小泉環境大臣 個別会談が沸騰中!小泉環境大臣のコメントは?画像や動画は?気になるネットの反応は?

小泉環境大臣 個別会談がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

小泉環境大臣 個別会談の概要は?小泉環境大臣のコメントは?

小泉環境大臣 個別会談のニュースが次のように報道されています。

小泉環境大臣は「世界が注目する中国の気候変動と海洋プラスチックごみ対策に対するコミットメントが表されたと理解している」とコメントしています。

 23日から福岡県で始まった日中韓3カ国の環境大臣会合で、小泉環境大臣は中国・韓国側と相次いで個別に会談しました。

中国との会談では、ヒアリの多くが中国から来たコンテナから見つかっていて小泉大臣は対策の徹底を求めました。また、海洋プラスチックごみ問題については最大の排出国とされる中国側と今後、協力を深めていくことで一致しました。
小泉環境大臣:「世界が注目する中国の気候変動と海洋プラスチックごみ対策に対するコミットメントが表されたと理解している」
一方、韓国との会談では、福島第一原発の処理水について改めて情報提供を求められたということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191124-00000003-ann-soci

スポンサーリンク

小泉環境大臣 個別会談が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

進次郎氏中韓環境相と「プラごみ」「処理水」で協議

スポンサーリンク

小泉環境大臣 個別会談のネットの反応は?

日中会談を行い、かの国は放置で良いでしょう。

南の汚水も議題にすればいい
南表記のプラごみは全部 南に返す
これが良いですね

Kの存在自体をどう処理するか考えて!あそこと協議してもアイデアも技術もないよ。

韓国とは協議不要。

オヤジの反原発と一緒で、

ルーピー進次郎の自己満足政策。

なぜ人気があるのか理解不能。

その本質は、顔の良い野党議員。

福島の処理水問題は、しっかり韓国に海に放流して問題ないと言って欲しい。
なぜ足立議員より提案されてるような他国へのアピールが出来ないのか。証拠は揃ってるんだから、他国とも比べた数値もあるし、韓国の発電所から放水されてるトリチウム量よりかなり少ないんだから科学的な根拠を示してアピールするべき。

韓国が変なこと言ってますが、逆に根拠を示せと言って良いと思います。哨戒機の高度すら測定できない貴国に何が分かるんだ!とね。

>韓国 日本に原発の処理水情報を要請=韓日中環境相会合

こういうニュースがあるけど、当然、日本側も韓国に原発の処理水の情報を要請しましたよね?

原発の処理水の汚染度合いは韓国の方が高いんだから、ちゃんと言うべきだ。

プラスチックゴミは、ゴミ処理プラントの高性能化がいるね。
マイクロプラスチックを排出しない処理プラントの技術で協力しようか。
PM2.5や黄砂もある程度対応すれば良いね。
処理水は実害が出ないレベルの共有のための実証をしてゆこうか。

正直、黄砂のようなアルカリ性降下物は日本の農業生産や付近の海洋の生産に寄与するが、PM2.5などの酸性降下物はいらんからね。

小泉氏は、滝川女史と日テレの女子アナとの肉体関係を続けるために外出もしないで交際を続けた。

滝川女史もこの期間、小泉氏の他に一般男性と関係があったと言われている。

途中から彼女は日テレの彼女に負けたくないという浅ましい競争心から子供を作り小泉氏に結婚を迫った。見せつけるように官邸での発表を画策した。

小泉議員は結婚発表直前に電話で相手との別れを切り出した。

週刊文春8月29日号と9月6日号の内容は、事実です(私は文芸春秋さんとは関係ありません)。

下半身のだらしない、女性を性欲のはけ口としか思わない不誠実な人間が、国会議員であり続けて、大臣をしてカメラの前でもっともらしい顔で発言する。

日本では女性はそんな扱いを受けて当然というメッセージを社会に送り続けています。

宮崎健介元議員より酷い。

みなさん大丈夫ですか。

イメージに完全に騙されています。

目を覚ましてください。

スポンサーリンク

小泉環境大臣 個別会談おわりに

今回は小泉環境大臣 個別会談に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の小泉環境大臣 個別会談は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「こんな議論しても結果は出ないだろう。どうにもならないんだから、アメリカとかの圧力がかかれば解決に向かうだろう。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事