消毒液 エタノール アルコールが沸騰中!作り方は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

消毒液 エタノール アルコールがネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

消毒液 エタノール アルコールの概要は?作り方は?

消毒液 エタノール アルコールのニュースが次のように報道されています。

作り方は簡単。無水エタノール「4」に対し、精製水「1」の割合で混ぜ合わせるだけ。無水エタノールだけですと「刺激が強すぎる」「蒸発しやすい」ことがあるので水で薄めることが重要だということです。たったこれだけでアルコール消毒液が完成です。

 新型コロナの影響でマスクや消毒が手に入らない状況が日々、深刻になっています。マスクや消毒がない場合、どんな対策が有効なのか徹底取材しました。実はアルコール消毒液は作れるということで、東邦大学看護学部・小林教授に聞きました。

まず用意するものは無水エタノール。物の消毒や掃除にも使われるアルコールの液体です。さらに、水です。ミネラルウォーターや水道水でもいいのですが、できればミネラルなどが入っていない“純水”の精製水の方がいいということです。どちらも薬局で手に入るのですが、無水エタノールはここ数日売れているようですので、買いに行く前に確認した方がいいかと思います。
この2つで作り方は簡単。無水エタノール「4」に対し、精製水「1」の割合で混ぜ合わせるだけ。無水エタノールだけですと「刺激が強すぎる」「蒸発しやすい」ことがあるので水で薄めることが重要だということです。たったこれだけでアルコール消毒液が完成です。一つ注意なのが、無水エタノールは引火しやすいので火の近くでは作業しないで下さい。作った消毒液をスプレータイプの容器に移し替えたりする場合、アルコール対応の容器に入れてお使い下さい。
ただ、消毒液があっても正しく使えていなければ意味がありません。正しい使い方をご紹介します。薬品や感染対策製品などのメーカーに正しい消毒の手順を聞きました。ポイントは、手に“擦り込む”ことです。
まず、アルコール消毒液を適量手に付けるのですが、この時、ボトルをワンプッシュ最後まで押し切って下さい。途中で乾くと効果が“半減”するため、手から滴り落ちるくらいの量が必要なんです。手のひらと手のひらを擦り合わせて下さい。指先をもう片方の手のひらで擦り合わせて下さい。さらに手の甲を、もう片方の手のひらで擦って下さい。さらに指を組んで両手の指の間を擦り合わせて下さい。親指をもう片方の手で包んでねじりながら擦って下さい。さらに両手首まで丁寧に擦って下さい。これで手順としては完成です。乾くまで擦り込むことが重要です。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200206-00000048-ann-soci

スポンサーリンク

消毒液 エタノール アルコールが沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

簡単!注ぐだけで・・・“消毒液”家で作れます

スポンサーリンク

消毒液 エタノール アルコールのネットの反応は?

保育園では極薄い次亜塩素酸をスプレーボトルに入れて加湿も兼ねて空気の殺菌をしていました。ノロ対策にもお勧めです。

この消毒液にアロマオイル(できればユーカリ)を数滴入れると、空気の殺菌にもなります。確かユーカリが殺菌力が強く、香りもミントに近い香りなのでスッキリしますし、花粉症の予防にも効果があると思います。元アロマテラピーアドバイザーより。

普通の消毒液では効果がないのかな? 効果があるならその方が手っ取り早いけど。

アルコールが乾くまで手に擦り込むと、ものすごく手が荒れそうですね。

濡れたままの手に、消毒液つけても、効き目が悪いみたい。

「ペッ、ペッ。」ってしとけば良いのだ。

エタノールすら品切れ・・・

大五郎やビッグマンでも飲んで体内消毒。

このニュースの人達はニュース観てないの?
無水エタノールが医療機関で不足してるって言ってるのに。
とんだハッピーニュースやな

役立たず,アホな番組や。普段でも店頭に1~2本しか置いてない。精製水は何リットル取り寄せるんかい?

スポンサーリンク

消毒液 エタノール アルコールおわりに

今回は消毒液 エタノール アルコールに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の消毒液 エタノール アルコールは沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「作ってみよう
無水エタノール売っていればの話だけど
マスク同様これも品切れだったような」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事