常磐線 転落が沸騰中!警察によると?画像や動画は?気になるネットの反応は?

常磐線 転落がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

常磐線 転落の概要は?警察によると?

常磐線 転落のニュースが次のように報道されています。

警察によりますと、女性は電車が来たと思い、乗り込もうとして足を踏み出し、ホームから転落したとみられています。

 女性(64)は電車が来たと思い、乗り込もうとして転落したとみられています。

JR東日本や消防などによりますと、6日午前8時15分ごろ、茨城県石岡市のJR常磐線石岡駅で白い杖を持った視覚障害のある女性がホームから転落しました。電車の運転士が女性に気付いてブレーキを掛けましたが、止まり切れず、女性は2両目とホームの間に挟まれました。女性はすぐに近くにいた男性に助け出され、頭部打撲の軽傷で命に別状はありませんでした。警察によりますと、女性は電車が来たと思い、乗り込もうとして足を踏み出し、ホームから転落したとみられています。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200106-00000041-ann-soci

スポンサーリンク

常磐線 転落が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

電車が来たと思い込み? 視覚障害の女性が線路転落

スポンサーリンク

常磐線 転落のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

他人事ではない、後天性の病などで、誰もが視覚障害を持つ可能性がある。
鉄道事業者に補助金を出して早急にホームドアの設置を進めるべき。
オリンピックや桜を見る会など、無駄なことに税金使う前にも、改善するべきことがあるでしょう。

視覚障害者の方は自分の記憶を頼りに動いているそうです。何歩、歩いたら曲がるとか、横断歩道があるとかそういうのを覚えているそうですよ。たぶん、この女性は音を聞いて過去の記憶から電車が来たと勘違いしたんでしょうね。
二度とこういう事故が起きないように対策をしっかりして貰いたいです。

知人をホーム転落で亡くしました。
それ以来、視覚障害者の方にはお手伝いすることはありませんか?と積極的に声を掛けています。
視覚障害者の方も周りの方に、ホームや階段、電車に乗り込むまで助けを求めて欲しいなと思います。

白杖を持っている方がいたら、過度な世話焼きは必要無いかも知れないが、周囲の優しい「見守り」は、必要かも知れない。

怪我で済んでよかったですが…
ホームドアのない駅では白杖を持った方には危険なので積極的に声をかけていく必要もありますね。
今回は不幸中の幸いでしたが…

地下鉄にて。
視覚障害者の方が杖で電車に乗ろうとしていたけどドアの位置が分からず、車体に杖を何度もぶつけていた。

すぐに他の乗客と協力して、ドアまで誘導して事なきを得ました。
こういうこともあるので、やっぱり声掛けは大切だと思います。

命に別状がなくて不幸中の幸いでしたね。
ハンディキャップをお持ちの方が安全に利用できるようにまわりの支援も大切だと改めて感じました。
JR東日本では定期的に「声かけサポート運動」というものをやっていますがなかなか声をかけていいのか(おせっかいにならないかという意味で)と悩んでしまいますよね。
できるだけ多くの方が公共交通機関を安全に、欲を言えば快適に利用できるよう現実的なアイデアをみんなで考えていきたいですね。

白い杖をを持っている人が居たら出来るだけ危ない事にならない様に側に立つようにしています。「何メートル先に段差があります。」とか声をかけてあげたりすれば少しはお役に立てるかもしれない。
もしかしたら余計なお世話かもしれませんが・・・。(実は毎日歩いてて知ってるかも)

先月、「無茶苦茶余計なお世話かも知れない」と思いながら、横浜駅のホームを白い杖をついて歩いていた男性に声をかけて、電車に乗るまで誘導してしまった。
慣れてる風ではあったので、余計なお世話だろうと思いつつ、電車の入り口開いて、皆降りて乗ってるのに動かないから、わからないのかと思って。

また別の時に横浜駅で白い杖をついて階段歩いている女性がいて、大丈夫かなと思いつつそばを歩いていたら、若いお嬢さんが声をかけたので安心してお任せして、方向違うので自分はそのまま行った。

白い杖の人ってそうやってまわりが見守っていることが多いけれど、それでも24時間常にそういう人たちがいるわけでもない。

視覚障碍者だけがホームから落ちるのではなく、車椅子の人たちもホームの傾斜に勝てずに時々落ちている。

鉄道会社だけに負担させず、社会への安全度ということで小さな鉄道会社には国から助成金があってもいいと思う。

朝の8時なら出勤の時間。学生もいただろう。人間と言える人間が近くにいたら声をかけて落ちる事すら防げたと思うが。
電車が来ていないのに杖を持った人がホームの端に動き出したら、普通大丈夫か見ると思うのだがな。まあ、今の日本人はスマホばっかり見ていて他人の事なんか気にしていられないんだろう。それもまた悲しい世の中だな。

スポンサーリンク

常磐線 転落のネットの反応は?Part2

(青ぽち押されるかもしれませんが)
「ホームドア」と言う意見の方で 視覚のハンデを持った方に 積極的な支援をするような方は 居ないんじゃないか と思います

※意見を言う前に やれる事を やりましょう と言う意味です

最近の電車は停車中も静かなので判断できないでしょうね
動く物には作動音や走行音が必要ですね

視覚障害者の方が言っていた。
黄色の点字ブロックはなぜ、
ホームの電車に一番近いとこにあるのかと。
目の見える人は、みんな、点字ブロックの手間で待つのに。

点字ブロックが1番危ない端にあるのも問題ですよね。
障害を持つ方が安心出来る世の中にするには周りのサポートが何よりも大切です。スマホ見る前に周りを見ましょう。

俺も目を患っていて、一昨年の年末にほぼ視界が失われて、歩くのもままならなかった。
※手術して細かい文字とかは苦手だが
大分復活した。
この方が不幸中の幸いとして怪我で済んだのが何よりだ。

こういう事故があるとホームドアをつけろ
と騒ぐのが必ずいる。

その前に近くにいる人間は気にもしないのだろうか?
JR東は首都圏のすべての駅にホームドアを設置する発表をしているはず。

電車がホームに止まる開くドアみたいな物が線路への転落防止とかのために増えて来ました、予算掛かると思いますが目の不自由な方や事故防止の為にも多くの駅に増やして欲しいです。
私たちが目を配っておくのが大切ですね!

このような事故があるたびに、「ホームドア、ホームドア」と言われるが、日本全国にホームドアが無い駅がいくつあるか分かっているのだろうか。ちなみに、私には正確な数は分かりません。簡単に国が補助を、とは言うけれど、桜の件や議員歳費等を削った所で、ホームドア設置が歳出の優先順位がそこまで高いとも思えません。もっと必要なお金の使い道はありますし。(少子化対策、自然災害に対するお金等々)
視覚障害の方には酷かもしれませんが、世の中、絶対安全なんてあり得ません。障害の有無に関わらず、極論、自分の身は自分で守るしかないと考えます。
ちなみに、人身事故が多発するからと、線路を高架化せよ、との意見も同様。言うは易し、行うは難し、だと思います。

巨大駅のホームでさえ案内の駅員が不在の場合が多い。
ラッシュ時もいるか?の保証も不明。
ホームドア設置は急務だが、現実的には10年以上かかりそう。
費用は無論、技術も。

64歳といったら視覚障害がなくても転倒リスクは高まる
何でもかんでも障害者優先 障害者に手厚い支援をと叫ぶ人たちはその資金は天から降ってくるとでも思っている
朝から晩 寝ずに一晩中 どれだけ働いて税金を納めているのか知らない
こういうことを平然と叫ぶ人たちは税金を納めているのか
障害がある人も自分の身は自分で守る
自分で守れないなら付き添いが必要
日本には資金も人的資源も限界がある
今後益々税収は落ちていく

スポンサーリンク

常磐線 転落おわりに

今回は常磐線 転落に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の常磐線 転落は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「怪我で済んでよかったです。
こういう方々が暮らしやすい世の中になって欲しい。
明日は我が身かもしれませんから。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事