李容浩 演説が沸騰中!外交方針?画像や動画は?気になるネットの反応は?

李容浩 演説がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

李容浩 演説の概要は?外交方針?

李容浩 演説のニュースが次のように報道されています。

李善権氏はこれまで韓国との交渉を担当し、強硬派として知られていて、北朝鮮がアメリカに対してさらに強気の外交方針を取る狙いがあるとみられます。

 北朝鮮メディアは、外相に軍出身の李善権(リ・ソングォン)氏が新たに就任したことを初めて伝えました。アメリカとの非核化交渉が行き詰まるなか、強硬姿勢を強める可能性があります。

朝鮮中央通信は「北朝鮮の外務省が23日、旧正月にあたって北朝鮮に駐在する海外の外交官らを招き、宴会を開いた」と報じました。「李善権外相が演説で『難関を自力更生の力で正面突破するための総攻撃戦に立ち上がった』と述べ、対外政策の立場を表明した」としています。北朝鮮メディアが李容浩(リ・ヨンホ)氏から李善権氏への外相交代を報道したのはこれが初めてです。李善権氏はこれまで韓国との交渉を担当し、強硬派として知られていて、北朝鮮がアメリカに対してさらに強気の外交方針を取る狙いがあるとみられます。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200124-00000013-ann-int

スポンサーリンク

李容浩 演説が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

“強硬派”外相就任を初報道 北朝鮮メディア

スポンサーリンク

李容浩 演説のネットの反応は?

強硬派の外相就任を初報道したと言うことは、国民に対してもこれから大規模軍事挑発に向けて突き進むことを明確に金正恩氏が示したと言えるでしょう。このことはトランプ氏だけでなく文在寅氏にとっても穏やかな話しではないでしょう。韓国では4月に総選挙が行われますが、これに合わせ大規模軍事挑発が強行される事があれば、文在寅氏側の目算は吹き飛びかねません。文在寅氏が必死に金正恩氏にすり寄ろうとしている理由が見えてきます。これに対して金正恩氏がどう出るかです。

強行タイプの方が外相になったとの報道。
どんな手腕発揮するのかお手並拝見ですね。
勿論強行すればする程北朝鮮には不利になる訳で制裁解除など100%無いですからね。

どちらにしても北の面々は「井の中の蛙」だな。

もしトランプが斬首作戦に出る時、金正恩だけでなくこいつもターゲット。

この部族って、矢鱈と顔面集中型が多いな。

破滅の道…まっしぐら…未来が見えるのか?

米とムンに強硬姿勢で対応してください。そして南北ともに攻め滅ぼされてくださいw

豚は殺害した方が良い!

強気に行って、殺害される。
ブレーキが効かない国同士の交渉は怖いです。

金正恩はトランプが絶対に攻めてこないとタカを括っているようだが、それは間違い。
トランプは損得で動く人種。自分の為にならないと思えば躊躇なく平壌壊滅に動くだろう。その日も遠くは無いだろう。

スポンサーリンク

李容浩 演説おわりに

今回は李容浩 演説に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の李容浩 演説は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「国民のために核を破棄してもらいたい
この英断を強硬派に期待しても無理かな」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事