笹崎里菜 情熱が沸騰中!画像や動画は?

笹崎里菜 情熱がネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

笹崎里菜 情熱の概要は?

笹崎里菜 情熱のニュースが次のように報道されています。

「日テレに入って、良かった。そう思える仕事の1つです」

拍子抜けするほど、あっさり、しかし力強く、こちらの目を見て答えた。

日刊スポーツの連載「水曜日の女性アナ」のインタビュー取材に答えた笹崎里菜アナウンサー(27)の一言である。

笹崎アナと言えば、15年の入社前、会社に対して訴訟を起こし、その後、和解して入社した騒動で、世間の認知度が上がったアナウンサーだ。

あれから4年。早朝の情報番組「Oha!4 NEWS LIVE」月曜メインキャスターの傍ら、同局のラグビーワールドカップ(W杯)実況班に女性アナでただ1人加入するなど、ここにきて、活躍の場が目立ってきている。

今回はそうしたタイミングでの取材機会となった。その人物像と同時に、紆余(うよ)曲折を経て手にしたアナウンサーという職を、この充実期にどう感じているのか、そうした「今」の答えだけは聞きたいと思っていた。そんなことを考えながら、インタビューではまず、ラグビー実況への取り組みについて聞き始めた。「笹崎アナにとって、ラグビー実況の仕事はどういう位置づけの仕事になりそうですか」。

私の質問に対し、笹崎アナは明確に答えた。それが冒頭に紹介した「日テレに入って、良かった。そう思える仕事の1つです」という言葉だった。

あくまでも、こちらの推測だが、笹崎アナはこの答えを、思いつきでなく、ある程度、準備して取材の場に来ていたように思う。それほどまでに、力のこもったように聞こえた一言だった。

それと同時に、印象的だった入社時の話題を避けるでもなく、引きずるでもない形で、見事に「今」の自分を答えたように思う。

インタビューをスタートさせる前、あいさつを交わした際、笹崎アナは愛想笑いはせず、どちらかというと真顔で、少しばかりの緊張感も感じさせた。ざっくばらんにいろいろなことも聞くスポーツ新聞の取材ということで、少々構えられたのかもしれない。正直こちらも、本音を引き出すには、難儀する取材なのではと覚悟もしていた。

だが実際話してみると、ラグビーの話題では情熱たっぷりに、身ぶり手ぶりを交えて説明した。「日テレ女子アナラグビー部」や、「おはよん」でのラグビー企画を、自ら企画立案していたことには正直驚かされた。これまでの担当番組の思い出を聞くと、中山秀征ら共演者に対しての恩義を熱弁した。その後、両親の話題になると、20代の女性らしく、屈託なく笑った。理路整然として、笑顔や冗談も交えた話術に、気が付けば、すっかり笹崎アナの話に吸い込まれるように1時間が過ぎていた。

記憶に残る言葉は、他にもある。

「どうしてもやらなきゃいけない、という目標が1つできたら、他はあきらめることができる。死ぬ時に後悔したくない、というのがモットーです。(自分が決めたことであれば)他人に何を言われてもいいし、失敗しても、ま、いっか、と思えます」

これから取り組みたい仕事を聞いた時は、こう答えた。

「今は、ラグビーのことを頑張ろうというのが目標で、あんまり先々の目標を立てるタイプじゃなくて、目の前のことを1個ずつやっていくタイプです」

1時間あまりのインタビューで、その人の全てが分かるはずもないが、笹崎アナは常に「今、目の前にあるもの」と、どう向き合うか考える性格なのだろうとは感じられた。

入社時も、ラグビーW杯も、今の自分がすべき選択、努力をした上で、その結果を全力で受け止める覚悟を持っている。その姿勢はきっぷが良く、どこか気持ちいい性格だと素直に感じた。

そうしたラグビー実況への熱意が伝わったのか、日本代表が8強に進んだころには、笹崎アナがリポートをインスタグラムにアップすると、「勝利の女神だ」などとたたえる意見も出てきて、そうした話題がネットニュースでも取り上げられた。

まだ「エースアナウンサー」のだいぶ手前かもしれないが、今回の取材でも、熱い情熱と器の大きさは感じられた。認知度はもともとある。個人的には、ラグビーW杯を経て、さらなる飛躍を期待している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-10261464-nksports-ent

スポンサードリンク

笹崎里菜 情熱が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ!

【笹崎里菜の日テレ女子アナラグビー部】徳島えりかアナウンサー!前編【スタンドオフ】

【笹崎里菜の日テレ女子アナラグビー部】徳島えりかアナウンサー!後編【スタンドオフ】

【笹崎里菜の日テレ女子アナラグビー部】後呂有紗アナウンサー!前編【リザーブ】

【笹崎里菜の日テレ女子アナラグビー部】後呂有紗アナウンサー!後編【リザーブ】

スポンサードリンク

笹崎里菜 情熱のネットの反応は?

器の大きさより気の強さが先行だと思う。

頑張ってるとは思うけど、めちゃくちゃニュース読んでると聞きづらいし、かみかみなのが気になる…同期の尾崎さんの方がやはり活躍してるだけの理由があるのかなと。

最初で躓いてしまうと悪い印象ってなかなか払拭できない。
周りを黙らせるくらいのものがあればいいのだけれど。
アナウンサーは容姿以外の事も評価されるのだからこの仕事は向いていないのかも。
クラブで働くのが悪いのではなくて、ご自身の浅慮さと行動を責任転嫁していることが不快に写るのかも。

器の大きさというより、神経の図太さでしょう。

アナウンサーとしての素質はゼロに等しい。

彼女は、入社時にアクシデントがなくても、視聴者から好意的には見られなかったのではないでしょうか。自分に自信があるのか、醸し出す上から目線と滑舌の悪さ。アナウンサーには向かない。フジのように縁故採用も興ざめですが。

例の入社時のイメージが強すぎて、好感度は上がらないんだろうな。
メディアでの仕事はやはりイメージが大切だからな。

ご自分の苗字をちゃんと発音できないのが
気になって仕方がない。
とても美人だけれど、
ホステスのイメージは拭えないよなぁ。

水商売で鍛えた
図太さは 芸能界では必要だと思います

何言われても入社時のイメージが強すぎて耳に入ってこない。
お互い器が大きいとは思えない。

あれだけいろいろな件があって批判があってもメディアに出し続ける日テレはある意味器が大きいよ。
お互いお似合いだと思います。

情熱とかやる気は認めるけど、ニュースを聴いていても良く分からない。
発音がとても聞き取りずらいかな。

新人教育時に豊田アナから、自分の名前の発音を何回も注意されていたが、未だに聞き取りずらい感じがする。
アナウンサーをやるのであれば、もっと聞き手に分かりやすい発音でしゃべって欲しい。技術的にはまだまだかな。
情熱ややる気以前に、アナウンサーの技術をもう少し頑張った方が良いかも。

頑張っているのだろうけれど…
滑舌の悪さが気になります。
視聴者としては、かなり聴きづらい部分があるように思います。

入社前は銀座のクラブでバイトしてたのを猛バッシングしていたのに、今度は手のひら返しで器の大きさと称賛するメディア・マスコミほど腐った業界はナイ!!

器が大きいというより図々しいだけでは?

彼女に関してはスタートの例の件が全てでしょ。
あれ以来、頑張ってはいるんだろうけど気の強さやイメージが前面に出ちゃっていまいち親しみが持てない。
意外に女性人気も低いしね。

頑張っているんだろうけど、アナウンサーなら一番に滑舌をなんとかして欲しい。良くはなっているけど聞き取りづらくてカミカミなのはアナウンサーとしては致命的。

滑舌悪くて気が強い印象しかない

入社の時の前代未聞のゴタゴタは裁判通り日テレ側に非があるとは思う。ただ、その時の印象はかなり悪い。その時点で思ってたが、裁判せずフリーアナウンサーとしてやってた方が世間の同情とこの人への印象は良かったとは思う。
ただ、よく噛むしアナウンス力が低いと思うんで、入社して安定の収入→高収入の相手見つけて結婚路線の今の方が、成功なのかな。

器の大きさより、単に図太いだけ。
そうじゃないと、入社前にあんな事があった会社に入らないよ。

あれ?先日までは干されるみたいな事書いてたのに?

スポンサードリンク
おすすめの記事