クレーン車 追突が沸騰中!容疑者のコメントは?画像や動画は?気になるネットの反応は?

クレーン車 追突がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

クレーン車 追突の概要は?容疑者のコメントは?

クレーン車 追突のニュースが次のように報道されています。

渋谷容疑者は調べに対して「漫然と運転していた」と話しているということです。

 荷台でコンブを積む作業をしている最中にクレーン車が追突しました。

29日朝、北海道様似町の国道でクレーン車が停車中の軽トラック2台に追突しました。その衝撃で軽トラックの荷台でコンブを積む作業をしていた漁師の男性(78)が投げ出され、頭を強く打って死亡しました。警察はクレーン車を運転していた渋谷靖宏容疑者(56)を過失運転傷害の疑いで、その場で逮捕しました。渋谷容疑者は調べに対して「漫然と運転していた」と話しているということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191129-00000060-ann-soci

スポンサーリンク

クレーン車 追突が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

昆布積み中にクレーン車追突 漁師投げ出され死亡

スポンサーリンク

クレーン車 追突のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

緩い左カーブ。ラフターのブームで正直、見えないんだよね。
速度が遅いからって、左から道路に飛び出されて何度も怖い思いをした事がある。

死角が多いんだから、尚更気を張って運転しないと・・・。

国道に堂々と車を止めて、作業をするのは、どうなのと、思うけどねおまけに、この路線は、歩道にも、自家用車を、駐車場してるし、これをきに、改善して貰いたいです。

ラフターの前方不注意は否めないけど、昆布取りも私道じゃないんだろうから、仕事だからって我が物顔で作業するなら許可を取ってやってもらいたい。

私道でないので、許可を取り、工事の時と同じように、各車線に1名ずつ配置し、安全の為に片側通行を促すべき。

これは停めてた方が悪いと思う。
しかも初めてじゃないんでしょ?
何故、今まで警察はこの迷惑駐車を取り締まらなかったの??

突っ込んだ運転手さんがかわいそう。

左前方みるとブームが邪魔して見えにくかったのだろう。
左カーブで高い所から見下ろす形になれば車高の低いクルマなんて見えても一瞬かも。
運転席を中央にもってくる方法ってないのかな?

左カーブの内側に路駐ねぇ。
追突クレーンの運転手は多少減免されて欲しい。

寒い北海道で78歳まで現役で漁師さん‥ 最期はこんな亡くなり方で気の毒です。
昆布、大好きで特に北海道のは良質。こういった方たちのおかげで食卓に届く‥ありがたくいただきます。

止まってる車も悪い気がしますけど、速度の速い車だったので衝突したのでしょうか。お労しいです。

装甲車がぶつかってきたようなもんだね
ひとたまりも無かろう

カーブで路駐…クレーン運転手は不運としか言いようがない

スポンサーリンク

クレーン車 追突のネットの反応は?Part2

日本の狭い道路で巨大なクレーン車が走り、路肩に老人が我が物顔で停車してる。そりゃー勝のはクレーン車でしょう

道路許可も取らない常習者のコンブ漁師?
過失割合5対5でしょ

路駐してやるような事じゃないな

やっぱ逮捕されるんですね。
池袋のアレとか、元女子アナのアレとかは
なんで逮捕されず微罪で終わったんでしょ。

農家とか漁師って地元じゃやりたい放題だからなw
場所が場所でくすんだシルバーの軽トラだし本当に見えなかったんだろうなw

カーブで見えにくかったんですかな

路駐で作業?
クレーンの運転手が不憫ですね

免許試験で習わなかった?漫然と運転しちゃだめって。ほんとに緊張して運転したら2時間ごとに休憩しないと持たないはず。みんなが気をはって運転したらこれほど事故は起こらない。

飯塚アタッカーは逮捕されないんですね。

故障したら発煙筒焚くなり三角板置く。まともなやつなら
カラーコーンぐらいせめて置いてやりゃええだろ。
そもそも、カーブが緩かろうが、カーブに車止めるなと。

スポンサーリンク

クレーン車 追突おわりに

今回はクレーン車 追突に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のクレーン車 追突は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「ここ普通の一般道では?
そんなところで積み込みしてたのか。追突したほうが100%過失だけど、こんなところに路駐するほうもどうかと思う。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事