メディア 行動規制が沸騰中!抗議文は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

メディア 行動規制がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

メディア 行動規制の概要は?抗議文は?

メディア 行動規制のニュースが次のように報道されています。

抗議文はニューヨーク・タイムズやAP通信などアメリカの複数メディアのスポーツニュース担当者13人による連名で大会組織委員会に出されました。

 東京オリンピックでの外国メディアの行動規制にアメリカの複数メディアが抗議文を出した件で、ニューヨーク・タイムズは「組織委員会とさらなる議論を望む」と再検討を求めました。

 抗議文はニューヨーク・タイムズやAP通信などアメリカの複数メディアのスポーツニュース担当者13人による連名で大会組織委員会に出されました。

 GPS(全地球測位システム)での行動追跡やワクチン接種済みの記者も一律に行動規制の対象となることに懸念を示しています。

 大会組織委員会の橋本会長は2日の会見で「すでに回答し、理解してもらった」という認識を明らかにしました。

 しかし、ニューヨーク・タイムズは2日、「組織委員会とさらなる議論ができることを望む」というコメントを出しました。

 組織委員会に再検討を求めた形です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

メディア 行動規制が沸騰中!画像や動画は?

これが今回のメディア 行動規制に関しての画像や動画です。

メディア 行動規制の動画をどうぞ。

メディアの行動規制 NYタイムズ「更なる議論望む」

スポンサーリンク

メディア 行動規制のネットの反応は?

GPS(全地球測位システム)での行動追跡やワクチン接種済みの記者も一律に行動規制の対象となることに懸念・・・

本当にそれで規制できると思うなら、日本のお行儀のよい記者クラブの記者しか知らないのではないだろうか?行動規制は、結果、有ってないようなものに近いのだろう。

やっぱりね。
一旦「サンキュー」と言われたのに、更にそれ以上のことを要求してきた。
つまり、当初の要求を簡単にのんだから、もっとそれ以上要求できると、足元を見られたといったところだ。
相手の意図を確認することもなく、相手と交渉することもなく、適当に考えて対処した結果、こうなったのだ。
相手は次々と、新たな手を使って、緩和や例外を認めさせることになるだろう。
結局のところ、メディアの行動規制など、有名無実、実質骨抜きにされるんだろう。

リモート取材にすれば良い。
それなら記者から選手に感染させる事もなく、
国民が記者から感染することもなく、
記者が国民から感染することも無い。

先だっての大坂なおみ選手の件で、
マスメディアの在り方が問われている。選手への精神的苦痛を与えない為にも、リモートで。

日本では、高齢者も医療従事者も、
開幕にワクチン接種完了が間に合わないので、これができないならば記者の入国はお断りします。

始まったね。こういうわがままを言うやつらがどんどん出てくる。「例外」「緩和」「おもてなし」でやりたい放題になるだろう。公然とルール破るやつも出るだろうし、日本人はそれを止められないだろう。選手の中からもルール破りは出てきて、あっという間にバブル崩壊する。

橋本聖子、昨日「説明してわかってもらえました。最後にサンキューという言葉ももらえました」って言ってたけど、「サンキュー」の部分しか英語が分からなかったんじゃないのかと思う。

スポンサーリンク

メディア 行動規制おわりに

今回はメディア 行動規制に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のメディア 行動規制は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回メディア 行動規制について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

メディア 行動規制の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

メディア 行動規制の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事