新型コロナウイルス 基準が沸騰中!解除した地域で?画像や動画は?気になるネットの反応は?

新型コロナウイルス 基準がネット上で話題になっています。

新型コロナウイルス 基準の概要は?解除した地域で?

新型コロナウイルス 基準のニュースが次のように報道されています。

解除した地域で感染が再び拡大した際に「再指定」するかどうか判断基準とする数値は示さなかったということです。

 政府は14日、新型コロナウイルス対策で「特定警戒都道府県」に指定されている愛知や福岡なども含む39の県で「緊急事態宣言」を解除する方針です。専門家会議は宣言解除の基準の一つとして「直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者が0.5人程度以下」とする数値を示しました。

 加藤厚生労働大臣:「都道府県別の感染状況について分析評価を頂くとともに、解除にあたっての考え方や解除された地域の感染対策を(議論してほしい)」
 政府の専門家会議は朝、1時間半にわたって議論を交わして見解・提言をまとめました。緊急事態宣言の指定を解除する新規感染数の最低基準を「直近1週間で人口10万人あたり0.5人程度以下」と示しました。そのうえで、都道府県ごとに感染者数の減少幅や検査体制なども踏まえて判断するべきだとしています。解除した地域で感染が再び拡大した際に「再指定」するかどうか判断基準とする数値は示さなかったということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

新型コロナウイルス 基準が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

「10万人あたり0.5人程度以下」解除の基準示す

新型コロナウイルス 基準のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「10万人あたり0.5人の根拠ってあるんかな?
まさか、東京の人口約1400万人だから、新規感染者1日10人(1週間に新規感染者70人)を下回ったら解除OKとか、素人目線で決めたとかないよね?計算上、ぴったりだから…。
もし、そうなら、全く科学的根拠ないね。
大阪の方が根拠がしっかりしていて、分かりやすいのに。
何で10万人あたり0.5人にしたか、会見で総理に聞いてほしい。」という意見と
「政府は、経済的困窮による悲劇を極端に過小評価している

解除は10万人当たり0.5程度以下って
数学上1/10万以下は0として無視して良いって数値であり
ほぼ感染していませんって数字なんですけど?

この政権、コロナウイルスをエボラ出血熱と
同等ぐらいの危険度だと認識してるのだろうか?」という意見と
「ドイツの100倍厳しいこの基準を見ると、福島の100ベクレルの悪夢を思い出す。」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「どうもこういう基準や再指定のためのガイドラインとか具体的な標準を決め渋るよな日本は。責任を負いたくない消極的な姿勢が目立つ。こういうのは正解はわからないのだからとりあえず目安を決めて、運用してまずいようなら修正するってことができないんだよな。まあ、うまくいかなかったときにヒステリックに騒ぎ出す、マスコミや世間も問題あるけど。」という意見と
「オンライン申請で何度も申請出来るバグがあったんでしょうか?
そうだったら解除の前にバグ直す方が先なのでは。」という意見と
「一人感染したら何人出ると?基準がおかしい。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「東京で換算すると1週間以内で計約70人以下を機に解除、という目安か!」という意見と
「東京だけ6月以降も続行だったら笑う」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

新型コロナウイルス 基準おわりに

今回は新型コロナウイルス 基準に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の新型コロナウイルス 基準は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「10万人あたり、0.5人ということですが、日に1万人は検査しないとはっきりした数値はわかりませんよ」
「検査をしなきゃ全国で解除やな。安部と小池がオリンピック開催を優先して流行初期段階で検査数を増やさなかったもんだから、やることなすこと全て手遅れ状態。まともな基準一つ作れる状態じゃない。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回新型コロナウイルス 基準について取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事