武器見本市 連携が沸騰中!いつまで?画像や動画は?気になるネットの反応は?

武器見本市 連携がネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

武器見本市 連携の概要は?いつまで?

武器見本市 連携のニュースが次のように報道されています。

この展示会は20日まで開催される予定です。

 世界各国の防衛装備品の展示会が18日から千葉市で開催されています。日本での開催は初めてで、アジア市場の開拓を進めたい狙いです。

会場には日本やアメリカなど、世界約20カ国の防衛装備品などが展示されています。この展示会は日本とイギリスの民間企業などが主催していて、主催者側によりますと、日本やアジア諸国の防衛産業が世界の防衛市場と連携するきっかけにしたいということです。後援する日本の防衛装備庁は高い技術力を世界各国に発信し、技術協力の推進に寄与したい考えです。この展示会は20日まで開催される予定です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191118-00000019-ann-pol

スポンサードリンク

武器見本市 連携が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

日本で初の“武器見本市” 世界市場との連携狙う

スポンサードリンク

武器見本市 連携のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

兵器は実戦で使われなければ信用できない。車が実際に使われて
欠陥が分かり改良されて信頼性が向上するのと同じである。
国産の兵器は実戦で使われてないので、そこが甚だ怪しい。
国内限定で価格もバカ高い。
輸出されて実践で使われると信頼性が向上し、コストも切り下げられる。
こう言うと反発する人がノウを押しまくるだろうけど、これが現実。
74式戦車とか64式突撃銃とか価格が高いけど欠陥品だ。
逆に38式歩兵銃はあしざまに言われてるけど、実際は命中率が
高く扱いやすいので輸出されたのが今でも使われている。
戦争中もアメリカ軍は
日本兵が38式を装備してると注意して行動したそうです。

日本の裕福さを自慢に感じる国民が多いけど、戦後の焼け野原からの復興の足がかりは今の韓国と北朝鮮の朝鮮戦争の特需だし、高度経済成長の原動力はベトナム戦争の軍事需要だったことを忘れている(そもそも知らない)人が多いと思う。その流れをくんで得られている今の自分たちの裕福な生活の足下には、過去の多くの命が横たわっていることを忘れてはならない。自発的な戦争は勿論反対だが、話の通じない相手の武力に屈しない防衛力は絶対必要。水も安全もタダでは得られないことを全国民がもっと理解すべきだし、その周知も徹底すべき。

コスト問題はよく話題になるが、例えば戦車だとフランス産のルクレールのほうが日本より高い場合がある。
大切なのは、F22の時もそうだったように金を積んでも売って欲しい時に売ってくれない場合があるから、戦闘機、銃、戦車、艦艇は国産であってほしいし、そのほかも予算が許す限りは国産で有るべきではある。

技術的には最悪ハッタリでも構わない。
国民が気にすべきは、兵器のコンセプトが古くないかだと感じる。

背景として日本の防衛産業が米国からの高価な調達品を言い値で買うことにより危機的状況にある点があげられる。相次ぐ日本企業の防衛産業からの撤退があげられる。
敗戦による反動で日本を取り巻く現実を受け入れられない人もいるだろうが、国家の独立は経済、軍事が成り立っての事。維新直前に幕府の小栗上野介が真っ先に横須賀に工廠を作ろうとした事でもわかる。防衛装備庁はなんとか防衛産業の立て直しを図ってもらいたい。

日本の防衛産業育成のためにも
どんどん開催されるべきだと思います。

企業は利益追求のために存在しています。
自衛隊だけが納入先では利益を生み出せません。
自衛隊だけが納入先では
日本の防衛産業の衰退につながります。

非常に良い事だと思うが、こういう機会を利用して世界の軍事ビジネスに繋げていかなければ意味がない。国内の軍需産業を大きく育てる為にも是非、力を注いで欲しい産業だ。

アメリカから、米軍予算の増額を求められたとか?不確かな情報がありますが、高い物を買わされないように、独自に開発できるようになることも必要と思われます。
企業も、日本だけでは、利益が出ないことが多いので、販売先の多角化が必要だと思います。

防衛装備品の輸出に力を入れる姿勢でしょうか。
しっくりこない点もあるけど日本だけイイコぶっても仕方ないか。

日本にも沢山の軍需産業の会社はあります。日本の高品質な製品を買いたい国はあるでしょうね。

一つでも多く商談が決まればいいですね、 一つでも決まれば次も決まる可能性が出てきますね、少しづつ、少しづつ増やしていけたら日本の軍儒産業も良くなりますね。

自国防衛のための戦費ならやむ無しと思えるけど、他国に売るとなるとその国もしくは対立国民を殺す道具を販売するということになるのがまず嫌。
しかも無闇に地域の紛争圧力上げてしまって、利益に対してデメリットが大きすぎて結果自分の首絞めそう。

「敵を知り、己を知れば百選危うからず」

何故か日本の古いリベラルさん方は自分達の「敵=戦争」なのに

敵を知ろうとしないんですよね、空襲体験ぐらいしか

今の時代の「敵=戦争」って凄いことになっていると思うんですがね

世界の国々の防衛力・警察力強化へ先進防衛機器で支援する日本だろう。原爆ではない事が証拠。先行きはE判断で無人化自動化防衛・防犯迄行くかもね。町の監視カメラまで行くのは少し怖いが。輸出は出来るかも。

人殺しの機械だから、賛否はあるがね。
技術力の向上の点では良いですね。
ライフル欲しいから、行けば即売してくれるかな?
帰りに捕まりそうだけど。

ハイテク化の進んだ今日の兵器。
他国の製品を買うと言うことは、いざというときコントロールされる。
敵対国(いいすぎかもしれませんが)の兵器が「普及する」ということは、極端な話「味方が減る」ということにもなる。
自国で開発するにこしたことはないが・・・。

もちろん兵器開発に使う資源を他に回せればいいのだけれど、きれいごとばかり言ってはいられない・・・。

戦車や潜水艦なんかも作ってるし売り込みしてるし、こういう事もあるでしょう。

日本産の武器って、実際のところどうなんですかね?
コストが高いイメージはありますが、性能やらはどうなのか?自国以外に実際に使っている国なんかはあるのか?などの話はあまり聞かないもので…。

そのための今回の見本市ってのはわかるのですが。。

正直、軍事ビジネスは日本ではなかなか受け入れられにくい分野ではあるが
一つの産業として見過ごすわけにはいかない

これは良い事だ
得にアジアで日本の武器を使う国が増えると
強固な協力関係が出来る上に
武器の共通化も出来る。

これは中国に対して重要な事

良い事と思います。自国の軍需産業を育てる事は装備品のコスト削減にもつながり、経済の底上げになります。

防衛産業とか防衛装備などと正当化する呼び方などしなくても
はっきり武器と言ったほうがいい。

そうでなければ銃や刀も防衛装備品となって
禁止の理由がなくなる。

スポンサードリンク

武器見本市 連携のネットの反応は?Part2

聞いた話でどこまで信憑性があるかわからないが、
自衛隊装備の輸出は「官」はノリノリだけど肝心なメーカー(民)はやる気がないとか。
今まで官ばかり相手だったので、競争が激しい輸出に興味がない
そうで。

防衛装備品とは言ううものの、人を殺傷し、施設を破壊する武器も含まれる訳で、複雑な気持ちになります。
ちょっと前までは武器は輸出禁止だったはずですよね。
きれい事は言ってられないとは思いますが、これが静かに抵抗なく社会に受け入れられるとすれば、やはり怖いです。

日本独自開発やアメリカ以外からの調達の道を探る為にも
見本市は重要だ。
共同開発はそれ自体一種の軍事同盟であり国防の一部になる。

企業が独自に動く分には競争力があると思うが、
なぜか政府主導になった瞬間ダメになる。
世界の軍需産業と渡り合えるとは到底思えない。

自分の子供の頃だったら、とてもあり得ないようなイベント。日本も変わったことを実感する。

TV朝日系の批判にはウンザリ、批判するなら誰でも出来る。
自衛隊にも必要だし、共同開発でコストが抑えられる。
日本の周りは韓国含めて敵国が多いのです。

武器って、人を殺傷するモノばかり考えてる?
別のニュースで出てる某女優さんの事件で出てきたクスリも元はその一つ。感情を封殺して命令に従い盲目的に行動、興奮作用で常人のレベルの数倍の力を発揮。しかも後遺症・副作用が一切認められない。
そんなクスリがもし開発されたら各国に高額で売れるよ。
今でもそうだけどそういう方面にご熱心なのは旧ソ連。今はアジアで一番大きな国土を持ってる国が絶賛開発中ですけど。
で、実験も兼ねて4年に一度の「大きなスポーツ大会」で使用・・・・
おっと、これはNGワードだ。

これに抗議してた連中いたらしいが、武器がなければ攻められたらどうするの?

日本は先の大戦の過ちを繰り返さないためにも、世界最強の武器を開発しなくてはならない!

ブランドに胡座をかいたのではだめ。
本気で開発しないと相手にされないと思う。

モバイル事業でたらふく稼いだソフトバンク社の技術力を結集した人殺し兵器も展示しているのでしょうか。 開会の時に孫社長の挨拶もあったのでしょうか。 ソフトバンク社は、イスラエルの人殺し兵器を開発し販売する死の商人と一緒になって金儲けはしているのは明白だけれど、イギリスの死の商人とも一緒になって金儲けをしているのだろうか? モバイル事業でコツコツ稼ぐよりも、人殺し兵器売った方が簡単に大金が入るからウハウハに違いない。だったら、イギリスの死の商人と一緒になって金儲けをしていることはありうる。 今では、孫社長率いるソフトバンク社は、モバイル事業はアルバイトみたいなもの。

隣国の紛い物等が展示されないよう厳選した企業の装備品を展示してください。

本当の防衛力は、核以外にないと思います。それ以外は、はったりとおもちゃ。憲法改正しなくても、防衛力としての核を持つことは可能では?

海外での出店や企画ではなく、国内での見本市で世界市場を狙う意図は?

ほしい、買おう

この展示会は日本にはそぐわないね。技術力を誇示したいなら他国でやればいい。日本は平和志向、戦争放棄の思想でしょ。防衛装備庁って何考えてんでしょうね。

自国防衛は自前の武器でないとダメだね。

防毒マスクと防塵マスクかあ

北のスパイ?みたいな人物も大勢入っているのでしょうね。
どうやって裏ルートで輸入出来るか真剣に考えているのでしょうか。将軍様もカタログなど手に入れて毎日眺めているのでしょう。

このような武器の開発競争の行く末には point of no returnが来ることだろう。
それは個人またはテロリストレベルの暴徒が大量虐殺可能な武器を使用しての都市あるいは国家レベルの破壊を行うことができるほど武器が発達してしまった未来。
武器に使うお金を平和訴求の道にいまだ使うことができない人類。
滅亡は近いのかもしれない。

スポンサードリンク

武器見本市 連携おわりに

今回は武器見本市 連携に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の武器見本市 連携は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「まあ日本にとっても他国と共同開発などできれば調達費用を抑えたりなんてことも可能になるし良いことではあるんだろうね。情報流出だけには気を付けてね。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク
おすすめの記事