緊急事態宣言 解除 基準が沸騰中!感染の再拡大?画像や動画は?気になるネットの反応は?

緊急事態宣言 解除 基準がネット上で話題になっています。

緊急事態宣言 解除 基準の概要は?感染の再拡大?

緊急事態宣言 解除 基準のニュースが次のように報道されています。

感染の再拡大が不安視されるなか、ネットでは「どうせまた自粛になるから一回緩和してほしい」「これ以上延長しても、みんな気持ちが緩んでくるよ…」という声も。

 緊急事態宣言の解除基準が今週にも公表されますが、ゴールデンウィーク明けの自粛生活について、その緩みを懸念する声が聞かれます。

 11日、都内の新たな感染者は15人。3月30日以来、20人を下回りました。週末の都の人出も政府の目指す7割から8割減を達成。さらに、特定警戒都道府県以外の地域では、次々と緩和の動きが広がっています。
 鹿児島県の公立小中学校などは11日から学校が再開。佐賀県の県立図書館でも利用時間に制限を設け、間隔を空ける目印を付けるなどの対策をして利用を再開。三重県では運転免許センターが再開し、更新手続きや講習、技能試験も再開されることに。西村康稔新型コロナ対策担当大臣も…。
 西村康稔新型コロナ対策担当大臣:「特定警戒以外の34県については、数値が落ち着いている状況は確認できれば、多くの県について解除が視野に入ってくるものと思っております。特定警戒都道府県について新規感染者の数が著しく回復している都道府県については、解除が視野に入ってくるものだと思います」
 さらに、期待されるワクチンについても11日に安倍総理大臣が言及。
 安倍総理大臣:「国内におきましては開発が進められまして、早ければ7月には治験が開始できる見込みであります」
 事態は好転してきているように感じられます。しかし、「このまま緩和を進めたい!」と誰もが願う一方で、その後の「状況悪化」への不安も…。
 6日、韓国では感染者が減少したことから自粛を大幅に緩和。しかし…。
 ソウル市長:「ソウル市は今、この瞬間から直ちに、クラブ・音楽酒場・ディスコ・ルームサロンなどすべての遊興施設に対し、集合禁止令を発令致します」
 ソウル中心部のクラブで集団感染が発生したのです。次々と客の感染が確認され、感染者は86人に。その場にいた3000人余りと連絡ができていないとのことです。
 思い返せば日本でも。2月、全国に先駆けて独自の緊急事態宣言を出した北海道。一時は落ち着いたかに見えましたが、先月、再び感染が拡大。この「第2波」の影響により、再び学校を休校に…。感染の再拡大が不安視されるなか、ネットでは「どうせまた自粛になるから一回緩和してほしい」「これ以上延長しても、みんな気持ちが緩んでくるよ…」という声も。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

緊急事態宣言 解除 基準が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

自粛長期化はもう限界?緩和で感染再拡大への懸念も

緊急事態宣言 解除 基準のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「信用できないデーターをもとに感染者が減少しているとメディアが報じている。
そして政府は経済に動かしたいがためにメディアを使って緊急事態宣言解除の流れを創ろうとしている。」という意見と
「大手町勤務ですが
通勤電車も以前より空いている

わたしの勤務するビルでは
テレワークが徹底されている印象ですし
会議も出張も禁止で
外来者もシャットアウトされ
社員の検温に定期的な消毒も徹底されています

部署によってはグループ分けされ交代制が敷かれています
感染時の全滅防止のためです
本当にみんなよく頑張っていると思います

しかし
これら防疫体制が敷かれても
感染者の封じ込めのカギは検査の普及という事でしょう
担保ある自粛解除が
近い将来に成されることを待つばかりです」という意見と
「難しいところですね。
チェーン店ではなく個人経営されている店などは5/6までなら我慢出来ると思っていただろうし、もう限界でしょうね。
自分たちの生活や従業員たちのお給料もありますし店を開けざるを得ないでしょうし。
遅かれ早かれ自粛解除はあるわけですし、対策をしっかりとしていくしかないのではないでしょうか。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「100年前の前近代的なロックダウンにいつまでも耐えられないことに皆気づき始めた。
検査で感染者をはじき出していく方が痛みが少ない事に気が付いてきた。

各国が検査を増強させることに躍起になっている。

九大の工学部の教授の試算では検査の方が効率的だとの主張が主流になっていくのだろうな?

ロックダウンの痛手に最初に気が付いたのは中国かも知れない?強引に経済に舵を切ろうとしている。

日本の利口な連中もやっと検査の重要性に気が付いてきた。検査の増強を求める声が大きくなっているようにある。

検査をすると医療崩壊するなどというウソが現実を見て、検査をしないで感染者を増やして医療関係に感染していくことがやっとわかった。

経済的にもいつまでも自制できるわけではないことも理解できて来たのだろう。

第2波が来たときは自制と検査を増やして感染者をはじく抱き合わせが一番短縮できる。」という意見と
「第二波は昔から言われてきて、韓国でも起こりつつある。
休業しているホテルの周辺を特別区にして我慢できない人を集めた実験都市みたいにしたら良いのでは?」という意見と
「何のための自粛か、もう一度原点に戻りませんか?
自粛のために自粛してるのではない
目的は感染拡大防止ですよ

論点が「我慢からの脱出」になってきている
出口戦略とか何とか言ってるけど
本当の出口はワクチンや治療薬の誕生しかない
それまでは、当たり前の日常は帰ってこない」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「自粛自粛と言っている人は金銭的に余裕のある人ばかり。
今日・明日のお金に困っている人もいっぱいいる事をわかって欲しい。
皆が休んでも給料もらえるわけじゃないんだから。」という意見と
「人口比でフランスは200倍、スペインは400倍の死者を出しているが緩和を決定している。
日本が緩和をしない理由はどこにも無いと思うがね。」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

緊急事態宣言 解除 基準おわりに

今回は緊急事態宣言 解除 基準に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の緊急事態宣言 解除 基準は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「早く経済を元に戻さないとこの先不安だと思う。それでも自粛、ロックダウンを求める人は一体どんな身分の人達だろう。」
「どっちにせよどこかで国民のストレスは爆発するだろうな。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回緊急事態宣言 解除 基準について取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事