足)
コロナの最中、中国公船が領海侵入し、日本漁船を追い回したらしい、嫌らしい。
政府は是々非々の外交どころか、外交を放棄しているのか。
習近平国賓など有り得ない。

首里城火災)デニー県政の原因隠蔽に、加担している場合でない。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回新型コロナウイルス 中国 批判について取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事