金沢市 事故が沸騰中!けがは?画像や動画は?気になるネットの反応は?

金沢市 事故がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

金沢市 事故の概要は?けがは?

金沢市 事故のニュースが次のように報道されています。

この火災でこの家に住む70代の男性と80代の女性が病院に搬送されましたが、男性の死亡が確認され、80代の女性は顔にやけどを負って治療を受けているということです。

 金沢市で火災現場に向かっていた消防ポンプ車が交通事故で横転し、男性5人がけがをしました。

14日午後4時すぎ、金沢市の住宅で火災が発生して消防団のポンプ車が現場に向かっていたところ、右から出てきた軽ワゴン車と衝突して横転しました。消防団員の男性3人と軽ワゴン車を運転していた30代の男性が軽いけがをしたほか、自転車で信号待ちをしていた中学3年の男子生徒も軽ワゴン車と接触し、軽いけがをしました。また、この火災でこの家に住む70代の男性と80代の女性が病院に搬送されましたが、男性の死亡が確認され、80代の女性は顔にやけどを負って治療を受けているということです。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200115-00000005-ann-soci

スポンサーリンク

金沢市 事故が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

火災現場へ急行中に消防車が事故で横転 金沢市

スポンサーリンク

金沢市 事故のネットの反応は?

サイレンを鳴らして緊急走行する消防車が最優先なのに、なぜ軽ワゴンは平然と交差点に侵入しているのか。
人が命がかかっているのに…
軽ワゴンの運転手は急いでいたのかもしれないけど、ハザード付けてちゃんと止まるべき。

つい先日も緊急走行中の救急車とプリウスの事故がありましたよね。
救急車はサイレンを鳴らしており、周りの車は止まっていたのに、そのプリウスは交差点を結構なスピードで突っ込んで来たようです。

こういう事故をおこした運転手は厳罰にした方が良いと思います。
教習所で教官をしている友人曰く、今の30代から下の年代の運転手は、道交法の知識も意識も低い人が多いと言っていました。
それは教習所の教え方の問題だとも言っていました。
高速の追い越し車線は2キロ以上走行してはならない事なども、この年代の人達は知らない人が多いようです。

軽自動車はサイレンとか聞いていたのかな。音楽を聴いていたりしたのか?。緊急車両は法律以上に優先させる意識が石川県は少ないのかなあ?。自分の家の火事や、自分の家族のための救急車の走行もとるに足らないものと認識しているのかなあ?。

緊急自動車が緊急走行をしている時は、いかなるシュチュエーションでも一般車両が10割悪になります。これは過去の裁判判例によるものです。これが担保されなければ緊急走行はできません。この事故で破損した車両の修繕費は全額、軽自動車の運転者が負担することになります。消防車は車体ももちろんですが積載物も高額なものが多いので、かなり高額になるでしょう。

緊急車両は緊急走行中に一定の法を違反しても違反にならないだけで、交差点内では青信号側が優先なんですよね。必ず裁判で緊急走行側がこういう場合負けるようです。
現役団員ですが消防本部より説明された事があります。
結局は事故を起こした者が負けなのでしょうか。
サイレン吹鳴したり緊急走行の要項を守って走行しても、避けてもらえない事は多いです。

このご時世、徐行すると我先にと目の前を通過する車が多い。しかも、歩行者なんざ我関せずで渡ってくる。
もう、極端にどんなの事があろうと緊急車両にぶつかった方が悪いとかにしないと…
広報だけじゃ誰も聞きやしないよ。

緊急車両の無視がのちのちどうなるのかわからなかったのかな。サイレン聞こえなかったのかな。

大型トラックなら聞こえないけど、軽トラなら聞こえるはずだが。。。

消防団員の運転ですかね。
ポンプ車は安全確認をちゃんとしてたのかな?
原因は定かではないが緊急車両側も徹底しなければならない

人を助ける仕事をする人が逆に助けられてどないすんねん。現代を象徴する典型的な例だ。こんなのに我々の血税が使われてると思うともうウンザリだ!

スポンサーリンク

金沢市 事故おわりに

今回は金沢市 事故に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の金沢市 事故は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「サイレン聞いてもマナーの悪い運転手や歩行者が多すぎる。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事