下水 コロナウイルスが沸騰中!下水は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

下水 コロナウイルスがネット上で話題になっています。

下水 コロナウイルスの概要は?下水は?

下水 コロナウイルスのニュースが次のように報道されています。

下水は都内の15カ所で採取することにしていて、今後、定期的に調べることで感染拡大の第2波の兆候などをつかみたいとしています。

 東京都は、下水に含まれる新型コロナウイルスの量から感染の実態を調べる調査を13日から始めました。感染拡大の第2波の兆候などをつかみたいとしています。

 東京都は下水に新型コロナウイルスがどれだけ含まれているか調べるため、港区内にある下水処理施設で水を採取しました。採取した水は渋谷区や港区などから流れてくる下水で、冷凍保存され、分析する方法が開発され次第、ウイルスの量を調べるということです。感染者の便にはウイルスが含まれるとみられ、都は下水を調べることで感染がどれだけ広がっているかの指標が得られるとしています。下水は都内の15カ所で採取することにしていて、今後、定期的に調べることで感染拡大の第2波の兆候などをつかみたいとしています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

下水 コロナウイルスが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

下水の中のウイルス分析 新たな“コロナ感染指標”

下水 コロナウイルスのネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「出来ることからやった方がいい。遅いとか遅れてるとか言われるかもしれないが、気にせず粛々と方針決めてやるべきです。」という意見と
「そうか、排せつ物からウイルスを検知できるんですね。
単位当たりの検出量の増減で感染状況の推移を示すということでしょうか。
どの程度の精度が担保されるのか分かりませんが、様々な角度で調査することに意義があると思います。」という意見と
「ていうことは今はまだ検査出来ないんだね。下水から感染地域特定出来れば地域ごとの対策がたてやすいから方法の開発が、待たれるけど下水はいろいろ混ざってるから検出するのも難しいだろうけどね。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「とてもいいことだと思います。
前もって分かっていれば、合わせて対策することもできます。

こうした事にも税金が使われていること、試みが行われていることの
報道するべきだと思います。
ありがとうございます。」という意見と
「目立たない仕事ですが、調査をして行く意味で大切なお仕事です。そして何よりも危険も多く、大変です。
医療関係者同様、こういった方々にも感謝します。」という意見と
「ダイヤモンドプリンセスでの調査でトイレ、バスからのウィルスの痕跡が一番多く検出できたという話をNスペで見た。下水を調べるのは、ウィルスの蔓延具合を知る為に適当なやり方だと思う。
あちこちの下水を採取して、分析結果で各地のウィルス蔓延分布図など作れそう。
全国でやって欲しい。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「こういう色々と数ヶ月の間に様々な試みと技術的な革新がなされている。全ての情報を出せとは思わないが人々の為に活動されている方々の功績を取り上げて貰いたい。日本が誇るべきものがたくさんあるはずだ。希望を」という意見と
「下水調査であれ、どぶ調査であれ、何調査であれ、今コロナに関わる調査で無駄なものは
何もない!!

どんな些細な発見でも、新しいコロナの特性でも、
もしそれが日本には必要ないデータや資料だと
しても、他国で使えるかもしれない。

日本とは風土・気候が違う国、
あるいはアジア・アフリカ・中東・南米では使えるデータかも、しれない。

今は、コロナの事をどんな些細な事でも

知ることが必要!」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

下水 コロナウイルスおわりに

今回は下水 コロナウイルスに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の下水 コロナウイルスは話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「これは現在進行形でのコロナ対策として結実するまでは
かなりの時間を要するかもしれませんが、
結果にある程度の目途が立てば今後の他ウイルス、
例えばインフルエンザの流行に対する目安にも利用できるかも。」
「仕事で老朽化した下水道の補修をしています。
5~7人の班編成で仕事をしますが、時々マイコプラズマ肺炎に3人4人同時に罹ったり、ノロなどで年の1/3はお腹を下しています。
処理場などでの病理分析が出来れば、いち早く流行を察知できる病気があると思います。

 ペスト流行などを鑑みて、公衆衛生の向上を目的にヨーロッパで近代になってから発展してきた下水処理技術。

浄化槽も同じような原理ですが、感染予防や健康管理などにも寄与出来たら良いなと常に思っておりました。

都の迅速な対応に感心しました。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回下水 コロナウイルスについて取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事