PCR検査 精度が沸騰中!厚生労働省も当面は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

PCR検査 精度がネット上で話題になっています。

PCR検査 精度の概要は?厚生労働省も当面は?

PCR検査 精度のニュースが次のように報道されています。

厚生労働省も当面は、感染者の多い都道府県の帰国者・接触者外来などを中心に検査キットを配布するとしています。費用は公費負担となり、患者の自己負担はなしとする方針です。

厚生労働省は13日、新型コロナウイルスへの感染を短時間で調べることができる『抗原検査キット』を初めて承認しました。今月は40万キット、来月以降は78万キット供給される予定で、当面はPCR検査と併用されます。

抗原検査は、ウイルスを形作るたんぱく質があるかどうかを調べるもので、10~30分程度で済みます。しかし、PCR検査より精度が低く感染している人でも陰性となるケースがあるといいます。それでも、PCR検査とは別の検査方法ができたことに期待の声が上がっています。
 感染症学が専門の大東文化大学・中島一敏教授:「抗原検査は、簡便で早く、医療の現場でできるということが大きなメリットで、早期の診断や感染者の隔離につながります。PCR検査に比べると、検査所までの運搬も不要で、高価な機械や高い技術もいらないので、検査待ちの人が多くなることで発生する医療現場への負担を解消することができます。ただ、検査対象者を増やすかは別の話で、無症状の人に拡大するというわけではなく、必要な人への検査を行う手段が増えたということです」

また、迅速な診断はクラスターの発生現場でも役立つと期待されています。
 沖縄県立中部病院感染症内科・椎木創一医師:「院内感染であったり、介護福祉施設の場合は、もともとクラスターの中に入る方が、免疫が落ちている方や、ご高齢の方とか非常に重篤になりやすいグループです。抗原検査をうまく使うことで、早く治療につなげられるメリットが大きい」

ただ、検体を取る方法はPCR検査と変わらず、感染のリスクもあります。
 KARADA内科クリニック・佐藤昭裕院長:「鼻に入れますので、その刺激で、くしゃみやせきをされる方が非常に多い。まだまだ医療防護具は足りていないので、その辺がしっかり充足しないと、検査を簡単にクリニックでやるわけにはいかないと思います」
厚生労働省も当面は、感染者の多い都道府県の帰国者・接触者外来などを中心に検査キットを配布するとしています。費用は公費負担となり、患者の自己負担はなしとする方針です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

PCR検査 精度が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

新型コロナ『抗原検査キット』初承認で何が変わる?

PCR検査 精度のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「「厚生労働省も当面は、感染者の多い都道府県の帰国者・接触者外来などを中心に検査キットを配布するとしています。」結局、従来の帰国者・接触者外来を通すのか?それでは検査件数は増えないのと違うか!今のPCRは検査時間もかかるが、検査待ちで3日〜1週間かかってたのと違うの?検体を取るのは従来通りかもしれないが、後はインフルエンザと同様どこの医療機関でもできるようにしないと検査件数が増えるわけない。」という意見と
「報ステでは検査方法が増えることについて「PCR検査の現場や保健所の負担が減ります」と医師がコメントしているのにそれに全く反応しない徳永アナが気持ち悪かった。どうも徳永アナは「検査数を増やすべき」という答えを期待していたように思う。グッドモーニングといいモーニングショーといいテレ朝の番組は医療現場の負担を軽視し過ぎているように感じる。」という意見と
「抗原検査は精度が低いので、陰性になった場合はPCR検査を行うらしいが、陽性率7%として15人中14人が陰性になる計算。この15人中14人にPCR検査を行うことになるが、そもそもPCR検査ができないことが問題なのだから、結局PCR検査をやる必要があるなら大きく改善するとは思えない。
一般のクリニックでも可能、と言ってるが一般のクリニックでは防護服もないし、いちいち検査する患者のために着替える時間もない。どうもメーカーの謳い文句にしか聞こえない。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「欧米を含む海外で「早期検査・初期治療」が唱えられており、軽症に効果を発揮する国産治療薬が(万能ではなくとも)あるというのに、救えたはずの命が次々に亡くなっている。『クラスター作戦』が功を奏するのは、抗原検査が基本として実施されている場合だ。患者がたらいまわしにされる東京や埼玉は完全に医療崩壊している。もっと有能で、国民の命と健康を守るという使命感をそなえ、医学的知識がある新しい別の厚労相が日本には必要だ。だいたい、厚生省と労働省は切り離さていたほうがいい。加藤氏は無能力ばかりか、数々の発言から人格すらも感じられない。」という意見と
「帰国者・接触者相談センターが窓口になっている時点で終了。全く厚労省は使えない。
個人的に厚労省はコネがあれば誰でも働けるバカ連中のたまり場だと思ってる。
現場の医療従事者がまずは使えるようにして、まちのクリニックでも外来患者に使用できるようにしないと無意味だろ?
疑わしい患者はクリニックと保健所でPCR検査の日程を調整すればいいのに。
コロナ禍が落ち着いたら、厚労省を解体するようデモをするべきだわ。」という意見と
「早く結果が分かっても、感度が低く、PCR検査が必要ならば、取りあえずでお茶を濁しているだけのこと。

70%が抗体を持つには時間がかかり、一度持てば、次にかからない、かかっても症状が軽いかは、新しいウイルスなので確証はない。

一番は、何よりも、感染してる人を出来る範囲、しかし今以上のスピード、規模で見つけ出し、隔離すること。

確実に見つけ出す検査、今であれば、PCR検査でもいいし、感度が良ければ唾液検査なら飛沫の危険もない。余っているPCR機器は特措法で強制的にでも法の範囲なので使えばいい。

また、都内には感染症対応病院が少ないので、大学でもメーカーでも、力を借りたらいい。感染症の人が知らずに歩いているのが問題なのだから、蛇口を締めないと。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「抗原検査でほとんどの人が陰性になって、また、PCR検査を受けるので、二度手間になるだけです。唾液による検査をできるようにせよ。」という意見と
「抗原検査とアビガンで早期診断早期治療できるようになれば、軽症者は隔離する必要なくなるのでは?」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

PCR検査 精度おわりに

今回はPCR検査 精度に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のPCR検査 精度は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「この期に及んで、「都道府県の帰国者・接触者外来などを中心に検査キットを配布」だって、どうかしてるよ。」
「検査対象者を増やすかは別問題?
なにいってんだ?
何でそこまで検査したく無いのかわけわからん!」

あくまでも個人的意見ですが。

今回PCR検査 精度について取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事