国や社会を変えられる 若者が沸騰中!日本の若者は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

国や社会を変えられる 若者がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

国や社会を変えられる 若者の概要は?日本の若者は?

国や社会を変えられる 若者のニュースが次のように報道されています。

「自分の国の将来についてどう思うか」という質問に「良くなる」と答えた日本の若者は9.6%で、9カ国中最低となり、トップの中国の10分の1にとどまりました。

 「自分で国や社会を変えられる」と思う日本の若者は5人に1人しかおらず、国や社会に対する意識の低さが浮き彫りになりました。

日本財団が日本やアメリカ、イギリス、中国、韓国やインドなど9カ国の17歳から19歳、それぞれ1000人を対象にした調査によりますと、「自分で国や社会を変えられる」と考える日本の若者は18.3%で、残り8カ国で最も低い韓国の半数以下となっています。また、「将来の夢を持っている」「国に解決したい社会課題がある」という質問への回答も他国と比べて30%近く低い数字でした。さらに、「自分の国の将来についてどう思うか」という質問に「良くなる」と答えた日本の若者は9.6%で、9カ国中最低となり、トップの中国の10分の1にとどまりました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191203-00000012-ann-bus_all

スポンサーリンク

国や社会を変えられる 若者が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

「国や社会を変えられる」と思う若者は5人に1人

スポンサーリンク

国や社会を変えられる 若者のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

少子高齢化社会で閉塞感が半端ない。

若者は社会経験も少ないし高齢者もボケたり世の中に疎くなってくるから、自分の親の世代子供の世代の事を考えられる30~60歳に3票位投票権を与えれば少しは変えていけるだろう。

今は高齢者が力を持ちすぎて世の中を変えることが出来ない。
少子化対策ですら国は放棄してしまい、働き方改革など現役世代に負担を押し付けようとする始末。

無理もないです。
若い子の責任じゃなくて、
上の世代の責任。

この国の政治家に本当に日本を良くしようとしている人が本当に少ない。
ハッタリでも、嘘でもそういうスタンスを感じられないのは絶望的です。

若者が将来に希望を持てないなんて
こんな悲しい国はない。

私たちがなんとかしなくてはいけない。

日本の課題、「人口減少対策・産業競争力の強化」は、「個人の努力・政治家ひとり・投票一票」で簡単に変わるものではないですから、それなりに冷静なのですけれどね。

ただ、バブル崩壊の影響が決定的になった1995年から約25年間、日本人はそれなりに必死にやってきたのですが、あまり良くならない、「喪失感・虚無感・絶望感」にとらわれても仕方ないでしょう。

大きな「衰退」の流れの中で、どう自分が生きていくか、それが精一杯でしょうね。

みんなとは言わないが
自分たちの得になることにしか税金を使えない
政治家ばかりだから、若い人たちは
日本を捨てて海外に目を向けて
グローバルに活躍した方が良いよ。

周りでこの先日本が良くなってくなんて考えてる頭お花畑の楽観主義者は1人もいないはず。超高齢化が進んでこの先自分たちがひたすら時代のツケを押し付けられるのに希望なんてもてるはずがない。「なら投票に行けよ」そういうかもしれないがどこの政党だって年寄りの票欲しさのマニフェストばかり。
教えてくれ、本当に若い世代をターゲットにしてる政党はどこだよ。若者が選挙に行かなかった結果?ハナから自分たちの世代を見てない相手にどう関心を持てと?

今の若い子は優秀な子が多いように感じますが、それでも、未来に希望が持てないのは雑に気の毒です。
社会制度の不安もその一因ですね。

過去において、政官が我が世の春とばかりに税金を使いまくったツケが日本をここまでストックのない国にしてしまいました。

基本的に少子高齢化で終わってる
もう消費もしない、今年も産まれない
衰退社会。みんな感付いてる。
スマホいじる独身の中高年ばかりの社会になる

老人向けの政策や少子化対策の中途半端さ経済の先行きも不安定で年金もほぼ崩壊しているじゃどうやっても希望は持てないよ

給料は上がらず、年金は下がるばかり、大企業は定年までは望み薄。将来を託せる政党は存在せず。老後は孤独死が予想され。なにかいいことを書きたいが・・・。

最近思うんだが、若者を悲観的にしているのは今の年配層では無いか。

『自分達の世代が終わったら日本はもういいや』と言うかのように、悲観的な内容ばかり伝えられている。

個人的にはそこまで悲観する話ばかりではないと思う。
今の若い人達は危機感をしっかり持って自己研鑽しているし、自分の実力が出せるように努力している。

終身雇用が無くなるのはほぼ確実で、その中でもがいて頑張る若者(恵まれなかった氷河期世代も含めて)には、遠くない未来に光が当たるのではないか。

良い意味の人手不足がこれからやってくるから、安くこき使ってきた経営者達に雇われる側の逆襲が始まるのも時間の問題だと思っているけどね。

スポンサーリンク

国や社会を変えられる 若者のネットの反応は?Part2

今の日本は、今後中国や東南アジアが何十年後に見る姿。
日本は、少子高齢化が続く限りは、沈みゆく船。

今の安倍政権が憲法改正に向けて動くより先に最もやらなくてはいけない政策。

女性の活躍、活躍というけれど、働く女性が子供を産んで社会的に得するよりも負担しか増えていかない社会に、明るい未来が見れますか?

良くなる要素がないよね。
特にここ最近は消費税増税、国保上限の毎年のような値上げ、医療費自己負担額の増加、一部の医薬品について保険適応から除外する動き、来年から所得税の実質増税、もう大増税だよ!みなさん気づいてる!?
しかも子供が生まれない。新生児の出産数がほんの数年で激減している。
中高年世代の自分でさえ絶望的な気分なのに、若い人は不安しかないんじゃないか。

当たり前だよね。
政治家はやりたい放題、世界一の重税国家。
選挙じゃ若者がいくら投票したって人数で勝てない。
大学全入時代で借金して、社会に出る時にはマイナススタート。
5人に1人の1人の方が現状を理解してないとさえ思える。

あれだけ中国に対して自由がないだの不平等だのって批判しておいて、
中国の若者の方がよっぽど前向きで希望に満ちて頑張ってるじゃないか。勿論中国だけじゃないけど。
日本人全員反省だなこれ。

日本人は悲観的な傾向にあるらしいけど、客観性を意識して考えても日本が良くなるビジョンは描きようがないんだよな。日本は良くも悪くも安定してるから、急激に落ちぶれることはないだろうけど、少しずつ衰退していく国家だと思う。

高齢者がこれだけ厚遇されれば国は衰退しますよね・・・
他の先進国では認められませんでしたが、やはり現役世代の票を2票・3票とする案が良いと思います。
これから生きていく世代の声が反映されなければ

選挙権の下限年齢があるのだから、上限も設けるべきだ。
どんどん高齢化社会になってるのだから、票のために高齢者のための政策しかやらない。
票の方が大事だから、少子化対策なんて絶対にやらない。

なんでもかんでも若者のせいにしないで下さい。

朝から晩まで働いてるのに稼ぎが少ない方いっぱいいます。
年を重ねるごとに額と負担が増える税金のせいで自由に使えるお金は中々少ない。
それなのに「若者の車離れ」だとか「若者の○○離れ」ばかり。
意味のわからない課税のせいでお金使わせられて色々なものから離れざるを得ないのは当たり前。

上の世代が私たちの歳と同じ頃は今よりも税金が安く、バブル時代は生き生きされていたと思います。

若者が不自由を感じて生きているのに将来、国に期待が持てるでしょうか。

とくに希望を持てないので早く人生終えたいと思っている若者より

むしろ良くなると答えたのが9.6パーもいることに驚きw
少子高齢化は政府の想定よりも早く進んでいくだろう。
日本は既にオワコンなのだ。
戦争や革命が起こらない限り貧富の差はさらに拡大しながらも、全体としては限りなく衰退を続けるだろう。
日本人が海外へ出稼ぎに行く将来も近いだろうな。

自分は20代後半に差し掛かり結婚もしているが正直子供を作ろうと思えない。
夫婦共働きで生活自体に苦はないが、子供の為の費用を計算した時にやはり不安が大きい、果たして子供のやりたい事をさせてあげられるのか、自立するまでに雇用も持つのか。
それだけでなく昨今のSNSの普及に伴う本来言われるはずのない糾弾や言葉の暴力、全体で見れば1分の割合もいないだろうが、子供がうるさいだのと行動を制限させようとする大人。
子供を育てる環境も、育てた先の将来が真っ暗だから、産んでしまったらその子が不幸になってしまうのではないかと不安がよぎってしまう。

スポンサーリンク

国や社会を変えられる 若者おわりに

今回は国や社会を変えられる 若者に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の国や社会を変えられる 若者は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「率直に言うと、「えっ、5人に1人もいるの?」と思いました。20%は大きいでしょう。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事