アメリカ コロナ 影響が沸騰中!中国に抱く不満は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

アメリカ コロナ 影響がネット上で話題になっています。

アメリカ コロナ 影響の概要は?中国に抱く不満は?

アメリカ コロナ 影響のニュースが次のように報道されています。

トランプ大統領が中国に抱く不満は、国内経済の悪化とともに、強くなっている感があります。さらに、見過ごせないのは、このタイミングで中国の海洋進出が活発になっていることです。中国は、先月、西沙諸島と南沙諸島での新たな行政区を突然、設置しました。このころ、アメリカ軍では、空母での集団感染が発生。混乱するアメリカの隙を突くかのように、中国の実効支配は進んでいます。

アメリカと中国の間では、新型コロナウイルスが新たな対立の火種となっています。両国は、新型コロナへの対応を互いに批判しあい、ウイルスの発生源をめぐっても擦り付けあっている状態です。トランプ大統領は、中国への責任追及として、関税の引き上げにも言及。後押しするかのように、上院議員たちは、中国への制裁を課す権限を大統領に与える法案を議会に提出しました。

トランプ大統領が中国に抱く不満は、国内経済の悪化とともに、強くなっている感があります。さらに、見過ごせないのは、このタイミングで中国の海洋進出が活発になっていることです。中国は、先月、西沙諸島と南沙諸島での新たな行政区を突然、設置しました。このころ、アメリカ軍では、空母での集団感染が発生。混乱するアメリカの隙を突くかのように、中国の実効支配は進んでいます。

テレビ朝日・山下達也前ワシントン支局長は「アメリカが中国への批判を強めている理由の1つには、新型コロナの影響が安全保障にも及んできていることがあります。大統領選を控えるトランプ大統領にとって、経済の落ち込みに加え、安全保障で中国に遅れをとったということになれば、ダメージは計り知れない。手遅れになる前に国内の批判をかわしたい狙いがある」と指摘します。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2020

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

アメリカ コロナ 影響が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

トランプ大統領の“中国バッシング”その背景には…

アメリカ コロナ 影響のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「中国は100年先を見据えて、数百年単位の国家戦略(世界覇権計画)を立てている。
それに対し非常な危機感を覚えたアメリカは自らの存亡を掛け食い止めに動いている。
その争いに最も影響を受けるのが台湾と韓国、北朝鮮。そして我が日本であります。

台湾はすでに鮮明に反中国を表明しアメリカに歩調を合わせ国を守ろうとしている。
要となる朝鮮半島は北が中国に近く南も同調し民主主義を捨てる覚悟をしている。

問題はアジアのリーダーと自他共に認めている日本の"迷いと頼りなさ”です。

それが、尖閣防衛や中国経済を当てにし過ぎる政策が今回のコロナ対応にも出ている。日本国民はこのコロナ感染を機に自身と国の行く末を決める覚悟をもたなけばならない。自由と民主主義を守るのか赤い共産主義者の軍門に下り支配されるのかを・」という意見と
「中国は行動でわがままを示している。
残念だけど、もうアメリカも日本も世界中の資本主義国家で
協力して、対話で解決しよう、って固執せず、一触即発の
つばぜり合いに覚悟を決めて入るしかないかもしれない。
ロシアなどが中国の後押しで出てきるかもしれないから、
黙らせられるくらい、世界中の資本主義国の協力が必要だ。」という意見と
「中国は自分達の論理で秩序を作り上げようとしている。
非常に迷惑なだけ。
世界の誰も望んでいない。

世界中の企業を国内誘致に懸命になっているようだし、そんなお誘いに乗らない事を願うばかりだ。
寧ろ距離を取り始める冷静な国々が増える事を期待する。

共産主義の秩序は秩序にならないからな。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「トランプの再選に絡めて記事を書くメディアが多いが、別にトランプに限らず、また大統領選の有無に関わらず、世界中が中国共産党に強い不満を持ってると思う。
それをトランプの再選に有利にするためのパフォーマンスだとイメージ付けるのはどういう理由だ??
もちろんそういう側面もあるのは確かだが、大統領選とかアメリカ国内の事情ではなく、全世界の疫病流行と経済危機という大きな枠組みでモノゴトを俯瞰して論じないと駄目だろ。」という意見と
「アメリカはむしろこの機に乗じて中国の海洋進出で近隣国とのいざこざが発生するのを待っているのでは?と思っています。
空母で感染症発生中と公表したのも実は陽動作戦なのでは?などと。
小さな事件が大きな戦争のきっかけになった例は過去にもありますしね。」という意見と
「共産主義中国政府は、南諸島で、領有権も無いくせに、自国領だと主張し不法な占拠を継続している。 ベトナム国や不入りピン国等も、領有権を主張しているのだ。

狡猾な中国は、国益最優先とし、身勝手な論理を展開している。
世界各国は、この様な身勝手なことを主張し、世界中にトラブルを
招く狡猾な中国を許してはならない。

中国の報道官達の身勝手な発言を聞いていると、吐き気がする。
面の皮の厚さ、身勝手さ、Propagandaで、自国の誤った主張を、正当化
しようとしている。 

国際常識の無い共産主義国家だ! 経済危機により、習政権の崩壊を
期待する。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「中共をここで止めないと、全世界が不幸になる。

第二次世界対戦前からのアメリカの本当の敵は、共産主義国家だったと思う。

何とか白人国家に認められようとした大日本帝国よりも、遥かに危険な存在だった。」という意見と
「責任を押し付けるなと言うが、さも自分達は責任がないような言い方をして逃げようとしている。今回、色々な裏工作をしている事は世界中が知っているのに なお隠そうとする。自国民は騙せても世界は騙せないし、いつまでもそんな事を言ってれば自分達が窮地に追い込まれるだろう。虚勢を張ってる場合じゃない」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

アメリカ コロナ 影響おわりに

今回はアメリカ コロナ 影響に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアメリカ コロナ 影響は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「中国の最近の動きはウイルスを意図的に拡散させたことで説明が付くがなぜそういう報道にならず米中対立に矮小化させるのか。マスク外交も自作自演でこんなのに騙される国は情報統制された独裁国家だけだろう。」
「テレビ朝日のこの緊張感のない報道は何なのかトランプ大統領のことを云々言う前にテレビ朝日は中国に対しどのような主張をするのか武漢ウイルス隠蔽、火事場泥棒のような尖閣諸島近辺への威嚇、南沙小島での傍若無人な振る舞い等々。何も主張しないのか」

あくまでも個人的意見ですが。

今回アメリカ コロナ 影響について取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事