ハードディスク 転売事件が沸騰中!高橋容疑者の供述は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

ハードディスク 転売事件がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

ハードディスク 転売事件の概要は?高橋容疑者の供述は?

ハードディスク 転売事件のニュースが次のように報道されています。

高橋雄一容疑者(51)は別のハードディスク12個を盗んだ疑いで警視庁に逮捕されていて、「1000万円稼いだ」と供述しています。

 ハードディスクが廃棄を請け負う業者の元社員によって転売された事件で、神奈川県とハードディスクの廃棄を含めたリース契約をしている会社の幹部らが知事に謝罪しました。

神奈川県とハードディスクの廃棄を含むリース契約をしている「富士通リース」の小西秀智社長が県庁を訪れ、転売事件について黒岩祐治知事に謝罪しました。富士通リースから廃棄を請け負っている業者の社員だった高橋雄一容疑者(51)は別のハードディスク12個を盗んだ疑いで警視庁に逮捕されていて、「1000万円稼いだ」と供述しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191218-00000022-ann-soci

スポンサーリンク

ハードディスク 転売事件が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

HDDリース会社が神奈川県知事に転売事件を謝罪

スポンサーリンク

ハードディスク 転売事件のネットの反応は?

これ、県庁側はなんて応えたのかな?
業者に丸投げしてる県庁側にも非はあると思いますよ?
責任はデータを扱う県庁が1番大きいのですから
データを削除するだけじゃなく容易に復元できない状態にしてから業者に渡さなきゃね

名前がメジャーでも丸投げしている業務もあるから、困ったものだ。

謝罪で済む問題ではなく、きっちり金銭で解決すべき。もちろん、神奈川県の監督ミスによる過失は相殺されるべきだが。

でも、きっとここだけじゃなくて他にもある。
特に、オークションなんて、そういう品物も出ていると思って見ないといけない。

丸投げだという声がありますが、富士通リースとして受けた仕事を外注先にやらせただけですから、それ自体は悪いことではありません。下請けに丸投げ、再委託にもあたりません。もちろん監督責任は問われますが、間違った情報をもとに批判するのはやめましょう。

システム管理者が完全にデータ消去してから業者に渡せば良いだけの事。

これを機に富士通からパナソニックに鞍替えしては?。

知事も「怒りは収まらない。」とおっしゃっていましたが、この社長じゃあ駄目だろ。と思ってしまう雰囲気が滲みでてました。

いろんな県の年金機構のPC、大丈夫ですか?リース返却ちゃんとした?ぐだぐだで中国に売られてませんか? チェックした?ブロードリンクも買ってたよ。

これでテロや詐欺被害が起きようものなら謝罪程度じゃ済まない。

でも、この知事も悪い事してますからね!

県民への謝罪は?
というか、謝罪で済む問題ではない。
会社の倫理遵法そのものを、抜本的改革して、その改革内容公表、経過公表、していかないと、失った信頼は戻らず、廃業だね。

スポンサーリンク

ハードディスク 転売事件おわりに

今回はハードディスク 転売事件に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のハードディスク 転売事件は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「謝罪したところで信頼が回復するわけではないが、謝罪をしないともう神奈川県から入札に呼ばれないかもしれませんからね。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事