厚労省 献血 抗体検査が沸騰中!加藤大臣は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

厚労省 献血 抗体検査がネット上で話題になっています。

厚労省 献血 抗体検査の概要は?加藤大臣は?

厚労省 献血 抗体検査のニュースが次のように報道されています。

加藤大臣は「偽陽性が一定程度含まれていると考えることが自然で、この少人数の検査をもって抗体保有率に言及するのは適切ではないと専門家から指摘された」と述べました。厚労省では来月から1万人規模に拡大した抗体検査を実施する方針です。

 国の研究班が実施していた新型コロナウイルスの「抗体検査」で、加藤厚生労働大臣は東京都で0.6%、東北6県で0.4%が陽性と判定されたことを明らかにしました。

 血液を調べる抗体検査では、感染者と感染したことがある人が陽性と判定されます。厚生労働省の研究班は先月、日本赤十字社に依頼して東京都と東北6県で献血に来た合わせて1000人を対象に実施しました。複数の検査キットの性能評価と感染状況の確認が目的でしたが、東京都で献血した500人のうち3人、東北6県で献血した500人のうち2人がいずれかの検査キットで陽性と判定されました。一方で、去年1月から3月の血液で抗体の有無を調べたところ、500人中2人が陽性と判定されていたということです。加藤大臣は「偽陽性が一定程度含まれていると考えることが自然で、この少人数の検査をもって抗体保有率に言及するのは適切ではないと専門家から指摘された」と述べました。厚労省では来月から1万人規模に拡大した抗体検査を実施する方針です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

厚労省 献血 抗体検査が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは関連動画をどうぞ。

東京0.6%、東北6県0.4%陽性…抗体検査1000人実施

厚労省 献血 抗体検査のネットの反応は?

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「神戸中央市民病院の3%と大きく異なる。特に流行のひどかった都が兵庫よりも少ないことがありうるだろうか?

検査方法の違いにより、一般のコロナと新型コロナの区別がつかないのか、同じコロナ感染でも精度がすくないのか?

ニューヨークではちょっと前に14%

7割集団免疫のよりどころを調べる方法としてはあてにならず
しかも、現在東アジアは寒冷地域も含めて、東南アジアとともに、現在欧米、南米、アフリカで猛威を振るう二波のウイルスには抵抗力があるということの裏付けにもならない

ただ無症状陽性者は、PCR検査を受けて陰性であれば、経済活動にとりあえず戻って再感染がありえるのかどうかもフォローすればいいだろう」という意見と
「抗体検査を積極的に始めたことは良いことだと思う。しかし1回するだけではあまり意味がない。少なくとも月ごと、できれば隔週ごとに行って欲しい。そうすることによって、感染の広がりと収束をデータ化することにより的確な対策が取れるだけではなく、将来再び起こり得るパンデミックについても事前に有効な方策を立て易くなるだろう。」という意見と
「そもそも献血に行く人っていわゆる「健康オタク」的だったり、
「公共意識」が高かったりと、感染防止意識が高いそうだと思う
もっと無作為な母数じゃないと意味ないよね
それより偽陽性が0.2%あったというデータには興味がある」という意見

どれもなるほどと思います。

次に反応が大きかったのが

「日本人のほとんどが感染していないということですね。
諸外国のデータが日本には当てはまらないということでもありますね。
緊急事態宣言解除による気の緩みが心配されていますが、これで少しは気が引き締まるのでは?
コロナウイルスとは長い付き合いになりそうです。」という意見と
「理想的にはある程度の集団免疫ができて、抗体検査で陽性になった人から経済活動を戻していくというストーリーだったんだろうけど、その実現を待っていたら先に経済が完全に死んでしまう。やはり三密を避けられる状態でどのように経済を回復できるかを本気で考えないといけないということでしょう。仕事の内容や進め方がバラバラである以上、これは誰かに任せるのではなく個人個人が考えるしかないですね。ただ、通勤電車の混雑を避けるために企業ごとに時間や曜日を分けるなどの大きな区分けは国や自治体でなければできない話なので、そこは早くやってほしい。」という意見と
「ある意味ショックだった。数値が多ければ早めに集団免疫を目指せるが、今後はワクチンが完成するまで辛抱するかハンマー&ダンスを継続するしかないのか。」という意見

特に反応が大きかったものと比べても
なるほどと思います。

最後に

「予想していたのと違う結果が出るかも
陽性が多い方が良かったんだけどね
これだけ本当に陽性が少ないとしたら日本人の衛生管理が良かったと言うことでしょうね。
油断すると欧米みたいになると言うことかも分かりません。
早くワクチン出来て欲しいですね。
第2派が怖いです。」という意見と
「さらに古い献血が残っているならそれも検査すると面白いデータが出るかも知れない。実は1年前から一定の陽性率があったとか。

交代獲得率は世代によって差があり、高齢者で高く、若年者では低いというデータが有る。そうすると既感染の若年者でも抗体を持っていない人が多いので慶應義塾大学病院や大阪市立大学の受診者・入院者(高齢者中心)の陽性率より低いという説明はつく。
そもそも抗体検査も統一されているのかどうか、という問題もあるけど。」という意見

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

厚労省 献血 抗体検査おわりに

今回は厚労省 献血 抗体検査に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の厚労省 献血 抗体検査は話題沸騰です。

また、最後にこんなネットの声もありました。

「もし結果を経済活動再開への材料にするのであればだけど、その場合は抗体持っていれば新型コロナに罹らない、症状が出ないといったエビデンスが必ず欲しい。」
「良い点 : マスコミが騒ぐほど、感染者は市中に広がっていない。数字を見る限りでは、諸外国と比べ検査数が少なすぎることも無い。政府の防疫対策は失敗していない。
悪い点 : 抗体保持者が少ないと言うことは、爆発的な感染拡大の危険に引き続き注意する必要がある。集団免疫を獲得するのに時間がかかる。」

あくまでも個人的意見ですが。

今回厚労省 献血 抗体検査について取り上げました。
本当に沸騰中です。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

おすすめの記事