新型新幹線 N700S 停電 自力走行可能が沸騰中!画像や動画は?いつから運行するの?

新型新幹線 N700S 停電 自力走行可能がネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

新型新幹線 N700S 停電 自力走行可能の概要は?いつから運行するの?

新型新幹線 N700S 停電 自力走行可能のニュースが次のように報道されています。

東京オリンピック前の来年7月から運行予定

 JR東海は、東海道新幹線で来年7月から導入予定の新型車両を公開をしました。

新型車両の「N700S」は地震や災害時に長時間停電してもバッテリーによる自力走行が可能で、従来に比べて緊急ブレーキの停止距離が縮まるなど安全性が向上しました。車内の座席は座り心地を重視したゆったりとした座席に一新されたほか、車椅子専用の座席が追加されます。新型車両は東京オリンピック前の来年7月から運行予定で、2022年には40編成が導入される予定です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191030-00000040-ann-soci

スポンサードリンク

新型新幹線 N700S 停電 自力走行可能が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ!

停電でも自力走行可能 新型新幹線「N700S」を公開

スポンサードリンク

新型新幹線 N700S 停電 自力走行可能のネットの反応は?

今の窓が開かない車輌は夏に停電すると地獄になりますからね。最寄り駅まで走行して乗客を降ろす事が出来ればその方が良いに決まっています。ただ、このN700Sで最も特筆すべきは新幹線車輌で初めて短編成化に最初から対応している事。16両では過剰な山陽・九州新幹線区間向けにわざわざ別形式の車輌を用意する必要が有りませんし、海外への展開も視野に入れての事だとか。

長時間停電してもバッテリーによる自力走行が可能。
良いですね。大災害多発の現状を踏まえると重要な設備と考えます。

新型は、安全走行性設備乗り心地、そして
速度向上を目指すべき。

自力走行、線路が曲がり車両が傾き火災に包まれた夜間の時、横の防音壁を破りシュートで非難する対策訓練もすべきでは、それも想定外かな。

この技術は本当に素晴らしい
非常時に自力で動ける新幹線
それもテスト時は30キロ動いたというから線路さえ無事なら隣駅、最悪でもトンネルを脱することができる
リニアにはその最悪の場合どうなるか、これは報道されないので利用者は理解した上で乗らないとならないが

停電でも走る。
素晴らしい機能と技術ではないか。

そうですね。車内の室温維持が一番のメリットかも。

至れり尽くせりの新技術の数々。脱帽です。
スプリーム、最高の、の意味にふさわしい車両だと思います。

日本の鉄道技術は安全性、走行性能含めて世界の誰もが認める世界最強の技術だな!
停電でも走れるって本当凄すぎる!

途中で停電しても、バッテリーと惰性で次の駅までは行けそうか。

何よりもコンセントがありがたい。急いで窓側取る必要がなくなる。

中身はイケメン。
外はブサメン。

自走可能距離は、どれぐらいなんやろ?
駅の近くで停電したらいいけど、そうじゃないとたどり着けるんかな。

ペダルで良いじゃない。
車内に労働力が溢れてるんだから。

非常用ディーゼルはだめですかね?

スポンサードリンク
おすすめの記事