抗原検査 PCR検査が沸騰中!加藤厚労大臣は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

抗原検査 PCR検査がネット上で話題になっています。

抗原検査 PCR検査の概要は?加藤厚労大臣は?

抗原検査 PCR検査のニュースが次のように報道されています。

加藤厚労大臣は記者団に「強力な武器になる」「カードが1枚増えた」などと述べ、検査体制の強化に向けた期待感を示しました。

 新型コロナウイルスの検査方法として承認された抗原検査キットについて、厚生労働省は13日、PCR検査と併用するなどとするガイドラインをまとめて公表しました。

 午前0時に承認された抗原検査キットは、検体採取から約30分で感染の有無が判定できます。厚労省がまとめたガイドラインは、使用目的を「緊急性の高い感染者を早期に発見すること」としました。検体に一定量以上のウイルスが含まれていなければ検出できないという特徴を踏まえ、陽性判定であれば感染を確定し、陰性判定が出たらPCR検査を行う「併用」を使用方法として示しています。具体的な活用場面については、病院で感染が疑われると判断された人への検査やクラスターが発生している医療機関などでの使用を挙げました。退院を判断するためや症状がない人への使用は適さないとも明記しています。厚労省は感染者の多い都道府県の専門外来や医師会などの「検査センター」を中心にキットを配布していくようメーカー側と調整しています。加藤厚労大臣は記者団に「強力な武器になる」「カードが1枚増えた」などと述べ、検査体制の強化に向けた期待感を示しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

抗原検査 PCR検査が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

抗原検査キットで厚労省が指針 PCR検査と併用を

抗原検査 PCR検査のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「もし、インフルエンザでPCR検査をしていたとすれば、

 「熱が出て半日経たなくても陽性」

でしょうね。抗原検査は半日ぐらい経たないと陽性にならないのは、よく知られていることです。

どちらが治療のために重要か、「最初から感度が高い」「簡便ですぐ分かる」のどちらを取るかでしょうね。

後、最初から「肺炎」の患者さんの場合は、上気道からの検体では分からないこともあるでしょう。やはり医師の診察は必要なのですよ。」という意見と
「そんなに悲観する必要も、楽観する必要もないと思います。現段階で厚生省が抗原検査に指針を出すとしたら、検査機関については一言出そうですが、この内容にするしかないように思います。今は詳細データを集めるべき時だと思います。検査キットもこれに限定されるわけではありません。
何れにせよ、一定程度の経済と文化を持続しながらウイルスと共存できる方法として今考えられるものは、
世界中で集団免疫を獲得するか、
多数の人に有効なワクチンを開発して普及させるか、
迅速で精度の高い検査を実現するか
の何れかしかないのでは(分断された世界では無理だと思います)。どれが実現しやすいかは分かりません(お考えください)。途上国への支援も考慮すれば安価で高精度の検査は最優先事項だと思います。」という意見と
「PCR、抗体、抗原の各検査を目的、対象者を定めて効率を上げることはとても重要だと思います。

検査が簡単で、スピーディな抗原検査は、対象者数が多く、感染リスクも高い医療関係者や一般入院患者の検査で効果的で現実的だと思います。その効果は、医療崩壊の防止、院内感染の抑制に有効でしょう。現在の日本国内のクラスターで最も多いのが病院なので。

医療関係者は一度検査したら大丈夫とはならないので、本来何度も定期的に検査する必要もあるので、更に有効です。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「実際感染した人達が「はじめ風邪かなぁと思った」と言っているのだから「のどが痛い」「ちょっとだるい」という人でも抗体検査を受けられるといいと思う。早期発見、早期ホテルでの隔離で市中感染が減らせると思うし医療崩壊も防げると思う。
帰国者外来とか発熱など悪化してからの検査を改善してほしいと
思います。」という意見と
「感度を考えれば併用は正しいと思いますが技術革新が著しいPCRに力を入れた方が良いように思えます
最新の機器の全自動高速化や試薬もまたまたフジフィルム製ですから裏があるのかと勘繰りたくなる事実も有りますが検体採取方法が同じで検体採取の装備が不足してるのなら感度の高い方が良いのではないかと思います」という意見と
「抗原検査を数回ではいけませんか?最初に陽性のほとんどを見つけて、再度検査してもれた陽性を見つけたら良いと思います。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「ウイルス量が多くないと反応しない様です。という事は、発症前2日くらいから、一週間くらいでしょうか?まあ100例くらい臨床してみる価値はあるかな。濃厚接触者にテストしてみる価値はある。」という意見と
「厚労省がまとめたガイドラインは、使用目的を「緊急性の高い感染者を早期に発見すること」としました。

いつまでかかってるんだ?コーローショー。

どっかのショーのアベノマスクかよ。」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

抗原検査 PCR検査おわりに

今回は抗原検査 PCR検査に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の抗原検査 PCR検査は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「鼻から取るより唾液から取れよ。唾液の方がウイルス5倍いるてアメリカの大学発表してたよ。
全て唾液しろよ。」
「発熱、倦怠感、肺炎に血栓症に川崎病らしき症状に脳炎、嗅覚障害、味覚障害etc...
報告される症例が多過ぎて、症状出てる患者にも対応しきれそうにないな」

あくまでも個人的意見ですが。

今回抗原検査 PCR検査について取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事