飲食店 無断キャンセルが沸騰中!画像や動画は?気になるネットの反応は?

飲食店 無断キャンセルがネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

飲食店 無断キャンセルの概要は?

飲食店 無断キャンセルのニュースが次のように報道されています。

 飲食店に嘘の宴会の予約をしたとして、男が逮捕されました。予約したのに当日に現れない「無断キャンセル」による被害は年間2000億円にも上っています。

職業不詳の小林恒夫容疑者(59)は6月、東京・有楽町の飲食店に電話で嘘の予約をしたとして逮捕されました。警視庁によりますと、小林容疑者の電話番号からは同じ日の同じ時間帯に近くの系列店、4店舗に予約が入れられていました。コース料金の金額の総額は約50万円に上ります。
しかし、いずれの予約にも誰も来ず、すべてが無断キャンセルに。小林容疑者は「電話はしたが、予約はしていない」と容疑を否認しています。
この無断キャンセルは通称「No Show」と言われ、経済産業省でも去年、対策レポートが発表されました。報告書によりますと、「No Show」の被害額は年間で2000億円にも上ると言われています。
また、飲食店にとっては無断キャンセルだけではなく、予約の確認の電話をしてもつながらず、準備せざるを得ないケースや予約時間直前になってのキャンセル「ドタキャン」も同様に損失となります。2日前までに発生するキャンセルも加えると、その被害額は1.6兆円に及ぶと推計されています。
「No Show」やドタキャンによる損害をカバーするため、人気店の突然の空席を必要な人に知らせる仕組みもできています。カード会社「ダイナースクラブ」の「ごひいき予約.com」では、無断キャンセルやドタキャンによる飲食店の空席を買い上げ、会員にアプリやサイトなどで通知します。会員はこのシステムを使って即時に予約。登録されている店舗は通常では予約が取りにくい人気店が多く、会員にとっても有名店に行くチャンスとなります。
こうした空席の再販の仕組みは経済産業省の会議でも取り上げられ、報告書では直前でもせめてキャンセルの連絡はしてほしいと呼び掛けています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191112-00000034-ann-soci

スポンサードリンク

飲食店 無断キャンセルが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

無断キャンセル 損害年間2000億円からお店を守れ!

スポンサードリンク

飲食店 無断キャンセルのネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

宿泊施設だってこのご時世。
宿泊料金の前払いや、チェックイン時に全額支払ってもらうとか。
そういった対策をとってる訳で。

損失を出すくらいであれば。
予約時点で、ある一定額以上の予約は仕込みを行う日までに前払いや、半金を手付としてもらうとか。
そういった対策をとれると思うんだよね。

客側がそれじゃ面倒くさいって、仮に予約をしなかったとしても。
店側に損失がでるよりはマシな気がする。
飲食業界は客の取り合いだろうし、客を離したくないのは分かるんだけど。
せめて一見の予約に関しては、そういう措置をとってもいいんじゃないのかなと。

これから忘年会、新年会シーズンが始まるので。
被害に合わなければいいなーと、利用する側として願ってます。

食品のロスや売上の損害が問題であるが、飲食店を切り盛りする店長や従業員の尊厳を踏みにじる卑劣な行為であると思います。
大体において、そこそこの人数であれば急な中止などないでしょう。キープだけしておいて違う店に行くのでしょう。連絡しても電話に出なかったりモラルが低いというだけでは言い表せない、人間としての質の低さ。罰則をしっかりとしていただきたい。

この犯人の場合はいたずらなんでしょうからさらにきっちりと償わせていただきたい。

対策として、ネット予約は商品を買うのと同じでクレジットカードで決済をして予約完了。
キャンセルは店舗の仕入れのタイミング次第で返金率を設定出来る。
電話予約の場合、座席の確保までは可能、しかし予約出来る人数を設定出来る。
電話番号通知しないと予約できない。
などにしないと、予約したけど来ない、重複予約で直前キャンセル、嫌がらせも後を絶たないでしょう。

ただ、飲食店同士で客の取り合いをしている以上、こういったルールを作るのも難しいでしょうね。

キープ予約はホテル確保などで私もよくとる手段。キャンセルポリシー期限まで、じっくりとあれこれ探して最良の条件を探す。大抵は5日くらい前からキャンセル費用が発生するので、それまでに決定する。けど、施設側からすればその間に取れたかもしれない客を逃しているかもしれないと思うと、申し訳なさも覚える。けどルール上OKなのでそうしている。2週間前から費用発生なら、そこが基準となる。店側が決めたルールに客は合わせるしかないので、恐れずに損害の少ない基準を作れば良いと思う。

口約束で契約するからこうなる
身分を証明するシステムを介入させないと解決しないと思う
そしてこの問題が解決したら今度は予約したのに準備されていない
日付を間違えていたなどの店側の問題が露見すると

常連でも個人的に知ってる訳でもない人からの予約をTELやメール一つで受ける事に無理があったんだよなあ。
ワザと無断キャンセルをする犯罪者は論外だけど、適当に複数店に予約入れて当日行きやすい方に行くなんて輩は結構いる。

こういうのは行政が明確なルールを作ってあげればいいと思う。
事前に半額入金必要とか幹事の身分証のコピーを取らせるとか。
方法はいくらでもある。
事業者の対応だけではムリがある。

小さな飲食店をやってますが、ランチでも来店してから一人減ります だけでも席の配置で一万円位売り上げが変わることもあるので、そのレベルで報道して欲しいの。

無断キャンセルは店を経営する側として想定内のリスクです。
その分は単価に折り込んでいます。
予約不可の店はその分を価格に反映して安く提供しています。
どちらを取るかは経営者の判断によりますが、利便性よく安く利用するにはお客さんのモラルが重要です。

ディズニーホテルのように予約の際に予めクレジットカードで予約金を入れる仕組みを作らないとダメかも。少なくとも一見さんは。

全部クレジットで前払いさせればいいと思う。

単純に○○人以上は前金のみの予約にすればいい。やむを得ない場合のみ、いくらかバックすればいい。

犯人の意図が全くわからない。犯人だって電話代とその時間がかかるのに。

こうしたドタキャンのツケは優良なお客さんが間接的に払っていると思うと許せない…。

前払いやると幹事さんがかわいそうなことになる。難しい問題でもある

予約時点で、保証金みたいな取り決めにすれば良い。

通話録音が必要だと思う。

無断キャンセル、当日キャンセル、直前キャンセルを入れると1兆数千億に成るとワイドショーで見ました、罰則が必要ですよね!

このようなことがよく出来ますね。
この考えがわからない

このハゲのせいで今後の予約が面倒になりそうだな

スポンサードリンク

飲食店 無断キャンセルのネットの反応は?Part2

うちの母ちゃん飲食店頑張ってたからこういうの絶対に許せない。

罪状が記されていないが?

こんな事する理由が知りたいわ

しかし繁盛店ならまだしも、日銭を稼ぐのがやっとって店だと「前払いです」とか「身元確認が必要です」なんて言って「じゃあ他所に行きます」なんて言われたら大変だもんな
利用者のモラルが向上するのが一番なんだろうけど、、、

団体予約は先払いのみにしちゃえばいいんじゃない?

先払いでいいじゃん

毛が寂しい

これから、電話予約拒否。アプリ予約で前払いだな。

死刑でお願いします!

前金取ればいいじゃん

やってることもたいがいだが、人相もたいがい酷いな。

簡単にキャンセル出来る店でないと使いにくいと言う
低所得者の声もあるわけで・・・

ハゲ散らかしたオッサンが何をやってるんだか…

13000円分の氷を買って、おでこのタンコブをひやしてやりたい!

いい服着てるな。ノースフェースが可哀相。

75歳くらいに見える

こいつは偽名って時点で嫌がらせする気満々
店が会話を録音してれば予約してないとかそんなつもりはなかったとかの言い逃れが出来なくなるんだけどね

毛むしるどぉー

じきみたい

前金とるとかルール改正で防げませんか?

飲食店に限らずキャンセルはしないとだめですね
美容院でも歯医者でも色々な人が、予約が入っているからとその時間を空けて待ってたり、予約が入っているからと他の予約したい人を断ってます

いずれこの手のことで逮捕者が出ると思ってはいたが、学生や社会人なりたての若者かと予想していたが、還暦間近のおじさんとはね。事実が記事の通りであればいい大人が恥ずかしいこと。この先、慰謝料も含めてしっかり損害賠償されればいいと思う。

スポンサードリンク

飲食店 無断キャンセルおわりに

今回は飲食店 無断キャンセルに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の飲食店 無断キャンセルは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「これを防ぐには予約時に決済。これしかないね。
当然、予約は電話ではなくオンラインのみ。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク
おすすめの記事