足立区 歩道橋 トラックが沸騰中!警視庁は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

足立区 歩道橋 トラックがネット上で話題になっています。

足立区 歩道橋 トラックの概要は?警視庁は?

足立区 歩道橋 トラックのニュースが次のように報道されています。

女性は病院で死亡が確認され、警視庁は死体遺棄事件の可能性もあるとみてトラックの行方を捜査しています。

 14日朝、東京・足立区で歩道橋から飛び降りて自殺を図った女性が下を走っていたトラックの荷台にぶつかって死亡しました。トラックは2キロ先で女性を降ろすと、そのまま立ち去りました。

 警視庁によりますと、午前4時半ごろ、足立区の歩道橋から20代から30代の女性が飛び降り自殺を図り、下を走っていた大型トラックの荷台にぶつかりました。大型トラックはそのまま走り続けて約2キロ先の路上で男性運転手が血だらけの女性を降ろすと、その場を立ち去りました。その際、トラックの運転手は後ろを走っていたタクシーの運転手から声を掛けられると「人形だ」と言い残したということです。女性は病院で死亡が確認され、警視庁は死体遺棄事件の可能性もあるとみてトラックの行方を捜査しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

足立区 歩道橋 トラックが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

飛び降り…トラックに 運転手「人形だ」と立ち去る

足立区 歩道橋 トラックのネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「運転手は何も逃げなくても良かったのでは…。
気が動転したんだろうな…。」という意見と
「「被害者」だったのが「加害者」になってしまいましたね。」という意見と
「同じドライバーとしては歩道橋から飛び降りなんて本当にやめてもらいたい!
過失割合が完全にゼロにならないだろうし、何よりトラウマになるから。
こんな時なので自殺する人がどんどん増えると考えられるけど、死ぬ勇気があるのならいま一歩踏みとどまって欲しい。
生きたくとも生きれない人が世の中には沢山いるのだから。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「この運転手はアホやな。
自分が轢いたんじゃないねんから、すぐに警察や救急に連絡しておけばいいものを。

むしろ、もし一命を取り留めていたなら家族から感謝されてたかも知れない。

タクシーのドラレコや歩道橋付近のカメラにバッチリ映ってるはずやから、すぐ見つかって逮捕される。」という意見と
「逃げずに通報してれば被害者で終わったのに、何も悪くないのに逃げた事によって加害者となって罪を背負わなければいけななってしまった。
タクシーにドライブレコーダー有るだろうし、ばっちりナンバーとか映ってるだろうから捕まるのも時間の問題かもね。そして逃げた真相は...酒か薬か無免許か...」という意見と
「こういう時に人としての出来不出来がはっきりするんだよ。
警察・消防に連絡して事情はこれこれこうでしたって説明すればいいだけの単純な話なのに。
わざわざ自分で報道されるような事件にしてるんだな。
酔っ払い運転してかとか、なにか逃げる必要があったって警察は考えるだろうね。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「この運転手、無免許か飲酒だったんだろ。
いずれにせよ、何か警察に通報できない理由があったに違いない。」という意見と
「運が悪いとしか言えない。でも、人形が降ってくるわけないし、車にあったんなら、人為的に人形を上から落としたなら事件だし、車直してもらう為にも警察呼んで事件として扱うよね、普通。人だって分かった上で逃げてるよね。」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

足立区 歩道橋 トラックおわりに

今回は足立区 歩道橋 トラックに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の足立区 歩道橋 トラックは話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「この運転手さん、災難が天から降ってきたんでしょうけど、そのあとの対処がなってないなあ・・・。
気が動転したんだろうけど、何かしらの罪に問われるのは仕方がないことですね。」
「状況は違うけど、高速道路の分岐帯に激突し車は大破し積んでいた道具なのが散乱、ウワッと思いつつ通過しようとした瞬間、散乱した道具に紛れ人が亡くなっていた。外傷など見当たらず不謹慎だがマネキンかな?って思った事があった。
今回は、血を流していたのだからマネキンとは真っ赤なウソ。関わりたくなかったか?慌てたのか?素直に警察に言えば良いのに、、」

あくまでも個人的意見ですが。

今回足立区 歩道橋 トラックについて取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事