アビガン インフルエンザ 副作用が沸騰中!赤江さんは?画像や動画は?気になるネットの反応は?

アビガン インフルエンザ 副作用がネット上で話題になっています。

アビガン インフルエンザ 副作用の概要は?赤江さんは?

アビガン インフルエンザ 副作用のニュースが次のように報道されています。

赤江さんは「コロナが怖く、厄介な病なのは確かです。しかし、病は多かれ少なかれ怖いもの。闘い方がないわけではないということを今回、身をもって教えて頂いた気がしました」と正しい情報の重要性をつづりました。

 新型コロナに感染し、現在は自宅療養中のフリーアナウンサー・赤江珠緒さん(45)が12日夜、ラジオ番組宛てに自身の体験談などをつづったメールを寄せました。

 赤江さんは、患者と向き合う臨床医の先生から伺った話に罹患(りかん)した自分の気持ちも込めてメールをつづったそうです。担当した医師が「病気や治療法について世間的に誤解されている部分もあり、正しい理解が広がってほしい」という思いが強かったそうで、赤江さんは自身が治療を続けるなかで知り得た情報を発信。赤江さんが発信したメッセージの一つがアビガンの副作用について。「一度服用したら一生、催奇形性のリスクがあるというように、これから子どもをつくろうとする若者には使用できないというイメージが世の中に割と広がっていますが、製薬会社によると、アビガンは薬を飲んだ後、1週間は性交渉を避けましょう。という薬です。副作用のことも考えて妊婦さんは服用できない薬ですが、それ以外の方は投薬ですので当然、数週間で女性も男性も薬は体から徐々に抜けていくそうです」と説明。これには赤江さん自身も誤解していたそうで、「さすがに一生、催奇形性になるようなものだったら、そもそも新型インフルエンザで認可が下りないです」と医師の言葉を紹介しました。また、医療崩壊を防ぐという点について、赤江さんは臨床医が感じていることとして「日々の感染者数のカウントも大事ですが、『重篤者をなるべく減らすこと』すなわち、ICU(集中治療室)の使用度合いを減らすことが医療崩壊を防ぐ重要なポイントになる」とつづりました。人工呼吸器などを使用する場合、専門の医療従事者の人員が多数必要になり、コロナ以外の病に向き合う臨床医や看護スタッフが減ってしまうことを避けなければ、他の原因で亡くなる方が増えて医療崩壊が起きかねないと説明しました。また、赤江さんは「コロナが怖く、厄介な病なのは確かです。しかし、病は多かれ少なかれ怖いもの。闘い方がないわけではないということを今回、身をもって教えて頂いた気がしました」と正しい情報の重要性をつづりました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

アビガン インフルエンザ 副作用が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

「正しい理解を」療養中の赤江珠緒さんメールで訴え

アビガン インフルエンザ 副作用のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「アビガンについては現在も賛否両論ありますが、私が読んだ共同開発者の記事では、初期症状のコロナ患者には有効ではないかと書いてありました。

コロナ差別の問題もそうですが、いくら気をつけていても、自分が感染する可能性がありますし、感染の恐怖とわかりますが、冷静な行動が求められると思います。」という意見と
「実は、アビガンに関しては既に中国で臨床試験が行われ効果がある事は分かっている。にもかかわらず日本の病院で自由に処方できないというのは変な話だ。
一方で、レアデシビルについては、海外では副作用は確認されているが治療効果が確認できていないとされている。中国でもレアデシビルに関しては効果が確認できなかったと発表されている。それどころか、腎臓に深刻な副作用が起こり、使用を中止した例が13%あったという。なぜかアメリカの臨床試験では、患者が治る日数が数日早くなったというのだが、これが科学的に有意義な差かどうかは疑問だ。何故なら使用したにもかかわらず亡くなった患者の数が、使用しなくて亡くなった場合の患者の数よりも多かったからだ。
海外の臨床試験の結果を参考にするにしても、アメリカの結果だけを基にして決めるのは疑問だ。世界中の治験の結果を総合的に判断すべきだ。」という意見と
「なんでこんな事が議論されるのか理解に苦しむ。
妊婦が使用しない方が良い薬になんて山ほどあるし、そもそも全く副作用が無い薬ってあるのか?
たとえ副作用があってもきちんと説明し、同意を得たら良いだけ。 
命が最優先、簡単な話。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「素人アナウンサーの声よりも専門家やこの人を治療している医師たちのような人の声をきちんと報道してほしい。NYやイタリアの医療従事者の発言は伝えるのに国内の人々の声を伝える報道が少ないのはおかしい。」という意見と
「罹患初期の高齢者の重症化を避けるためには十二分に使える薬だという事は確かだ。早く認可しどの病院でも使えるようにして貰いたい。そういう意味ではレムデシビルより早く認可すべきだった。」という意見と
「著名な方々からは効果があったという発信が相次いでますので、早く認可されて身近で使えるようになってほしいです。今は可能性を探る段階でしょうが、何れは特効薬が出てくることを期待します。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「患者になり、やっと少しはコロナ対応医療の現実が分かったようですね。これまでの自分の報道姿勢を先ず謝罪してから、経験したことを話すのが順序と言うものですよ!」という意見と
「世間的に誤解を与えているのは メディアのせいです

反日メディアは アビガンとか全く興味ない 政権批判に使えるネタしか報道しない
検査数が少ない 加藤大臣は無責任 検事総長定年延長は 内閣が悪事を揉み消す為だ など

あれだけ騒いだ森友問題問題 籠池夫妻は夕刊フジで 一連の騒ぎは 菅野と野党4党に騙されて利用されたと暴露した 

一切報道しない」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

アビガン インフルエンザ 副作用おわりに

今回はアビガン インフルエンザ 副作用に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアビガン インフルエンザ 副作用は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「薬剤師です。1週間で催奇形性作用は消失する…なんていう考えの方が広まったら大変なことになります。妊婦や若い人に強い催奇形性作用があって認可が取り下げられたものの、別の病気に有効なことが分かって条件付きで使用が認められている薬なんて他にも沢山あります。アビガンに関しては基礎研究ではなんでコロナに有効なのか、未だによく分かっていないそうです。そんな薬の催奇形性作用が1週間で消失するからみんな使いましょう!なんて発信するのは本当に怖いことです。私の父は医師ですが、朝からこのニュースを見て怒っています。この件についてはどうかみなさん疑心暗鬼になってください…。」
「一度罹患すると陰性になった後も
再陽性になる恐怖や不安で
精神を病む可能性も高いと思われます

男性不妊になることや血栓ができることなど
負の側面もちゃんと伝えた方がいいよ
安心材料ばかり言うと緩む人が増えるだけ」

あくまでも個人的意見ですが。

今回アビガン インフルエンザ 副作用について取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事