ソーシャルディスタンス テープが沸騰中!手の消毒はもちろん?画像や動画は?気になるネットの反応は?

ソーシャルディスタンス テープがネット上で話題になっています。

ソーシャルディスタンス テープの概要は?手の消毒はもちろん?

ソーシャルディスタンス テープのニュースが次のように報道されています。

現在、来店客には手の消毒はもちろん、手袋を着ける徹底ぶりのこちらの店のオススメは…。小宮商店店員・飯野舞子さん:「こちらは海外の方にも人気です。和柄をイメージした日傘になります」「(Q.結構、カラフルですね?)こういう時期でもありますし、差して頂くだけでも楽しめるように、明るい傘もおすすめ」

 東京都心では今年一番の暑さになるなど、13日も全国的に暑くなりました。こうしたなか、日傘を使って新型コロナウイルスの感染を防ぐ行動が話題になっています。

 学校で、会見で距離感に当初、感じる人も多かった違和感。これを解消するために取ったある行動がSNSに投稿され、話題となっています。
 投稿者:「そういえば、おととい、ごみ捨てに行ったら近所のおばあさんが日傘を持って歩いていて、日傘を差していると人と自然と一定の距離感ができるから安心と言っていて、目からウロコが落ちた。これがおばあちゃんの知恵袋か!」
 まさに「リアルおばあちゃんの知恵袋」を目の当たりにした投稿者。日本人ならではの相手を傷付けないこの方法がSNSで称賛されると、すぐに傘屋さんが反応しました。
 ワールドパーティー広報担当・中村友香さん:「人と自分に一定の距離ができると安心というツイートを拝見致しまして、すごくすてきな発想だなと思いまして」
 この共感をさらに広げようと傘を使ったソーシャルディスタンスの紹介をしています。実際に都内の傘屋さんで傘を広げてみると、違和感しかなかった空間は傘があることで、違和感が減っているようにも見えます。現在、様々な場所で見かけるあのテープも、傘さえあれば必要なくなってくるかもしれません。13日、都心では今年一番の暑さを記録。環境省では日傘を差すことで汗の量が約17%減ると紹介し、重要性をアピールしています。
 現在、来店客には手の消毒はもちろん、手袋を着ける徹底ぶりのこちらの店のオススメは…。
 小宮商店店員・飯野舞子さん:「こちらは海外の方にも人気です。和柄をイメージした日傘になります」「(Q.結構、カラフルですね?)こういう時期でもありますし、差して頂くだけでも楽しめるように、明るい傘もおすすめ」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

ソーシャルディスタンス テープが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

暑さを逆手に… 日傘で感染防止 その行動とは

ソーシャルディスタンス テープのネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「直射日光の紫外線でウイルスを殺すほうが、感染防止になると思うけど。」という意見と
「傘なんか持たんでもホームレスのカッコ真似したり独り言ブツブツ言ってれば距離出来るで」という意見と
「やった!これでやっと日傘差す男もおかしく見られい時が来た」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「日傘だけで18000円?!逆に日光を浴びすぎて頭おかしくなったんじゃないの?w この時期こそ、そのお金で1ヶ月の食費に押せえなきゃ。。大変だから要らねぇよそんな傘なんて」という意見と
「絵柄をコロナにすればもっと距離感が取れるのでは。」という意見と
「俺なんかなにもしてなくても一定の距離空いてるから日傘必要ねぇな...(;∀; )」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「日傘じゃ外でしか使えない(遠い目)
店の中や公共交通機関では使えない、そもそも危ない…
そして今度は傘や日傘がなくなりますね!←
(めんどくせぇ)」という意見と
「京都の「いけず石」的な発想。
もしかすると、そのおばあちゃんは京都出身?」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

ソーシャルディスタンス テープおわりに

今回はソーシャルディスタンス テープに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のソーシャルディスタンス テープは話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「否定的な考えで申し訳ないが、カサ置きで自分のカサどれだっけ~とベタベタ触る人いるよね。
ドアノブと同じように感染源になりそう。」
「お喋りし始めたら、マスク取るし、顔近くなるよ。耳が遠いから!」

あくまでも個人的意見ですが。

今回ソーシャルディスタンス テープについて取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事