ブルーライン 事故が沸騰中!男性運転士は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

ブルーライン 事故がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

ブルーライン 事故の概要は?男性運転士は?

ブルーライン 事故のニュースが次のように報道されています。

男性運転士は事故の約1年半前の検査では軽症と診断されたため、治療は受けていませんでした。

 運転士が重症の睡眠時無呼吸症候群と診断されました。

横浜市の市営地下鉄ブルーライン踊場駅で8月、乗客を降ろした後の回送電車がオーバーランして壁に衝突しました。横浜市によりますと、42歳の男性運転士は「居眠りをした」と話していて、事故後の検査で重症の睡眠時無呼吸症候群と診断されたことが分かりました。男性運転士は事故の約1年半前の検査では軽症と診断されたため、治療は受けていませんでした。市は男性運転士を停職1カ月の懲戒処分にしました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191219-00000049-ann-soci

スポンサーリンク

ブルーライン 事故が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

運転士は重度の睡眠障害 地下鉄オーバーラン事故

スポンサーリンク

ブルーライン 事故のネットの反応は?

自分も他社で運転士していますが、よくぞまぁこんな寝不足で働かせて不安じゃないな、と思うほど寝る時間は少ないです。
シャワーぐらいは浴びて寝るし、起床時刻までに起きるって言っても、それはギリギリの時間に設定されているので、洗顔や着替えの時間も考えたら15分ぐらいは余裕を見て早く起きる必要がある。

泊まり勤務は午後から翌朝なのですが、そこに詰め込まれすぎて居眠り運転するのも無理はないと思います。
朝ラッシュなんか、駅や沿線にも人が多くて周囲にも乗り心地にもすごく気を使う時間なのに、ほとんどが泊まり明けで眠い運転士が担っていますからね。
まぁ列車同士が衝突することは保安装置(安全装置)のおかげであり得ないので、国もあぐらをかいている部分はあると思います。
そう考えると、停職1ヶ月は給料一月分の罰金と同じなので(ボーナスカットも考慮するともっとだ)、重すぎるかなと思います。

地下鉄の保安装置はATCが多いが終端防護装置が付いていないところが多いようです。
私鉄のATSの方が終端防護装置が付いていることが多いので仮に居眠りしていても非常ブレーキが自動で作動して衝突を回避できるようです。
ヒューマンエラーに限界があるなら終端防護装置を設置することを検討することも必要だと思います。

鉄道会社はいつまでも昭和の適性検査を踏襲して変えようとしてないから、応募者が多くても採用者は増えない。
そもそも鉄道業界の採用試験は実務に即した適性を見てるわけではなく、会社の言いなりに動くかどうかしか見ていない。
だから会社を改善しようとするやる気のある人材は落とされるし、入社した人材が会社に異を唱えて変えようとする行動すら起こさない。
鉄道業界以外はやる気のある人材を増やす為に入社試験を見直してるから、同様の問題は起きていない。
鉄道会社の作った間違った適性検査を正しいと思い続ける社員を育成し続ける限り、人材不足は解消されないだろうね。

たまたまかもしれないけど、ケガ人、死者が出なくて良かった。

トラック、バスの運転手で人口密度の高いところやったら・・・・

業務や私用に関わらず全てジャンルの運転手にも睡眠障害の検査が必要かも

以前JRの運転士が泊まり勤務で夜間の休憩時間は標準で5時間だと言っていました。

その5時間も電車を車庫に停めて、翌朝に次の電車を起こすまでが休憩だから、職場で後片付け、着替えて風呂、起きて洗面着替え、仕事の準備をすると3時間程度しか寝れずそのまま昼頃まで運転するそうです。

駅はもっと睡眠時間が短いそうで、電車が遅れたりすると睡眠不足のまま苦情対応もしなければならず、辞める若い人も多いそうです。鉄道は責任が重く苦情も多いので人手不足で、過酷な勤務を改善できるような余裕のある鉄道会社はないみたいですね。

鉄道乗務員は他の泊まりの仕事と違って、毎日違う時間に出退勤。午前日勤、午後日勤、中休勤務、泊まり勤務などの系統をごちゃ混ぜして毎日勤務してます。仮眠は4時間、泊まり手当は数百円(笑)、公休日は御用組合が用意した残業系統を儲けで乗務(基本給が安いので)、人手不足で欠員があれば代務職場なので永遠に休みは残業。もちろん自分も休暇使えない。年間休日40〜50日。睡眠障害なりますて。

怖いニュースだけども、運輸業界でこういう睡眠障害が続発しているのって、人が足らないところから来てるんたよね。
税金やら経費やらの無駄遣いだと給料を下げて不人気業種にしたツケとも言える。
人を増やすか自動運転にするか、どっちにしてもとっととやらないとね。

鉄道関係者のSASは本当に多い。定期的に検査して、促しても真面目に治療する人は一握り。理由は大概、面倒くさいから。不思議とこういう人が多い疾患のイメージ。人の命を預かる仕事だし、真面目に治療してほしいものです。
あと、質の悪い睡眠しか出来ないせいか、逆上する人が多い…。

CPAP治療をしましょう
お近くの睡眠外来をやってるクリニックへ

これで懲戒処分はとんでもない!あまりにもひどい!SASになってしまったのは会社の社員に対する健康判断が甘かったせいじゃないか。いや~ひどい!完全に労災申請しなければならないよ!しかし頭に来るなぁ社員に何でもかんでも責任を擦り付けやがって!良く平気で懲戒処分の決定にするよ!

スポンサーリンク

ブルーライン 事故おわりに

今回はブルーライン 事故に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のブルーライン 事故は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「朝の通勤帯の運転士は、前日から勤務で睡眠3〜4時間だから、病気でなくても普通に、寝不足で居眠りしちゃうと思いますよ!
家で寝るのとは違うし、運輸業界は睡眠時間だけは、しっかり作って欲しいですね。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事