マツダ初 量産EV公開が沸騰中!日本での導入時期は?マツダ初 量産EV公開の画像や動画は?

マツダ初 量産EV公開がネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

マツダ初 量産EV公開の概要は?

マツダ初 量産EV公開のニュースが次のように報道されています。

日本での導入時期はまだ未定の様です。

 マツダは2019年10月23日、「第46回東京モーターショー2019」において、「MAZDA MX-30」を参考出品車として世界初公開しました。

マツダ初の量産電気自動車はSUV!「MX-30」がワールドプレミア

マツダ初の量産EV「MAZDA MX-30」

MX-30は、マツダ新世代商品の第3弾となる商品で、マツダとしては初となる量産ピュアEVです。

デザインは、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)ーSOUL of MOTION」のもと、さらに芸術性を高めるとともに表現に広がりを持たせることに挑戦しています。美しい造形とこだわりの造りこみを基礎としながら、将来に向けた価値観の変化や新しいライフスタイルに寄り添うことを目指したといいます。

デザインで目をひくのは、後席ドアが観音開きになる、RX-8のような「フリースタイルドア」の採用。ユーザーが自由な発想で、クルマの多彩な楽しみ方を創造できるように採用したとマツダ関係者は語ります。

マツダらしく、EVでも変わることのない「人馬一体による走りの歓び」を追求し、新たに電動化技術「eーSKYACTIV」を採用、意のままの操作感となめらかな車両挙動を高次元に融合させ、ドライバーが自然に運転を楽しむことができる走りを実現したといいます。

マツダ代表取締役社長CEO、丸本明氏はコメントします。

「MX-30はお客さまに創造的な時間と空間を提供します。電気自動車であってもマツダの開発哲学である人間中心の設計思想は変わりません。なめらかで自然な運転感覚による人馬一体感を実現しています

本日、欧州において先行予約の受付を開始しました。2020年欧州のお客さまからMX-30をお届けしてまいります」

なお、日本での導入時期は未定とのことです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00188408-kurumans-bus_all

スポンサードリンク

マツダ初 量産EV公開が沸騰中!マツダ初 量産EV公開の画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

MAZDA MX-30 (日本語字幕付)

マツダ 「MAZDA MX-30」 360°動画 / Mazda MX-30 360° design view

第46回東京モーターショー2019 マツダ プレスカンファレンス(記者発表会)/ Mazda's press conference at the 2019 Tokyo Motor Show

スポンサードリンク

マツダ初 量産EV公開のネット反応は?

なんかマツダは孤高の精神を感じるので頑張ってもらいたい。
ミッションを自社で作り全車種にMT設定とか。

主張しない?グリルが自分には逆に新鮮。

最近流行のクーペタイプのsuvという点が興味深い。
このクルマはかなりかっこいいと思う。デザイン思考
に変化も感じられる。EVの出来はどの程度なのだろう?

現行アテンザオーナーですが、今の統一されたデザイン(特にフロントマスク)が気に入っています。
MX-30はデザインに幅を持たせたという事ですが、MAZDAブランドとして海外で受け入れられるか?、現行のデザインが好きな人にとっては?と思うようなデザインかなと思います。
今のデザインが苦手な人にも対応できるようなやさしいデザインなのかなと思います。

航続距離が日産リーフの約半分(コスト対応で用途を絞った?)という事や、国内販売未定という事を考えると、実際国内で販売するまでには大幅改良が施されるのではと思います。
このクラスは世界的にも激戦区でしょうから、EVのアドバンテージは直ぐに無くなると思います。国内ではデザインと価格が販売に影響されるから、きびしいのかなと思います。
厳しい言い方をすれば、ロータリーのレンジエクステンダーや次期アテンザがデビューするまでの繋ぎ?という感じがします。

フル充電で210Kmの走行が可能らしいけど、ちょっと短いような気がする。
最低でも400Kmは欲しい。  途中充電なしで、東京から名古屋、仙台辺りまでは余裕で走って欲しいなぁ。

巡航距離を考えると国内ではもう少し改良が必要だが、CX30を見に来た客用の、アクセラHVのようにハイブリットはないの?って客への提案程度の商品としての役割はあると思う。
EVの開発改良と平行してマツダにはガソリン、ディーゼルの開発にも力を入れてほしい。
特にディーゼルは発売時点での優位性は現行他社のディーゼルと比べて、ほぼ0と言っていい。
次世代ディーゼルの開発はマツダにとって急務だと思う。

災害が多い地域に住んでいるので有事の際は車が別宅の役割も果たします
なのでマツダはEVよりクリーンDエンジンの車に魅力を感じますね
トルクがあって燃費も良いし、何より軽油は有事の際に電気やガソリンより入手しやすかったので

曰く
今のところevは赤字です。
欧州でevうらないと罰金取られるけど罰金とevの赤字は勝負できます。
なお、排ガスの汚染物質の絡みで都市部へのエンジン車乗り入れ規制をするところがありますが、エンジンからの汚染物質の寄与度は20%程度で多くはタイやとブレーキからの排出でそれはevにしても変わりません。

うーん・・・国道43号が環境対策でといって速度がでないようにされて、かつ信号で止められるように設定されているが、この測定結果で行くと信号を調整してなるべく止まらんようにすれば大気汚染が減る。社会実験をしてほしい

捜査官を意のままに操るとまずい気はしますが、SUVでは電動の利点が活かせるのか注目ですね。

売れると良いですね

デザインはなかなか良いのでは。久々の違う顔で新鮮。
EVとしては出力も航続距離も控えめなので、市販化に向けての課題は多いように思う。大容量バッテリー積むのも普通になったので、レンジエクステンダーがあると言っても今更感が。

EU規制用に欧州先行発売なんでしょうけど、後席が欧州向けにしては狭い感じがするけど大丈夫かな。。。
ロータリーのREにつなげるためにもコケないでほしいな。
アテンザ、CX-8とディーゼルで乗り継いでいるけどホントにいい車だし、リッター112円の軽油でホクホクさせてもらっているので頼んます!

マツダというメーカーは規模の割に開発能力が高いと言わざるを得ない
内燃機関への取り組みは一時は本田に一目を置いていたが今は
新しいものはマツダからという感じだ
このタイミングで売れ筋クラスにEVを出せたというのは大きいのではないか

最近のマツダ車はデザインが優れていてボディカラーも他社には無い色合いで素敵です。EVカーとした環境意識が働いたのかも知れませんが此をカッコ良いとは思えない40、50歳が販売対象ではない様な気がします。只、ホンダのフィットよりは未だマシと思います。ホンダは一般ユーザーの購買意識が判っていないので見た目で即、買いたいとは全く感じないクルマしか出せていない。新型アコードに社運が掛かっているのか国内販売は捨てているのかと思ってしまい残念です。

航続距離から考えると、充電をどうするか?日産・三菱とはディーラーの拠点数が違いすぎる。提携先のトヨタ系ディーラー頼みにならざるを得ない事を考えると、国内販売は厳しいのが現実でしょうね。

バッテリーの性能って、そんなに上がってるの?
いくらコンビニとかで充電できると言っても満充電するまで何時間待ち?
リチウムバッテリーの製造と使用、廃棄がガソリンよりも環境破壊を加速させると言われてるし
ハイブリッド車が一番環境に優しく、一番効率的だと思うけど

個人的にはもう少し角ばったのが好みだけど、リアのライト周りなんかはかっこいいと思う。
マツダは我が道を行く感じがいいですね。

EVはメーカーがいくらいい車を作っても、充電できる環境にないと購入をためらってしまう。そこをなんとかして欲しい。
充電時間が5分くらいになるとか、ガソリンスタンドで交換式にするとか、部屋に持ち帰れるくらいの大きさにしてコンセントから充電できるようにするとか。

ホンダも発表したEVみたいに明かに街乗りのコンパクトとかだったら航続距離が短くても説得力あるけど…
実際に数を売るためじゃなくて厳しくなる燃費規制を出来るだけ避けようとするのが目的かな?

スポンサードリンク
おすすめの記事