アメリカ クマ 犬が沸騰中!犬の飼い主は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

アメリカ クマ 犬がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

アメリカ クマ 犬の概要は?犬の飼い主は?

アメリカ クマ 犬のニュースが次のように報道されています。

犬の飼い主は初めてクマを見たので、夢中で撮影したと話しています。

 偶然、鉢合わせた野生のクマと飼い犬が予想外の交流です。

アメリカ・カリフォルニア州の山道に止まった車に野生のクマがゆっくりと近付いてきます。車のボンネットに覆いかぶさると、中にいたペットの犬に興味津々です。犬も終始、落ち着いた様子でガラス越しに鼻を近付け、まるで仲良くあいさつしているかのようです。その後、クマが後ろの方に回り、車によじ登りました。車体に少し傷が付いてしまいましたが、車の中にいた犬の飼い主にけがなどはなかったということです。犬の飼い主は初めてクマを見たので、夢中で撮影したと話しています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2019

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191219-00000051-ann-int

スポンサーリンク

アメリカ クマ 犬が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

森のクマさんと車のワンちゃん ガラス越し“挨拶”

スポンサーリンク

アメリカ クマ 犬のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

クマも警戒心ないけど、人間がそれ以上に無さすぎてビックリ!
車の窓ガラスくらい割ろうと思えばやれるよ。
ちょっと自然を舐め過ぎじゃない?

アナウンスで嬉しそうな感情こめて話すのはどうなの?
熊の危険性を伝えなきゃいけないでしょ。
グリズリーなんて車の窓ガラスなんて平気で割って仲に入ってくるし
人間慣れしてしまったら近づいてくる確率が高くなるからお互いにとってデメリットしかない

動物園じゃないんだから、真似しないようにこんな放送するべきではない。速やかに離れることを促さないと

熊のほうは腹減っててやるつもりならすぐにでもやってると思う。タイトル通り興味があって覗いてるだけでしょう。投稿者の友人の近くの車の中からはハンターライフルでいつでも撃てる状態であったため落ち着いて撮影が出来た。であって欲しい。

とてもにこやかなニュースですね
って思うわけねーだろ
無茶苦茶こえーわ

海外の動画では熊に寛容に接しているのをみかけます。日本のツキノワグマは今年度5000頭を超える史上最大の補殺数となるとか。小泉大臣が調査すると答弁してましたが、まともな調査をして、環境保全をしてほしい。熊の保護は国土の保全につながります。秋に痩せ細った熊が倒れているような国は山も川も痩せ細っているのです。

これが日本で起こったことでも、この原稿を読んでいるアナウンサーは
同じトーンで読むのだろうか。

何でほのぼのとした映像っぽく報道してるの?どう見ても熊襲う気満々、九死に一生を得た動画でしょう

>まるで仲良くあいさつしているかのようです。

微笑ましく描くくらいなら、車中に招いて仲良くしている絵も欲しい所だ。

これと同じような事北海道で知床かな?観光客がね、そのうち食われるかもね

少しでなく、大分車に傷がついたでしょうに。

スポンサーリンク

アメリカ クマ 犬のネットの反応は?Part2

遭いたくない。
ガラス割る位のパワーあるでしょ。

よくビデオ撮ってられたもんだ

このクマからは警戒心が感じられない。なんかおかしい。

森のクマさんとか、甘っちょろい
タイトルで笑った。
向こうが本気になれば人なんて
ぼろ布にされるのに。

すごいな。リアルジェラシックパークみたいだ。

うわぁこれは怖いだろー
犬も落ち着いてるように見えないけどな…
怖がってない?

海外にはたまにアホかと思うような呑気な類の人間がいるよね・・・。

日本だったら怖いよね。

怖い怖い怖い怖い。しろくまカフェのシロクマさんとグリズリーさんは大好きだけど、本物は赤カブトみたいなもんだから。

わあ、とっても和やかなニュース♪
癒されるわあ~!

…なワケないでしょw
挨拶っていうか「食料」を吟味してただけだと思う。

飼い主さん、次に痛い目に逢う前に
逃げるマニュアルを作っておいてください…

スポンサーリンク

アメリカ クマ 犬おわりに

今回はアメリカ クマ 犬に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアメリカ クマ 犬は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「窓ガラスが開いていたら…挨拶では
無くなっていたと思う。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事