ドライブレコーダー 事故が沸騰中!事故を防ぐためには?画像や動画は?気になるネットの反応は?

ドライブレコーダー 事故がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

ドライブレコーダー 事故の概要は?事故を防ぐためには?

ドライブレコーダー 事故のニュースが次のように報道されています。

事故を防ぐためには十分な車間距離や急加速、急ブレーキを避けることなどが大切になります。

 高速道路の路面が凍り、自動車20台が次々とスリップしました。

高速道路を走る車のドライブレコーダーです。前方でスリップ事故が起きました。事故に巻き込まれた男性でしょうか。停止するよう手で合図をしています。ところが、事故に気付くのが遅れた車が走り込んできて間一髪、男性は飛びのきますが、そこへまた別の車が。
原因は、路面に薄い氷が張ったブラックアイスバーンでした。黒い路面との区別が難しく、凍っているように見えないことが事故が事故を呼び込む結果となっていました。現場は、橋の上で風が吹き付けるブラックアイスバーンが発生しやすい場所で、結局、この多重事故には、乗用車やトラックなど21台が巻き込まれ、5人が負傷したということです。韓国では、「道路の暗殺者」「冥土の使い」などと呼ばれるブラックアイスバーン。事故を防ぐためには十分な車間距離や急加速、急ブレーキを避けることなどが大切になります。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191203-00000060-ann-int

スポンサーリンク

ドライブレコーダー 事故が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

高速道路に「冥土の使い」凍結路面で21台が次々と・・・

スポンサーリンク

ドライブレコーダー 事故のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

大事なのは速度を出さないことだよね。あとは
高性能スタッドレスタイヤなら平気とかは
頭から捨てましょう。絶対滑らないタイヤも
絶対滑らないシステムも存在しない。
ドライバーがステアリング通して危険予知
するしかない。

ブラックアイスバーンは、本当にわかりません。
特に高速道路は、ハンドルを切ったりブレーキ踏んだりする量が少ないので、普通の人はブレーキ踏んで滑るまでわからないと思います。
東北人や北海道の人なら、路面の光り具合で「もしかして」と思う事はありますけど。

アイスバーンも怖いけど、この手のニュース、日本で起こったのか他国で起こったのか、記事でも動画ナレーションでも後半でやっと伝えている。
アイスバーン、どこであっても恐怖ではあるが、やはりニュースの初めにまずどこで起こったのか伝えて欲しい。 なぜ最初に伝えないのか、その理由が知りたい。

映像で見る限り見通しの良さそうな雰囲気だけど、
減速せずにどんどん突っ込んでくるのは、
やっぱ彼の国の自己中な国民性なのかと思ってしまう・・・。

これが日本車であればメーカーのせいにする事は容易に想像出来る。

教えてくれるのはありがたいだろうけど
目の前で人肉ミンチになる瞬間は見たくないから
安全な所に避難しといてほしいよね(^_^;

夜間のブラックアイスバーンはライトを吸収するのでもしかして・・・?レベルで分かるけど、日中のブラックアイスバーンはたぶん分からん。
いずれにせよ凍結が考えられる路面では速度を抑えて走らないと必ず事故に繋がる。
これからのシーズン、日本でも十分に起こりうる事なので明日は我が身と肝に銘じましょう。

駐車場みたいなところで、時速数キロ(一桁台)のからわざと強くブレーキを踏み込んでブラックアイスバーンのところで滑ってみたことがあるのですが、そんな速度でも止まらず氷をすぎたところで停車。
橋や高架はもちろん、一番注意した方がいいのが日陰。その場合は路面の反射等の判断材料に乏しく、黒いだけ。凍っている可能性が他のところより高くあるので、凍っているかも運転してました。
もちろん、融雪設備の有無、ところどころにある温度計(車種により車にもあります)、そういったことに注意は必要。
一時期北陸にいたとき雪の降り始めが一番怖かったです。冬タイヤにしてない車が多い時期の上、いくら注意してても凍結、雪上での注意点やスリップしそうなときの感覚が前シーズンから時間がたちなくなってる時期で慣れるまでに時間がかかることで嫌でした。
アクセル、ブレーキを急に踏まない、ハンドル急に切らないこと、車間が大事になります。

韓国はスパイクタイヤを沢山製造しているのに自国では使わないのでしょうか?
数年前でも規制されてなかった。
人体への粉塵問題と騒音、道路破壊があるが
今考えてもスパイクは最強タイヤだった。
ラリータイヤのスパイクは特に。

日本の規制がない緊急車両、豪雪地帯には輸入され販売されていますね。各県の条例判断。
それにしても目線が近い運転されるのか?
ブレーキなしで突っ込む黒い車は
ながらスマホなのかも?

この動画を見て言えることはブラックアイスバーンが危険だということはもちろんだが車が突っ込んでくるような危険なところでブラブラするのは愚かだということだ思う

スポンサーリンク

ドライブレコーダー 事故のネットの反応は?Part2

凍ってなくても、橋の上の継ぎ目の鉄の部分でもスリップの原因になります。他人事でないから、道路管理者の方の凍結防止作業には感謝します。

どこで発生した事故なの? ってまず思ってしまいました。見た人が多ければいいという報道の在り方にも疑問を感じることが多いですね・・・読解力が低下したという報道もありましたが、記事を書かれる方の能力にもいささか疑問を感じるこの頃です。

これだけ前方でストップランプ点灯し何か普通で無い状況が見えたら減速して路肩に寄せるだろうに、猛スピードで次々突っこんでくる。
日本では考えられん挙動だな。

何時も事故の起こる所なら重点的に対策しているはずだがそれも無しか?
有っても無視か?
国民性か?

前方で車が立ち往生しているのが見える 見通しのいい道路なのに
どんどんつっこんで事故っていく車。

自分だけは事故を起こさないと思い込んでいる傲慢なドライバーたちの
末路ですね。

減速して滑ってくる車両もあるが、明らかに減速していない車両が多数なのが気になる。
見通しの良い直線区間に見えるがひょっとすると、この直前が比較的Rの小さいカーブだったりするのだろうか?
もし、そうだとすると道路設計の問題もあるかもしれない。

それにしても、撮影者の車両が無事なのはなぜだろう?
撮影しながらも相当な恐怖だったのではないだろうか?

冬場になれば、エアコンの温度計を外気に切り替えて、気温の注意もだし、これだけ滑ってるなら普通に走ってても、前兆はあっただろうに。

スタッドレス過信にしても、酷過ぎる。

車間距離をしっかり取っていて速度を抑えめにしていたとしても、ブラックアイスバーンに乗ってしまえば、あとは運を天に任せるしかありません。

タイヤが満足にグリップしない状態ではできることは限られているので、その中でわずかでも衝突を回避するか、路面が良くなるまで車がスピン状態にならないように我慢し直進するかの二択しかありません。

肝心なのはブラックアイスバーンができないように路面を管理すること、これに尽きます。

冬の高速道路は危険が一杯だと言うことを肝に命じて欲しい。車の中は暖房が効いているので外の感覚がないので気を抜けてしまう。たとえば夜の高速道路のトンネルの入口と出口は凍結しており急ブレーキを掛けたら人溜まりもありません。事故を起こしてからは誰にも責任はないのです。すべては自己責任

この時期は夏道とは違うんだから、もう少し速度抑えて走るべきなのになぁ。
一見濡れてるように見えても凍れてることもあるのに。
滑らないなんてのは、この時期存在しない
冬は滑るものと覚悟しとかんと。

『事故を防ぐためには』の動画解説が全部間違いです。ブラックアイスバーンが発生して、このような止まれないという状況は、まずスタッドレスを履いていない可能性があります。気温7度以下になる場合は、必ずスタッドレスを着用してください。路面温度と気温は異なります。気温が5度を下回る場合は凍結をしている恐れもあります。また車の外気温は即座に気温を反映できず、更新遅れがありますので、基本的に一桁代での運転は速度を出さないに越したことがありませんが、大事なのは路面状況を見極める力です。今回日中でこのザマです。正直素人ドライバーばっかりです。本当に怖いのは夜です。しかしながらまずスタッドレスを着用し、気温に注目をすることで、かなりのリスク軽減になります。実施してください。

スポンサーリンク

ドライブレコーダー 事故おわりに

今回はドライブレコーダー 事故に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のドライブレコーダー 事故は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「高速で事故を起こしたら、道路の外側に逃げましょう。
事故後アイスバーン状の高速に残ってる事は信じられない。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事