パリ協定 離脱 トランプが沸騰中!デモ参加者のコメントは?画像や動画は?気になるネットの反応は?

パリ協定 離脱 トランプがネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

パリ協定 離脱 トランプの概要は?デモ参加者のコメントは?

パリ協定 離脱 トランプのニュースが次のように報道されています。

デモ参加者は「トランプ大統領は石炭の使用を増やそうとしている。ひどい」とコメントしています。

 アメリカでも気候変動への対策を求める声が広がっています。

デモ参加者:「トランプ大統領は石炭の使用を増やそうとしている。ひどい」
ニューヨークなど全米の約600カ所で6日、化石燃料の使用などに抗議するデモが行われました。先月、温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱を国連に通告したトランプ大統領に参加者から批判の声が上がっています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191207-00000026-ann-int

スポンサーリンク

パリ協定 離脱 トランプが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

米各地で環境デモ 抗議の矛先はトランプ大統領にも

スポンサーリンク

パリ協定 離脱 トランプのネットの反応は?

トランプがしたいのはただの選挙対策で、本気で石炭産業を救えるとは思っていないでしょう。

トランプの望みに反して、実際には石炭火力発電所の廃炉や石炭企業の経営破綻が続いています。

アメリカの電気の再エネ比率は日本より高く、広い国土と低価格化のお陰で、風力とソーラーが急速に伸びています。

トランプが吠えるほどアメリカ国民の環境意識が高まっているので、実はかなり環境に貢献している男。ワザとしてる!?

反トランプ派がダンボールのプラカードにソ連のシンボルを掲げているからトランプやトランプ派は、資本主義者だろう。そして、反トランプ派は、共産主義者だろう。私は、自由主義者です。つまり、共産主義VS資本主義VS自由主義の戦いです。簡単に言えばオバマヒラリーVSトランプVS私です。イスラエルユダヤVS超正統派ユダヤパレスチナVS私です。

「やあスティーブお疲れさん、デモ終わったからそろそろ家に帰るか」
「そだな。おっマイクおまえ新車買ったの?いいじゃんそのピックアップトラック」
「ああ、ありがとう。GMのV8エンジン5.7リットルさ。加速いいんだぜ」
「やっぱり車はアメ車に限るな」
「イェー。来週はこいつで遠出してバーベキューさ」
「じゃコンロ用の炭もウォルマートで買って行かなきゃな。忘れんなよ」
すでに肝心なことをすっかり忘れている、二人のアメリカ人デモ参加者であった。

日本でも元鳩山首相が温室効果ガス25%削減構想とか掲げ、相変わらずのルーピーぶりだったけれど、中国などの諸外国が努力してないので地球温暖化は止められないとされているのに、ある意味優等生の日本だけは一生懸命でもね。

公式の場に代表を出せるような組織になれると
いいですね
お祭り騒ぎは韓国だけでいい

ならアメリカも電気自動車を使えば良いだろ?

基本的に言えばアメリカ大陸に白人がいること自体が害の最たるものでしょうネイティブを抹殺し、環境を破壊したのは白人でしょ。

デモをしている割に、物質文明最大の恩恵を受けて一人当たりの温室効果ガスが世界一多いのはアメリカですが、こうした理由から単にデモに対して非難するのではなく、彼らが環境問題についてよく考え、問題解決にとってどの様な態度が必要なのか自ら導き出せる様な教育が必要だと思います。
もちろん日本でもメディア報道に刺激されたデモが増えそうですが、まだ育っていないのが実情のようです。

ほんとくだらないデモ
こいつらだって家帰れば、照明から始まり、風呂入り、美味いもん食いと普通に化石燃料使う生活送っててデモするとは不謹慎だよ。一年間1グラムも化石燃料を使わない奴がデモを起こすならまだしも。

まずアーミッシュになりなさい。NYなどの巨大都市生活者なんて最も化石燃料の恩恵を受けて便利な生活をしてる連中だろがよ。
まずNY証券取引所から石油メジャーや重工業、自動車産業を排除しとけw

スポンサーリンク

パリ協定 離脱 トランプおわりに

今回はパリ協定 離脱 トランプに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のパリ協定 離脱 トランプは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「日本人が無関心というのが不思議だ
特に若い世代は
自分たちの未来を潰されているというのに」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事