海上自衛隊 護衛艦 たかなみが沸騰中!難しい判断?画像や動画は?気になるネットの反応は?

海上自衛隊 護衛艦 たかなみがネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

海上自衛隊 護衛艦 たかなみの概要は?難しい判断?

海上自衛隊 護衛艦 たかなみのニュースが次のように報道されています。

限られた枠組みのなかでどこまで役割を果たせるのか、現場の自衛官は難しい判断を迫られる可能性もあります。

 緊張が続く中東海域で情報収集活動を行うため、海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」が神奈川県の横須賀基地を出港しました。

安倍総理大臣:「日本関係船舶の安全を確保することは政府の重要な責務であり、そのために必要な情報収集を担う諸官の任務は、国民の生活に直結する大きな意義を有するものです」
中東に向けて出発したたかなみの派遣の名目はあくまで「調査・研究」です。日本の船を直接、守るためではありません。攻撃を受けるなど万が一の事態が発生した場合には、武器の使用を認める「海上警備行動」に切り替えることも想定しています。しかし、それでも武器を使って守れるのは日本籍の船のみです。日本人が乗っている外国籍の船が攻撃されても、進路を妨げることや大音量で警告するといった行為しかできません。限られた枠組みのなかでどこまで役割を果たせるのか、現場の自衛官は難しい判断を迫られる可能性もあります。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200202-00000017-ann-pol

スポンサーリンク

海上自衛隊 護衛艦 たかなみが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

あくまで「調査・研究」・・・困難な任務が待つ中東へ

スポンサーリンク

海上自衛隊 護衛艦 たかなみのネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

現場の判断で反撃するくらいの権限は与えなくては隊員の身が危ない。
そもそも先制攻撃できない以上、相手は至近距離まで接近して攻撃すれば自衛隊の船は簡単に沈められてしまいます。
その辺りも考慮せずにやみくもに派遣というのは無責任に思える。

安全第一で調査にあたってもらいたいですが、その過程でどんな状況に遭遇してしまうか全く分からない海域。それを分かるようにする為の調査でしょうが、法に触れることなく、どこまで行動域を広げることができるでしょうか。
調査にあたる隊員さん達の検討、努力を祈るとしか言えません。

万全を期するので有れば、特措法形式で派遣するのが通常ですが、国会を通すと野党の協力を求めるか、強行採決するかしか有りませんから、閣議決定だけで済む調査研究をお題目としたのでしょう。シーレーン防護という大義名分が有るにも関わらず、論戦を避けたいという後ろ暗い政治的理由が透けて見えますし、それにより制約される現場は苦しみに満ちているでしょう

なんで実際に武力衝突の起きている海域に両手縛った上で派遣しなければならなくなったのか。
実際に日本の船が攻撃されたらどうするのかといった点について法的に明確にしないまま派遣して、現場にすべてを押しつけるのはおかしい。

諸悪の根源は憲法による縛りだが、政府はこんな中途半端ではなく、明確な方針をしめしそれに必要な環境を整えるべきだった。

これが映画の世界なら面白いと思いながら、状況を観れるけど、

今回の派遣は隊員にとっては、現実的には半分死を覚悟で「調査・研究(?)」に行くわけで、その精神的ストレスも半端ないだろうし、日本で見守ることしかできない家族や友人・知人も平常心ではいられないことだろう。

隊員の方々の任務への気持ちをリアルに想像したら、今の自分の仕事への不平など、比較するのも恥ずかしいくらいだ。

みなさん同じ気持ちと思うけど、どうか全員無事に帰国してほしい!!

ただ海賊だったら既に海賊対処の部隊がジブチに派遣されているわけで、一体この派遣の有事はどこまでを想定しているのか?

当然、イランとアメリカの武力衝突は有り得る話で、その時イラン革命防衛隊は日本の船舶でも攻撃するだろう。
またホルムズ海峡で攻撃を受けた米艦艇から救援を求められる場合も十分想定される。

その時に海上警備行動で対応できるの?これは起きてしまってから「そこまで想定していませんでした」では済まされない。誰だって想定することだよ?

そういうことをちゃんと政府では議論しているのか?

>中東に向けて出発したたかなみの派遣の名目はあくまで「調査・研究」です。
>日本の船を直接、守るためではありません。

こうやって、任務につかなければいけない自衛隊がきのどくでなりません。
こういう曖昧な状態で戦闘も起こりうる場所にいかなければならないというのは
任務を遂行する側にとって、非常に危険な状態。
おそらく、隊員や指揮官はしっかりと対処できる
シミュレーションをされているのでしょうが。

机上の空論や、自分たちの勢力争いの上で
この状態を作り上げてしまった政治家や
間違ったの平和主義を教え込まれて、
「平和」の名の下、考えることをやめてしまった「平和主義」の人たちの
足かせを背負って旅立つことになります。

どうかご無事で。

中東派遣の意義は分かるが、派遣目的は調査研究で
不測の事態のときは海上警備行動で、
対象は日本籍のタンカーのみ。
毎度繰り返されていることだが、
今回は二重に手足を縛った状態での派遣。

万が一の時は一体どうするのか、議論も
少なかった。
中東問題に中途半端に介入しても
日本の国益のマイナスになるだけ。
童話のコウモリと同じだ。

無事に帰還されることを切に願います。

野党をはじめとする憲法問題を全く話し合わない異常性をもっと日本のマスコミ始め知識人と言われる人も議論しないとダメでしょう。
自衛隊の立場もあいまいで現地での活動もハンパでは派遣するほうも任務で行くほうも中途半端ですよね。
世界情勢がドンドン変化する中で国をまもる話もタブーでは自滅するだけですよ、武力持たないのもよし、武力で固めるのもよし、なぜ議論しないのか摩訶不思議です。

中東は世界の焦点。調査・研究を行うのは当然のことで、ご苦労さまです。
戦闘目的の派兵ではなく、反対する理由はどこにも見当たりません。ただし「調査」の具体的な中身が分からないまま、この日を迎えたのはちょっと腑に落ちない気分です。

防衛秘密を守ることと、主権者たる国民に本来すべき説明をしないこととは、イコールではありません。そのへんがあいまいだと、自衛隊に心情的に寄り添う人と反発する人の亀裂が深まってしまいます。国内に、敵と味方を作るのは避けるべきですね。ちゃんと説明責任は果たして頂きたい。自衛隊の役割が大きくなるほど、これは大切なことです。

スポンサーリンク

海上自衛隊 護衛艦 たかなみのネットの反応は?Part2

こんな中途半端な状況で派遣せざるを得ない日本の現状。
見送る岸壁で涙する家族の姿に胸が痛い。
テレビなどでは全くニュースにもならないが、
タンカーや商船の乗員の家族も同じ境遇。
彼らが守り運ぶ物資を感謝しながら大事に使いたい。
なんせ石油も石炭も、衣料も食料も、
そして鉄鉱石も、その輸出入貨物全体の99%以上が、
海上輸送なのだから。

調査・研究目的とはいえ、攻撃される可能性があるところへ自衛隊を派遣することには賛成できない。
憲法上の縛りがあるなかで、どんな状況にどう対応するか細かいところまで詰めているのだろうか。
現場の判断任せのようなことでは、政府としては無責任だと思う。
自衛隊の出立を見送る家族の方たちはさぞ不安だろう…と思う。

間に入ったり、大音量で警告をしていて、攻撃を受けたら攻撃を返すんだろ。

海賊は、邪魔をされたら攻撃してくるよね。
その場合は緊急避難的に攻撃が出来ても、一発目が致命傷だったら終わりだよね。
絶対に先に攻撃してこない軍艦だと分かっていたら初撃に全力を尽くすと思うが…

まあ、外国籍の船だけを自衛隊艦の前で攻撃され、助けられなかったとしても
どちらにしろ、自衛隊の方々には地獄でしょうね。

おそらく日本政府は派遣する事が目的で、諸外国にアピールできれば良し。
他の事は考えていないし、その様な事態を想定する想像力もないんでしょう。

現政権にとって国民生活の為と言う理由は、国民に負担を強いる最強の言葉ですね。

現内閣は、国=内閣、それ以外は内閣を支える為の存在とでも考えているんでしょう。

中東に日本と敵対する国は無いと思いますが、米国+サウジさんはイランさんと仲が悪いので、向かい合うペルシャ湾は戦火に見舞われる可能性があります。
産油国のサウジさんには、紅海にもYanbuと言う積み出し港があるので、有事の際には紅海側に日本は依存することになるでしょうね。
しかしここへ行くにはアデン湾と言う、海賊行為多発海域を通過する必要があるので、タンカーが海賊に襲われないように自衛隊が調査研究するのかと思っているのですが?
ペルシャ湾で戦争が始まれば、機雷が浮いて自衛隊だけでなく、タンカーも通航困難でしょう。タンカーでの機雷の見張り当直は、船首で行うのが最良ですが爆発すれば一番最初にあの世行きです。
そんな危険をしてでも、湾岸戦争の時は日本に原油を運んでいました。
アデン湾の海賊一掃を期待したいです。

何の為に中東へ派遣するのでしょうか?専守防衛も結構ですが、攻撃されて死者や負傷者が出てから攻撃するんですか。自衛隊員が犠牲になってから対抗措置を取ると言っても、アメリカのように攻撃は出来ずに制限され手が出せない。
これが日本の最後の砦、自衛隊ですか?

戦闘が考えられる以上、自衛隊は国軍としての権力が無くて日本人を守れるのでしょうか。先制攻撃や適切な武器の使用の権力を憲法改正してでも与えるべきです。

調査・研究に基づく派遣という事は、海上警備行動を発令する判断が確かに難しいケースもあると思う。万が一、武力行使の指示が下るときを想像してみると、やはり首相の判断になるんだろうか?一刻を争う事態でそんなことがスピーディーな命を守る行動に繋がるとは到底思えないんだがとにかく、無事に帰って来られることをお祈りしてます。

憲法9条違反を隠すため派遣名目は調査研究で閣議決定したのではないか。
ただただ自衛隊員の安全を祈り無事任務を遂行し帰国できる事を願います。

ご無事に、頑張ってくださいと何故言えないのですか。
今の法制度では「調査・研究」でなければ派遣することが出来ないでしょう。
だったら、出すなと言えばいいじゃないですか、それは言わないでいて。しかも法整備に反対してるじゃないですか。
日本人が乗っている云々と、いい加減なことを言わないでください。
「この船には日本人がのってますよ」と言いながら航行する船など
ありません。
大音量のスピーカーも、海賊対処と取り違えています。しかも海上
保安官が同乗していて、逮捕も可能なことを言わない。
日本船舶を守る今回の任務は、海賊対処とは全く違った困難と危険が
予想されます。現在の法制度でも、正当防衛や緊急避難のため攻撃
することは可能です。自衛隊なんですから。

「危険があっても、「国のため国民のため」に危険があっても行くのが自衛隊の本来の任務」
くずぐすいちゃもん言っている人は「誰が行くと思うの?あなた」
危険任務のため「安全に任務遂行するために、感性を高める日々厳しい訓練しているのではないの」
国内で危険地帯に行くのは警察「日々厳して訓練しています」
夜盗は「戦争と災害」は違うというでしょ
危険地帯は一緒よ あなた災害時に助けに行く 行けないでしょ訓練していないからです。

>限られた枠組みのなかでどこまで役割を果たせるのか、現場の自衛官は難しい判断を迫られる可能性もあります。

法的な立場の確立について議論されている状況で派遣されるのですから、懸念はありますよね。
だからこそ、本当は自由な判断が出来る権限を法的に確立して送り出してあげるべきだと私も思います。

けれど長年の攻防の中で議論の遡上にすら乗っていない事案を論じている場合では無いからこそ「調査」と「海上警備行動」と言う最低限の権限で自衛官の皆さんに赴いて頂くのですから、『問題のある可能性が』等と言う批判よりも『どの様に立場を強化すべきか』と言う意見を報道して頂きたい。

私は国防を担いつつ専守防衛を貫くのは理想だけれども無理があると思っていますので、何処に妥協点を見出すのか議論すべきだと考えています。

スポンサーリンク

海上自衛隊 護衛艦 たかなみおわりに

今回は海上自衛隊 護衛艦 たかなみに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の海上自衛隊 護衛艦 たかなみは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「法律や政治がつきまとうのは致し方ない話かもしれないが、自衛官の皆さんには「自身の安全第一」で決断、行動していただきたい。
危険が伴う地域であることは間違いない。全隊員が無事に帰還されることを願っています。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事