マーシャル諸島大統領 小泉大臣が沸騰中!日本への期待は?動画は?

マーシャル諸島大統領 小泉大臣がネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

マーシャル諸島大統領 小泉大臣の概要は?

日本への期待は二酸化炭素の排出抑制に関する日本の優れた技術です。

マーシャル諸島大統領 小泉大臣のニュースが次のように報道されています。

 地球温暖化による海面上昇の影響が懸念されているマーシャル諸島共和国の大統領が小泉環境大臣と面会し、日本に技術面での支援を訴えました。

マーシャル諸島共和国・ハイネ大統領:「(日本の)環境大臣の職はマーシャル諸島の直面する問題を考えるうえで大変、重要と考えています。従って、お会いできる機会を大変ありがたく思っています」
マーシャル諸島共和国の平均的な海抜は2メートルと極端に低く、温暖化に伴う海面上昇の影響で一部が水没する可能性が指摘されています。ハイネ大統領は二酸化炭素の排出抑制に関する日本の優れた技術を世界に普及させることが地球温暖化の抑制につながるとして、技術面での日本の役割に期待を表明しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191023-00000066-ann-soci

スポンサードリンク

マーシャル諸島大統領 小泉大臣が沸騰中!日本への期待は?動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ!

温暖化直撃のマーシャル諸島大統領が小泉大臣に訴え

スポンサードリンク

マーシャル諸島大統領 小泉大臣のネットの反応は?

いくつかの視点がある。
ひとつはこうして発生するだろう環境移民の問題である。
道義的には温暖化ガスの排出の多い国等が受け入れたり支援をすべきだが日本も無関係ではない。
現在の国際情勢は環境移民が現実に発生することまで考え取り組むどころか労働力と無関係な移民を受け入れる機運にない。
国際的な大問題になることはだいぶ前から懸念されていたが、目の前の現実として顕在化していることをメディアはもっと取り上げ国民に知らせるべき。
また、技術的支援であって財政的支援ではないが、もしそうした技術が既にあったり開発されればこの面での世界への売込みが可能。
技術開発をすることは日本としても決して負担ばかりを抱え込むことではない。
しかし新たな技術は時に新たな環境負荷を生み出すことが多い。
まだ他にも考えられることは幾つもあるが、もはや懸念や予想の時代は過ぎつつあることは肝に銘ずるべき。

温暖化などしていないし、これから氷河期に向かうため寒冷化してくるのです。多少温暖化してるように見えるのはあくまで太陽活動の影響であって人間がどうこうして解決できる問題ではない。気をつけないと集られますよ。

期待されるのはいい事だけど…
地球が実施できるかどうかは別問題…
そちらが深刻な問題ですよ…

マーシャル諸島共和国民へ向けてのハイネ大統領のパフォーマンスだろ。
相手も小泉大臣の立ち位置はある程度分かっているはず。

温暖化はヤバイです。
北極の氷は溶ける、インドは熱波、日本は大型化した台風、
マーシャル諸島は海面上昇!
早く太陽光発電と電気自動車普及で地球全体を守るしかない!

地盤沈下じゃないのか?そもそも大洋島って沈むんでしょ。地学だったか地理学だったかの教科書に書いてある。

手っ取り早く
コスモクリーナーD
を使ってみたらどうだ?

そんな技術ありません

仮に温暖化の原因が二酸化炭素の排出量が問題だとしたら、地球上の二酸化炭素総排出量に占める人間の排出割合は3%に過ぎない。
それを例え1%に減らしても焼け石に水な訳で

小泉大臣のコメントの記載がないが・・・!
また訳の分からない謎の回答したのかな?
頑張って勉強して下さいね

二酸化炭素抑制しても温暖化とはあまり因果関係ありません。環境ビジネス利権者の創作です。ちなみに海面上昇は常に備える必要がありますので、国土強靱化計画を日本に支援要請するのが、妥当でしょう(^^)

CO2が原因とするならば、大量に排出しているアメリカと中国に支援してもらえば良い。日本が支援する必要はない。

スポンサードリンク
おすすめの記事