清原和博 トライアウトが沸騰中!清原和博 トライアウトの画像や動画は?次男を5秒間ハグって?

清原和博 トライアウトがネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

清原和博 トライアウトの概要は?

清原和博 トライアウトのニュースが次のように報道されています。

 西武、巨人などで通算525本塁打を記録した清原和博氏(52)が11月30日に神宮球場で開催される試合形式のトライアウトで監督を務めることが21日、分かった。

対象となるのはNPBの球団を戦力外通告になった選手や高卒以上のアマチュア選手、米大リーグのマイナーリーグの選手ら。同7日に横浜市内で独立リーグの選手による予選会を行い、同30日に本選を実施する。

主催するワールドトライアウト社が日本選手の米球界、外国人選手の日本球界への移籍をサポートするのが狙い。日米のスカウトらが招かれ、清原氏は打順の決定などを任される予定だ。

関係者によれば2008年の現役引退後、公の場で指揮を執るのは初めて。清原氏は16年5月に覚せい剤取締法違反罪で懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。今年3月に行われた厚生労働省主催のイベントでは薬物の専門病院に通っていることを明かしていた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00000019-sanspo-base

スポンサードリンク

清原和博 トライアウトが沸騰中!清原和博 トライアウトの画像や動画は?次男を5秒間ハグって?

これが今回集めた画像や動画です。

今回の
清原和博 トライアウト
に関する画像・動画は見つかりませんでした。

見つかり次第更新します。

ではここで懐かしの動画をどうぞ!

清原和博さんが依存症の啓発イベントに出席

最強西武の4番打者!★清原和博 ホームラン集

次男を5秒間ハグの概要

すっかり秋らしくなった夜、清原和博(52)がこんなにも寂しそうな顔でタバコをふかしているのには、ワケがある。

清原和博「職質」写真・スクープ入手 一瞬だけ「番長」に戻った!

都内のスポーツジムからのっそりと姿を現した清原を久々にキャッチしたのは、9月中旬の夜9時頃だった。キヨの傍らには、一人の少年の姿。現在、中学2年生の清原の次男だ。

「3年前に覚醒剤所持で逮捕され、元妻の亜希さんから、弁護士を介して息子との接近禁止令を出されていました。しかし今年の6月くらいから、清原さんはなじみのスポーツジムで次男にバッティングを教えているんです。何でも、リトルシニアでプレーしている息子さんのほうから、教えてほしいと頼んだみたいです」(清原の知人)

この夜も、その個人練習だった。ただ、愛息とずっと一緒にいられるわけではないようで、人目のない場所まで車で移動し、別れの挨拶を交わす。息子の肩に手を置き、そっと抱き寄せる清原。約5秒間のハグの後、再び父が何やら語りかけ、息子は去って行ったのであった。

上の写真は、その直後、一服つける清原の姿である。息子が歩いて行った方向を見つめながらゆっくりと1本吸い終えると、待たせていた車に乗り込み、清原は夜の街へと消えた。

後日、本誌は清原に直撃した。本人が近況を語る。

――どんな生活をしているのですか。

「病院の治療にはこの3年間、1回も欠かさず通っています。最近は月に1回、(薬物依存の後遺症である)鬱の治療と尿検査を受けていますね。その他にも、毎月ある自助グループの集まりに必ず参加しています。

ジムには、ここんとこ毎日行っています。今年の11月に沖縄で、12月には八王子で少年野球教室をやることになっていて、それに向けて練習してるんです。子供たちにバッティングを見せてやらなアカンからね。こうやって身体を動かすのは鬱にも効果あるのか、元気になってきたって感じるよ」

――息子さんにもバッティングを教えている。

「息子の野球チームの練習がない日にね。時間が合うことが少ないので、そんなにいつもというわけにいかへんけど」

はっきりした口調でしゃべる様子からは、かつての元気な姿を取り戻しつつあるようにも感じるが……。薬物依存の更生施設『館山ダルク』代表・十枝(とえだ)晃太郎氏が言う。

「覚醒剤依存症において、完全に『いらない』と思うことはありません。辞めて30年経つ人に聞いても、『まだ使いたい』と言うほど、依存性が高いのです。その気持ちを抑えるには、正直に『使いたい』という思いを伝えられる環境が大切。その点、病院の治療や自助グループの集まりは非常に有効です。まだまだ大変な日々は続きますが、くじけずに続けてもらいたいです」

愛する息子のためにも、番長は依存症と戦い続ける。

『FRIDAY』2019年10月4日号より

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190920-00000001-friday-base

スポンサードリンク

清原和博 トライアウトのネット反応は?

清原さん、貴方は恵まれてるよ。
皆がこうして貴方に居場所を作ってくれている。
その事に関して賛否はあると思うが、無駄にしてはいけないしその期待に全力で応えるべき。頑張ってほしい。

批判されるのは、仕方ないと思う。犯罪を犯したのだから。でもこれからは野球界の為、薬物に手を染めてしまい苦しんでる人の助けになる為の行動を真面目にすれば世間の目はきっと変わると思うから少しずつで良いから前を向いて行きて欲しい。

元犯罪者をって声は必ずあると思う。私も、どこかその気持ちはある。でも、これだけ注目を集める人だからこそ、一度薬物に手を染めても更正して社会貢献ができるという希望になってほしい。
それと、自分が少年だったころ大好きだった清原選手が、また野球に戻ってきてくれる姿を見たい。頑張ってください。

野球選手なんて引退したら、
普通世間の記憶から薄れていって
世に出る機会も減って、というのが普通。
でもこの人は引退してからも世間が追いかけ続けた。
覚醒剤で捕まった後も。
本当に犯してしまった罪は重いのだけど、
ここまで世間から応援される、注目される選手はいないよ。
何がそこまで人を惹きつけるのか、
それは彼の魅力だと思う。
本当にここまで皆が応援してるんだから、
もう絶対に再犯等しないで頑張ってほしい。
やっぱり清原には野球が似合うよ。

現状、最後は薬物で注目を浴びた人だけど、それまでは、若き高校時代からスポーツで多くの感動や夢を与えてくれた人。
執行猶予が解ければ、彼の長所で最後のチャンスを与えてもいいのではないかと思う。

主催のワールドトライアウト社の意向でしょうね
予選会まであるというのは知りませんでした

全力で頑張って欲しいとかわざわざ言わなくても、常に本人は全力で罪を償おうとしているので、逆にプレッシャーになるので、敢えて言わなくて良いと思います。
期待に応えてとかも、最後の結果で良いと思います。
人間にとって一番の価値は信用です。
お金が無くても信用があれば仕事も入るし、必要ならお金も借りられます。「信用ならん!」と厳しいコメントもありますが、これからどれだけ信用を得られるかが課題だと思います。
僕らが生きていく上でも同じことが言えるのではないでしょうか。

一般人と異なり、自身に影響力を持っていることは十分に知っているはず。薬物に手を出したことにより回りのスポーツ選手やファンの方がどれだけ落胆したか。
話題を振り撒くのはあくまでもグラウンドにして、こういう機会でしっかりと更正したところを見せて欲しい。
身体が大きかったり、風貌に圧しがあったりするので世間は批判的でしょう。私もそうです。
しっかりと地に足をつけて、地べた這いずり回って、こういう機会を与えてくれた人たちに感謝し、地道に信頼回復をするしかない。
世の中、機会すら与えられない人が多い中幸せだと思いますよ。

薬物から身を引こうとしても、現在の日本の制度ではなかなかそれを公にできない難しさをはらんでいます。
清原さんは、そういう中で薬物依存治療を公言し、社会的な場を与えられることはとても幸運だと思うし、そのこと自体に深い意味があるのだと思います。
他方、一般の人が薬物から抜け出そうとしても、病院に行っては警察に通報される恐れがあるなど、勇気をもって行動できない状態があります。
薬物に手を出すから悪いという批判があるのは十分わかりますが、出してしまった人が自ら決断し更生しようとしても、それを受け止める社会的な手段がありません。
ダルクなど民間組織に依存する日本の薬物対策ではあまりにも貧困です。
薬物依存治療をしたいと自ら申告した場合は、司法取引などで起訴を猶予するなど、社会が受け皿となっていくことが必要だと思います。
刑罰に処するだけでは薬物の再犯が防げないことは、薬物再犯率をみてもあきらかです。

野球経験者として、清原がなんらかの形で野球に携われることは嬉しい。心のどこかで犯罪のことがあるのは否めないけど、それを上回ってユニホームをきた清原を見たい気持ちがあるかな。
みんな思ってることだろうけど。
だけど世間がそれを許すのかは別問題で、野球に興味がなく、清原のことを犯罪を犯した人として見てきた人にとっては、球界の勝手な都合とメディア集めにすぎないんだろうと思うし、それは仕方がないこと。
やると決まったからには是非頑張って心底尽くしてほしい。時間がかかると思うけど、本気で心から尽くせば周りの目は変わるよ。何にせよ俺は応援する。
俺なんかから言われるまでもなく本人はその気持ちだろうけど、信用の回復は茨の道だと思うよ。
あと、清原を支援してきた方々にとっても嬉しいニュースになりましたね!

スポンサードリンク
おすすめの記事