香港デモ 籠城が沸騰中!どんな状況?画像や動画は?気になるネットの反応は?

香港デモ 籠城がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

香港デモ 籠城の概要は?どんな状況?

香港デモ 籠城のニュースが次のように報道されています。

 抗議活動が激しさを増す香港では数万人の学生らが大学に立てこもっています。ANNのカメラがその内部に入りました。

14日深夜、香港理工大学では入り口に幾重にもバリケードが築かれていました。警官隊に投げ付けるための火炎瓶やレンガも無数に用意されています。カメラが校舎に入ると食堂には水や食料が並び、工具も取りそろえられていて、催涙弾から目を守るゴーグルが一人ひとりに配られていました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191115-00000010-ann-int

スポンサーリンク

香港デモ 籠城が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

香港デモ 学生ら大学に籠城 カメラが校内に・・・

スポンサーリンク

香港デモ 籠城のネットの反応は?

デモという次元ではなくなっている。
既に内戦に移行。
どちら側が、死亡者負傷者が多く出るかわかっていることを、若気の至りで行うことは賢明ではない。
彼らにももう少し考えて欲しい。

「ガザ」っぽくなって来た。軍事投入してもイスラエルは批判出来ない。

デモ隊は何故、正面から対抗することに固執する?
先人達の知恵を活かせよ。

これだけ何度も弾圧されたなら、警官の出動場所も分かってるはずなのに、なんで警官隊の自宅を割り出そうとしないんだろう?

家族の情報を割り出してお願いの手紙でも入れてあげれば、少なくとも香港の警察隊員は積極的な取り締まりをやりにくくなるだろうに。

ここが落ちたらマジで終わる
香港のインターネットの中枢がある
なんでこのヤバさをもっと報道しないのか
ここが落ちたら情報規制でき第二の天安門が行われても世界は知ることが出来なくなる可能性が非常に高い
中国はナチスよりヤバい

みんなは理性が失ったようだね。
火炎瓶やレンガはあかんだろ。

アーチェリー構えてるやつがいるんだが!これはダメでしょ。100メートルくらい離れた相手を狙える。
警察から狙撃されても文句は言えない。

中央政府は香港警察に命じて重機による粉砕を命じますか?日本の浅間山別荘事件のように。

警察が取り締まりに入っていけない大学のある国って、ありますか?

中国の歴代王朝の末期はこのような乱で崩壊していったんだ。
それを熟知している現政府は今後どんな手段でも使うだろう。

香港の大学ってアホばかり?

客観的に見ると、正直どっちもどっちなんだよなぁ
支配下に置きたい政府と
弱者が立ち上がって権利を求めているんですってテイで何をしてもいいと思って暴徒と化した国民

なんだかなぁ

やっぱり誰かお金出しとるな。暴徒はあかんやろ。

最早、デモではなくてテロ。
赤軍のようにならないことを望む。

若者の悪い面が出た。
気長に待つということを知らない。
安田講堂立てこもり事件のようになり、犯罪者となる。

周瑜や伍子胥やハンレイはいないようだな。
烏合の衆では何も成せない。

どんどんメディア入ってあげて。そうする事で血生臭い殺戮が抑止されるのだ。

街中で小学生や中学生や高校生が学校へ行けないように香港府は決めた。
大学で立てこもった大学生達は、子供の権利条約を判断した良識がある人達だと思う。

それでもまだ街中で激しい暴動や器物損壊が起こっているなら、その人達はやらせのような偽物で常識的ではないと思う。
香港警察が取締るのは、器物損壊をする人達だと思う。

中に人が生きてても電車ごと埋めてしまう国だから建物ごと爆破か。

武装して立て籠りは不味い‥
共産党に武力行使の口実を与える事に
警察に死傷者でも出たら喜んで戦車出して来るぞ(/´△`\)

頭の悪い香港中国人、過去の他の例から全く学んでない。
それどころかリーダーも大儀もない単なるバラバラの暴徒集団。
話し合いに持ち込まず、ひたすら駄々を捏ねて暴れるガキの如し。
最早、死して屍拾う者も無し、死して屍拾う者も無し!

スポンサーリンク

香港デモ 籠城おわりに

今回は香港デモ 籠城に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の香港デモ 籠城は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「昔の日本の学生紛争どころじゃなくなってきている。これは相当まずい。
エスカレートしてきた。平和的話し合いもう無理かもしれない。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事