滝沢カレン 盤石な活躍が沸騰中!なんで息が長い?おバカキャラジャないの?画像や動画は?

滝沢カレン 盤石な活躍がネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

滝沢カレン 盤石な活躍の概要は?なんで息が長い?

滝沢カレン 盤石な活躍のニュースが次のように報道されています。

 ここ数年、テレビでハーフタレントを見かける機会が増えてきた。特に、バラエティ番組では女性モデルの活躍が著しい。その草分けとなったのはローラ(29)である。人並み外れた美貌と親しみやすいキャラクターのギャップで人気を博していた。

だが、ローラは2015年に拠点をロサンゼルスに移し、それ以降はバラエティ番組にほとんど出なくなった。テレビではCMで見かけるぐらいだ。

そのローラの抜けた穴を埋めるような存在として急速に台頭してきたのが滝沢カレン(27)である。ウクライナ人の父と日本人との母の間に生まれた彼女は、エキゾチックな魅力をたたえた美女だが、その見た目からは想像もつかない「ヘンテコ日本語」の使い手として颯爽とバラエティ界に現れた。

特筆すべきは、彼女の息の長さだ。通常、バラエティ番組で「ヘンテコ日本語」のような武器がもてはやされるのは最初のうちだけだ。何度も見ているうちに視聴者もだんだん慣れてくるので、そのうち飽きられてしまうことが多い。意地悪な言い方をすれば、「ヘンテコ日本語」という武器には一発屋のにおいが漂っていた。

ところが、彼女はバラエティに本格参入してから4年ほど経った現在でも、見事に第一線で活躍している。それどころか、今年に入ってからさらに盤石にその地位を固めつつあるのだ。

10月には「松之丞カレンの反省だ!」(テレビ朝日系)、「ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~」(テレビ東京系)という2本のレギュラー番組が始まった。同じく10月スタートのドラマ「G線上のあなたと私」(TBS系)にも出演している。ここまで来ると、彼女の人気は一過性のものではないというのは明らかだ。現場レベルでも優秀なバラエティタレントとして認められているのだろう。滝沢がここまで息の長い活躍ができているのはなぜなのか。

その最大の理由は、彼女の人柄が多くの人に愛されていることだ。単に見た目がきれいだとか、ヘンテコ日本語が面白いというだけだったら、ここまで人気が続くことはなかっただろう。彼女自身が人として好感を持たれているからこそ、出演オファーが絶えないのである。

バラエティ番組に出ている女性タレントは、どちらかと言うと明るく元気なタイプが多い。そういうタイプのタレントももちろん重要なのだが、その押しの強さやしつこさが一部の人からは嫌われる要因になったりもする。

だが、滝沢にはそれがない。見た目は上品で姿勢もいいし、話し方にも落ち着きがある。それなのに、なぜか言っていることがハチャメチャである、というギャップが絶妙なのだ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00589918-shincho-ent

スポンサードリンク

滝沢カレン 盤石な活躍が沸騰中!おバカキャラジャないの?画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

どうやらおバカキャラではないようです。

その概要をどうぞ!

 滝沢はいつも真面目で誠実だ。その証拠に、彼女はあまり愛想笑いをしない。自分が話したことで共演者にツッコミを入れられたり笑われたりすると、それにつられて照れたような笑みを浮かべたりすることはあるが、話す前や話している途中に自分から不安そうな様子を見せることはない。

彼女自身はあくまでも、自分のボキャブラリーの中で、言いたいことを誠実に伝えようとしている。ただ、言葉の使い方や組み合わせ方があまりにも独特であるために、違和感を与えてしまうことがあるだけだ。

例えば、滝沢は鶏ガラスープをすくっている映像を見て「入浴剤を入れたようなお湯」と表現したことがある。彼女はそれが何のスープであるか分からなかったため、自分なりにその液体の見た目の印象をそのまま表現しようとしたのだ。

もちろん、鶏ガラスープを「入浴剤」で例えるのは、日本語の使い方としては不適切かもしれない。だが、本人はきちんと伝えたいという一心でその言葉をひねり出している。

この誠実さこそが、滝沢のヘンテコ日本語の生命線となる部分だ。彼女が自分の話すことを一種の「ギャグ」や「ネタ」のように考えていたとしたら、こういう態度は取れないだろうし、ここまで人気が続くこともなかっただろう。滝沢が必死で伝えようとしているのが見えるからこそ、視聴者は微笑ましさを感じつつ、彼女を支持したくなるのだ。

その点で、滝沢はいわゆる「おバカキャラ」とも違う。いわゆる学校で学ぶような知識は足りないかもしれないが、彼女には彼女なりの思考力があり、思ったことをきちんと伝えようとする知的な誠実さがある。ヘンテコ日本語の奥に隠された真面目さと素直さこそが、彼女の人気の秘密なのだ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00589918-shincho-ent&p=2

それでは動画をどうぞ!

滝沢カレンスペシャルインタビュー☆10月スタート! 火曜ドラマ『G線上のあなたと私』【TBS】

滝沢カレン、工場見学&食レポに挑戦も珍コメント連発 「滝沢カレンのおとぼけレポート」

滝沢カレン 会話が成り立たないwwwおもしろ出演3本立て!好きな人をこれで称えてるのかw

スポンサードリンク

滝沢カレン 盤石な活躍のネットの反応は?

美貌は好みだけど、悪意なくディスるような言葉のチョイスが面白くて好きです。
でもバラエティに引っ張りだこになって、最近は周りの「言わせよう感」がなんかイヤ。

あのキャラが本当なら、実生活を共にするには困難が多すぎるが、見るだけなら面白いからそのまま頑張ってほしい。

グイグイ前へ出るわけではなく、落ち着いて誠実なイメージの中で、「は?」と思わせる発言がギャップとしてウケているのかもね。
一昔前であれば天然キャラだったかも知れないけど、天然だけでは人気が得られるものではない。支持されているのが分かる気がするな。

お勉強は苦手だったかもしれないけど、頭は悪くない、むしろ賢い子だと思うよ。
あと、他人を陥れるような悪意をほとんど感じることがない。
性格がいいんだろうなぁ。

それにしても、踊る御殿でさんまさんに見つかったのが大きかった。当時虚勢を張っていたダレノガレがその素行や言動、性格の悪さからあっけなく消えてしまったのと実に対照的
同番組の王林といい、今はこういう控えめだけれど目立つキャラが受けるんでしょうね。
ただひとつ疑問に思うのは、生まれてこの方20年以上日本で暮らし、祖母に育てられ、高校まで普通教育を受けたよう環境に加え、月に何冊も本を読む読書家というような状態で、どうしてあのような日本語語彙や伝達の思考回路になるんだろうかということ。
そこにあざとさや計算高さみたいなものをあまり感じさせないというのは彼女の控えめな態度に起因しているのだろうけれど、だからといって決して天然というわけでもなく、彼女なりに人に受ける(受けている)要因というのを敏感に感じ取りある程度意識して発進しているのだろうとは思う。

勝手にパリピのような方だと思ってたのですが、真逆のような性格ということを知ってからなぜか好感をもって見ています。

息が続くのは、無知からくるタメ口や、作られた失礼キャラではなく、あくまで素であって、対象に対して敬意があるのに変な言葉になってしまう面白さ、そこからにじみ出る人間性が支持につながっているんじゃないかな。本人もそうでないと続かないのでは。

たまに通訳が欲しいときがある。(^_^;)

この方はどの人に対しても対応が変わらない所が好きですね。
大物と言われる方に対しても、いつもの調子なので見てる此方が勝手にハラハラする時があるけれど、そこがまた面白くていいです。
ただ彼女の周りが言わせようとするのがちょっとウザっと思う事はある。

金田一先生とのコンビも好きです。
それにテレ東で始まった番組を見ましたが、面白かったです。
わかりやすくとか、噛み砕いてとか、試行錯誤しながらカレンさんが理解するまで説明する工程が本当に面白かったです。
お陰で小3の娘にも理解できた物がありました。
カレンさんには、このまま変わらずいて欲しいです。

Eテレの高校生向け国語の番組は金田一秀穂氏、オウムと彼女のやり取りが何とも面白い。良いキャラクターの人だと思う。講師の金田一氏も彼女には好感を感じてるのが良く分かる。NHKも美味い人選をしたものだ。

脱力タイムスのナレーション見てると、この人は物の見方が目まぐるしく変わるんだなと思った。
シェフを悪気なくいじったり、変な例えをしたかと思えば、食材を茹でたりする場面になると急に食材目線からのコメントをしたりする。
「相手の気持ちになって考えてみよう」と子供のころによく言われたけど、この人は人以外に対してもそうしているのだと思う。

カレンちゃんがTVに出始めた頃はあまり良い印象はありませんでしたが、ずっと見ていると愛着が湧いてきた感じで不思議ですが好感が持てるようになりました。バラエティーだけではなく、女優業へも意欲を示して頑張っていますよね。娘達と年が近いせいか、最近は旦那と一緒に応援しています。

滝沢カレンが売れている生き残っている要因はこれ天然50%わざとボケて狙っているが50%この比率が視聴者にはちょうど良く好感が持て素直に笑える。
そして何より去年母をなくし精神的に辛かったろうにそんな感じを微塵も見せなかったタフさが今の彼女を創っているのだろう。

人並み外れた美貌は言い過ぎw
でもTVで見ていても全く嫌味がない。出しゃばって出てくる事もなければ、キャラを作ってわざとらしく演じてる感もない。
ただそこにいて、ふられたら話をするだけ。なのに話をすると日本語がおかしくて面白い。自然体なのに、うける人って最強じゃないですか?

鼻くそをほじるのはティシュに失礼だと真剣に言っていたことがあった。きっと周りにそう言う人がいて、彼女なりに腹を立て、そう言う言い方になったんだろうなぁ、と一連の流れが感じられて奥深かった。まあ、奥深いというほどでもないけど。

キャラで人を楽します事は、良いことだと思う

面白いと思うけど、この人はそもそも何で日本語が変なの?
テレビで「日本語しか話せない」って言ってたから謎で...。

正直、ああいう子は好きじゃないかなぁ
あまりにも言動が酷すぎて、見ていてイラッとすることが多い
本人はいたって真面目に仕事をしているし、そう言う姿勢はいいと思うんだけど、テレビで話す仕事をする人じゃないよね
ああいうのを計算してやっているのならそれはそれでありだと思うけど、素でやっているっぽいのが一番質が悪い
地雷原をスキップで歩かせているようなもんだよな
どんな発言をしているのか自覚がないのが恐ろしすぎる
ローラは自分がどんなキャラを求められていて、どう話したらいいのかをちゃんと考えてやれている人だったから、問題はなかっただろうけど

彼女は奇跡的なバランスで成り立っている。普通はそのバランスが本人の慣れと焦りとともに消えていくが、なぜか残り続けている。意図してならかなりの手練れだがどうなんだろう。

松之丞カレンはすごくいいコンビ。間違いなく松之丞はこれからブレイクする。炎上もたぶんする。

いろいろポイントはあると思うが、結局は性格がいいからだと思うね。

日本て育ったのにこの状態、漢字は元より、カタカナでさえ読めないというのは、多分何らかの障害がある人ですよね 見た物を脳が処理できないのでしょう

ハーフのカタコトとは根本的に違う し、 キャラを作ってるわけでもない

そんな人をイジるというのは、よろしくないと感じます

スポンサードリンク
おすすめの記事