歴史的史料 油性ペンが沸騰中!天草市は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

歴史的史料 油性ペンがネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

歴史的史料 油性ペンの概要は?天草市は?

歴史的史料 油性ペンのニュースが次のように報道されています。

天草市は「所有者の方々に対し、深くおわびしたい。早急に修復や補償の協議をしていきたい」としています。

 市の職員が歴史的史料に油性ペンで直接、文字などを書き込んでいました。

文字などが直接、書き込まれていたのは、熊本県天草市の天草ロザリオ館などに保管されている掛け軸やびょうぶなど180点です。2010年に市が保管する数万点の史料を整理した際に市の職員が油性ペンで番号を付けていました。史料は展示会などのため、市民などから市に預けられていたもので、なかには県の指定文化財もありました。天草市は「所有者の方々に対し、深くおわびしたい。早急に修復や補償の協議をしていきたい」としています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191217-00000068-ann-soci

スポンサーリンク

歴史的史料 油性ペンが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

“歴史的史料”に市職員が・・・油性ペンで書き込み

スポンサーリンク

歴史的史料 油性ペンのネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

大変なことをしたと、思ってますと取れない、インタビューで喋ってた人物の
ヘラヘラした笑いながらの話し方。
価値が判らないにも、程があるけどね
まぁ!お役所仕事の中の1つですよね

市役所からすれば文化とか興味なくて
厄介な物を押し付けられた感じなんでしょう
美術品の扱いにありありと出ています。
寄贈して良い事をしたと思っているのは
所有していた人だけかもしれません。
こういう物は価値が解る美術商に売るか
ちゃんとした美術館に寄贈した方が無難です。

本人は褒められると思ったのだろう。でも、博物館では展示物に直接、番号が記入されているけど、あれは直ぐに消せるものなのかな?

こういうことする人って物も人もぞんざいな扱いをする。一般的な物や人への敬意がないんだろうね。

沖縄の首里城の件でもしかりだが、文化財をもっと大切に扱ってほしい。とくに役人なら当然のこと。あまりにもずさん

「改竄」された文化財は価値が無くなることを知らなかったのでしょうか…。取り扱い上の注意点は、学んでおくべきだったんでしょうね。
謝って終わる問題にならない、事例と云えるでしょう。

所有者の方のお気持ち、
いかばかりかと思います。

これは…。保管用に新たに用意した入れ物になら油性ペンでも良いとは思うけど、膨大な数はあれど、他の方法はなかったのですかね…。

高校や大学出て地元の安定した就職先で選んだだけの人達ですからしょうがないでしょう(笑)
歴史的資料とか希少価値とか思い入れ等は1ミリも無いようですからね。
彼らにとっては、書類や備品の管理と同じで識別と時間の節約が最優先ですからね。
本来業務の障害物でしかないんですよ。
定時業務終了が最優先事項です(笑)

これとはレベルが違う話だけど、むかしクリーニングに服を出していた店では服が返ってくると襟元や脇についてるメーカーのタグに直接マジックで苗字がすべて書き込まれるのが嫌だった。しかも鈴木は多いので間違えないように、地名のヒントとセットで暗号のように。
市役所の近くならヤクショスズキとか。
仏壇屋近くの友人の田中はブツグタナカだった。

知識が無いのに任せる方にも問題が有る、監督不足だろう

スポンサーリンク

歴史的史料 油性ペンのネットの反応は?Part2

歴史的に価値のあるものを、何も知らないど素人の職員にどうして触らせたのだろうか。
触らせることにも問題がある。手袋して触ったのだろうか?
本来なら学芸員が管理するべきでしょう。
もう、もう元には戻らないし、弁済もできない。せめて、後でとれるシールだったらよかったのに。

地方都市には専門家が少なく、文化財保護の意識も低いのだと感じます。職員は学芸員資格がなかったのではないでしょうか?

修繕できるといいですね

その職員の年齢が気になる

ここまで思慮の欠けた行為を躊躇無く
実行する能無しを採用する市役所って?

もう日本にはこんな程度の労働力しか残っていないのか
そうでは無いことを願うのみだ

こういうときに当事者は絶対に出てこない
もちろん市や監督する立場の上司の責任は重いが、こんな判断もできないで市職員に採用されたのはどんな人物なのか知りたい

職員採用する時に専門性を持った人間を入れるだけ。学芸員資格持ってる人材なんて世の中にごまんと余ってるのに。どの業務にも使える万能人材が欲しいなんて甘い考えしてると、どの業務にも使えない人材しか集まらないんだよな。

博物館に勤務しているにもかかわらず、預かったものに直接書き込みをする事は器物損壊になるということすら知らなかったのでしょうか。知らなかったとしてもモラル的にためらうものだと思いますが?誰からの命令でやったのかもきっちり明白にすべきですね。

まあ、市の職員というのは、その文化程度なのですよ。
試験をうけて合格したと威張ってるけど、記憶だけのこと。
実際の応用力は、ほぼない。
だって自分で考えるより、上からの指示待ち人間ばかりだから。

退職した市の職員さん、いっぱい知ってるけど。
決断力はないし、工夫する力もない。
右左を眺め、いろいろ言うだけで、結論とか自分の意見は???
そんな環境にいる人ですから、文化財をどうすべきかなんて、
自分で考えることを期待しても、無理!

全く知識も能力もない職員を配置した結果だと思う
当の本人は、楽な部署に異動になったから喜んだと思うけど。
役所人事の弊害だと思う。

指定文化財クラスになると一応所有者はいても、所有者が納得すればそれで済むという話じゃないと思う。
どうしてそういう価値が分からない人のところに渡しちゃったのかな。

文化財の展示なんかでガラス越しにしか見られない物はどうしてそうなってるのかとか考えないんだろうか。

別に本件に関わった職員がその史料をどう軽視してようと勝手だけど、価値があるものは価値の分かる人が責任を持って管理するべきで、国立博物館に国宝を展示する際にガラスケースに入れなかったらそれは博物館の責任も問われるだろう。なんで価値が分からない人間に管理を任せたのか、子供に家計の管理をさせるようなもんじゃないか。

市役所の職員の大半はとても質が低い、どこの自治体でも感じていると思う。
関わったことのある人なら分かると思うが死んだ魚のような目で
ぼーっとした話が多く、いつまでも結論が出ない。
そして自分の事にしか興味がないのでこのような行いをする。
私も役所の職員の手落ちで資格をフイにした事がありますので、
彼らの適当さは痛いほど知っています。
我が市の財物としている美術作品が盗まれた事がありますが、だれでも取れる場所に数千万のモノをポンと置いてあったのです。
市職員なんてどこもこんなものです。

スポンサーリンク

歴史的史料 油性ペンおわりに

今回は歴史的史料 油性ペンに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の歴史的史料 油性ペンは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「普通に考えてダメでしょう。おかしいって思わなかったのだろうか?また誰の命令でマジック書きしたのかも明確にしてくれ。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事