ドイツ 実効再生産数が沸騰中!ロシアでは?画像や動画は?気になるネットの反応は?

ドイツ 実効再生産数がネット上で話題になっています。

ドイツ 実効再生産数の概要は?ロシアでは?

ドイツ 実効再生産数のニュースが次のように報道されています。

ロシアでは、経済活動の再開を指示した11日、新たに1万1656人の感染者が確認されました。一日の感染者数として過去最多です。ロシアでは、感染の封じ込めができないまま、経済再開を目指すことになります。

フランスでは、2カ月続いた外出制限が緩和されました。かつてのようにシャンゼリゼ通りには車があふれ、街中にも市民が戻りました。ただ、一斉に外に出てきた人々で“密”ができると、警察が注意して回っています。

感染者数が世界3位のスペインでも外出制限が緩和されました。まだ感染者の多い大都市は対象外ですが、全人口の約半分がランチやショッピングなど、様々な日常の営みが可能になります。

一方、ドイツとロシアは難題に直面しています。

ドイツでは、今月6日、ロックダウンの段階的な解除に舵を切りました。その理由の一つが、1人の感染者が何人に感染させるかを表す『実効再生産数』が0.7を下回っていたことでしたが、今月9日、再び1.0以上になりました。つまり“感染増加状態”にあるということです。解除の宣言後に、各地で集団感染が発覚。食肉工場で230人以上が感染したケースもありました。メルケル首相は、感染率が一定の値を超えた地域では再び行動制限を課す“非常ブレーキ”を用意していますが、すでに、その数値を超えている地域もあるといいます。

ロシアでは、経済活動の再開を指示した11日、新たに1万1656人の感染者が確認されました。
一日の感染者数として過去最多です。ロシアでは、感染の封じ込めができないまま、経済再開を目指すことになります。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

ドイツ 実効再生産数が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

欧州各地で制限緩和…独は“解除宣言”後に集団感染

ドイツ 実効再生産数のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「制限緩和は一気に行わずに段階的かつ状況を見ながら慎重に行うべきです。
車のブレーキと同じ様に急に踏むのでは無く、徐々に速度を落とさないと事故に遭う。」という意見と
「韓国も集団感染確認されたそうですし、日本は声の大きな人に惑わされずに、制限緩和した国々の様子(集団感染後のコントロールも含めて)をよく見て、冷静な判断を下したいものです。」という意見と
「これからは特に個人個人の防疫意識が大事になるね
解除だウェーイ!じゃ絶対第二波の餌食になる」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「何故か分母を出さない(笑)」という意見と
「外国人は日本のクルーズ船の乗客感染拡大の時点では無策だと文句言いまくってたけど、自分の国に感染が広がった後、
途端に収束のハードルをとてつもなく下げたな。」という意見と
「緩和羨ましいとかコメントあるけど、外出しても罰金無し、飲食店も19時までアルコールokでランチも食べれる日本。床屋も6日から普通に開いてる。
欧米からみれば日本なんて最初から緩和されてるようなもん。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「空気中の量が測れる測定器かなんか無いのかな?」という意見と
「大丈夫なのかな。ちょい心配」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

ドイツ 実効再生産数おわりに

今回はドイツ 実効再生産数に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のドイツ 実効再生産数は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「感染予防のために9時間寝る」
「これは又来るよ。。。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回ドイツ 実効再生産数について取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事