巡査部長 書類送検が沸騰中!巡査部長のコメントは?画像や動画は?気になるネットの反応は?

巡査部長 書類送検がネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

巡査部長 書類送検の概要は?巡査部長のコメントは?

巡査部長 書類送検のニュースが次のように報道されています。

男性巡査部長は警視庁を通じて「本当に申し訳ない気持ちです」などとコメントを出しました。

 8月に東京・千代田区で当時4歳の男の子が緊急走行中のパトカーにはねられて死亡した事故で、パトカーを運転していた男性巡査部長が書類送検されました。

千代田区の新宿通りで8月、横断歩道を青信号で渡っていた当時4歳の男の子が新宿署地域課の男性巡査部長が運転する緊急走行中のパトカーにはねられ、約1カ月後に死亡しました。警視庁は今月26日朝、男性巡査部長を過失運転致死の疑いで書類送検しました。警視庁によりますと、緊急走行中のパトカーは交差点内で徐行することが決められていますが、男性巡査部長は交差点内でパトカーを加速させて時速40キロ以上ではねたということです。男性巡査部長は警視庁を通じて「本当に申し訳ない気持ちです」などとコメントを出しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191126-00000011-ann-soci

スポンサードリンク

巡査部長 書類送検が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

パトカーにはねられ男児死亡 巡査部長を書類送検

スポンサードリンク

巡査部長 書類送検のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

うちの近所の交差点でも、消防車救急車は毎回徐行しながら進入しているけど、パトカーは全く減速せずに突っ込んでいてよく事故らないなぁ〜とヒヤヒヤしながら見ていた。
やっぱり事故るのね。

PCの甲高いサイレンで動じない大人は少ないけど、小さい子だと興味が先走ってしまったのかな?

消防系の車両は緊走中でも比較的冷静に走ってる印象だけど、警察は結構飛ばす印象。

車、歩行者の協力も必要だけど、運転者の安全確認の徹底を願います。

現場対応が終わったパトカーが猛スピードで加速して現場を去っていったのを見たことがある。消防と違い文化、風土が違うのかも。早い話しがなんか勘違いしている警察官が多いのが背景にあると思う。

そもそも、この件は緊急走行の必要があったのか?
犯人を追跡してるわけでもなく、現場に急行してたわけでもない。薬物鑑定の為、警視庁本部に向かってたわけでしょ。
素人考えだけど、そんなに急ぐ必要あるの?

場所によってはサイレンの音が反響してるのか、どっちから近付いて来てるのか分からない時もあるからね。
緊急車両でも交差点は徐行して欲しいね。

緊急車両がサイレン鳴らして通過してるときは渡らないように教えておくことも大事だよね

まだ事件として取り扱ってるだけいい、覆面パトカーがあおりトラックが事故を起こしたのに逃走した動画が有るのに報道は直ぐに削除、以来一度も目にしてません。

揉み消された事件の後に警察24時など警察関係の放送が有ったので あの覆面は取材された車両と警官では?

と思う事が有ります┐('~`;)┌

以前、覆パトが交差点でハンドルを切りすぎて中央分離帯にぶつかり、すぐさま事故処理を行っていた。
急スピードでカッコつけていたのだろうと思うが、交通ルールを守って欲しい。
血税を使うのならば、なおさらである。

徐行義務を怠っていたなら警察側に非があったのは間違いない。
が、4歳の子ではパトカーがどういう意味でサイレンを鳴らし、とういう行動を取るのかわかりきってないので、青信号で横断するにしても親が手を繋ぐなりすればよかったと思う。
防げた事故であり、残念。

そもそも、緊急走行中でも交差点での徐行が義務付けられているのには理由があるはず。
元気なお子さんなら、繋いでいた手を振り払って走って行くこともある。サイレンが聞こえてもすぐに交差点から抜けられないお年寄りや、ベビーカーもある。聴覚障害の方もいる。そのような危険があるから徐行なわけで。
2度とこんな悲しい事故がないよう、警察は身内だからこそ厳しく対処してほしいと思う。

スポンサードリンク

巡査部長 書類送検のネットの反応は?Part2

消防車や救急車は交差点に侵入する時は再徐行していますが、警察は殆んどしていない様に思います。よく、横断歩道の近くで歩行者妨害の取り締まりをやっていますが、そんな事をやる前にパトカーが横断歩道を渡っている人を撥ね飛ばして命を奪う様な事が絶対に起こらない様に教育の徹底をお願いします。

巡査部長の不注意が一番いけないのだけれど
4歳の子が1人で横断歩道を渡る状況がよくわからない。
うちにも4歳の男の子いるけど
1人で外出させることはないし、横断歩道は必ず手を繋ぐようにしてる。
横断歩道は青でも無理に曲がってくる車とかいるから
小さな子供は1人で渡らせない方がいいと思う。

まず、亡くなった子供とお子さんを亡くされた親御さんの無念を思うと、心が締め付けられる思い。
そして今回加害者になった警察の方も、まさかこんな事になるとは、夢にも思って無かったやろうな。現場でこの歳まで警官として務めてきて、パトカーの緊急走行にも慣れてたやろうし、ルールとはいえ、俺も一時停止完璧には出来てないし、駐車場の徐行も同じ。明日それが原因で事故を起こしてしまうかもしれない。俺はただのサラリーマンやけど、運転する身としては『明日は我が身』。気をつけよう。

罪は罪として当然償うにして、加害者になった警察官の方が忘れることは一生ないやろうな。幼い命を奪ってしまったことを。本当に残念な事故。

小さな子供が青信号で轢き殺されるなんて、あってはならない事でしょ。許されない。

でも、親御さん!手の届かない距離で道路を歩かせてはダメでしょう。保育園のお散歩では、ひとりで横断するなんて、絶対にやらせない。
後ろ向きの保育士と前向きの保育士で挟んで左右にしつこく目を配りながら慎重に渡る。

小さい子供の交通事故は、親がそれくらいの意識を持ってない事が原因。

車を運転していると、すれ違うときに子供の手も繋がない親がけっこういて、そういうときは本当に神経を使う。
ましてやサイレンを鳴らして緊急走行中の車両があるときは、四歳児の親なら手を繋いで子供の不規則な動きに備えてほしい。
子供の安全のためでもあるし、警察の仕事のためでもある。

緊急車両だと一瞬で近づいて来るので、青信号を渡ってても大人でも
歩行者は避けられないかも。いくら緊急でも横断歩道青の時は歩行者がいないか確認して減速してほしい。亡くなった子の親御さんの事考えたら胸が苦しくなるくらい悲しいくて辛い。
これが一般人なら即逮捕ですよね

4歳の子供は 青信号が正義であって
パトカーなど緊急車両が赤信号でも
走ってくるだなんて到底知りもしない

いくら緊急でも 歩行者がいる横断歩道を
40キロ以上のスピードで走るなんて
信じられない。
全てにおいて命が最優先にされるべき

亡くなられたお子様と御家族の事を思うと
本当にやりきれない

パトカーの巡査部長は書類送検されて当然。
緊急走行中でも、交差点では注意して進入し徐行です。ただ、亡くなった男児は一人でいたのか?親はどこに?大きなパトカーのサイレンが聞こえてきたら、親ならわかるので、男児の手を繋いで横断歩道渡らせないよう、まずは立ち止まると思うのだけど?
この事故に関係ないが、あまりに幼い子供と距離離れて歩く親が多い。公園内の広場とかならともかく、なぜ歩道や歩道のない道路歩く時は手を繋がないのか?意味がわからない。車通りが少なかろうが、自転車だって通るだろうに、危険は常にあると思って、親は子を守って下さい。

パトカーでも交差点は特に注意して徐行運転するのは緊急車両運転者の義務だ。
救急車のように注意深く行くべきだ。
そこのけそこのけで緊急車両が走る途上国型の荒っぽいパトカーが増えたと近年不安に思っていたので他人事と思えない。
赤色灯サイレン時のパトカーは速度が早く荒っぽいのでパトカー接近時は特に注意している。

私自身は理不尽な違反切符を切られたこともあり決して警察を快く思っているわけではない
しかし
街で緊急車両に出会ったとき、運転中の私はハザードランプを付け停止したりよけたりして緊急車両をやり過ごすようにしているが、
横断歩道を歩行者や自転車が平気で渡ろうとする場面をよく見かける

そんな平気で渡る大人を見たり、そんな大人に育てられている子は
やはり平気で横断歩道を渡るのではないだろうか…
今回の現場の状況を知らないので何とも言えないが、
4歳の子が街を一人で歩いていたのだろうか?
保護者はどうしていたんだと思ってしまった

緊急車両を必要としている側から見れば、一刻を争う事態もあるだろう
私は歩行者や自転車、二輪車を含む皆の交通ルールに甘い態度を日頃から疑問に感じています

スポンサードリンク

巡査部長 書類送検おわりに

今回は巡査部長 書類送検に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の巡査部長 書類送検は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「大人でも青信号なら渡るだろうし、4歳の子供となれば、サイレンの意味も分からないから親が気をつけるしかない。パトカーも何でもオッケーではないし、事故のないようにしてほしい」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク
おすすめの記事