アメリカ 共産党が沸騰中!擁護?画像や動画は?気になるネットの反応は?

アメリカ 共産党がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

アメリカ 共産党の概要は?擁護?

アメリカ 共産党のニュースが次のように報道されています。

「中国メディアは長らく客観的で公平に報道し、米中両国の理解と交流に前向きな役割を果たしてきた」と擁護し、「措置を取る権利がある」と述べてアメリカへの報復を示唆しました。

 アメリカ国務省が中国の新華社など国営メディア5社を「中国共産党の宣伝機関」と認定し、中国政府が猛反発しました。

アメリカ国務省は18日、中国の国営メディア5社を「中国共産党の宣伝機関」と認定し、アメリカ国内にある大使館などと同様に従業員や保有資産について報告を義務付けました。これに対し、中国外務省は会見で「アメリカの誤ったやり方に我々は強烈な不満を表明し、断固反対する」と表明しました。さらに、「中国メディアは長らく客観的で公平に報道し、米中両国の理解と交流に前向きな役割を果たしてきた」と擁護し、「措置を取る権利がある」と述べてアメリカへの報復を示唆しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200220-00000010-ann-int

スポンサーリンク

アメリカ 共産党が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

アメリカが新華社を宣伝機関認定 中国は猛反発

スポンサーリンク

アメリカ 共産党のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

もともとメディアは党と人民の『のどと舌』。
いまごろになってアメリカが規制をかけるところに何か別の意図があるのじゃないのかと勘ぐってしまう。

何れも公社ですよね、中共の広報課ですよ。真実指摘され否定とは流石だなぁ。主な企業達も株式を名乗るが実態は大半が公社企業ばかりです。

現場には使命感の強い記者がいるようだよ。
けど上が中共の幹部だから彼らの意見は反映されない。

これは藪蛇、
米国CIAも日本で同じことをやっているのだから、
多くの日本人が知らないだけ。

新華社などはアメリカでは思うようにスパイ活動ができなくなりますね。

いやダメだ。報復はダメだ

本当にやろうとしたら誰かが止めないと

中国では反体制報道新聞社がないのは新聞紙を売ってもらえないからです。
つまり、報道陣は国の言いなり

こういうのは見てて楽しいな

宣伝と諜報機関だらけですよ。

みんなそう思ってる。

スポンサーリンク

アメリカ 共産党のネットの反応は?Part2

都合よく屈折して発信されてますよね。

なんかね、明らかにオバマ以前と感じ方が変わってきている。
前なら素直にアメリカに肩入れ出来たが、それはアメリカが世界の警察として機能していたからな。
今はトランプのせいで説得力を欠いた。

新華社もニューヨークタイムスのどっちもどっちでは。

まあ、日本のマスコミは野党と韓国の宣伝機関ですが。

日本も中国と同じ。放送法に公平原理と呼ばれるものがある。米国では報道の自由が保証されていて公平原理は前世紀に廃止されているわけで、極東の国々はそこがまったく理解できていない。報道においてこれがどれだけ重要かが。

まっ、当然ですが。文句を言うほどに的中。世界は見抜いています。

疑いの余地ないでしょうね。
次に叩くのはどこでしょうねえ。
やっぱり○○ババア?

チャイニーズです。「メディア」と堂々発言しているが、所属メンバーの職歴でも見れば…給与、財産申告が必須。ナイスやり方だ!
けどうその財産申告が必至。笑

「客観的で公平に報道」なんてしてないじゃん。
みんな検閲しているし、検閲受けないで中共が気に入らいない内容を出せばカットされるか、責任者が逮捕されるか、拉致されてるじゃん。
報道に自由一切ないのになぜ公平な報道と言えるのでしょうね。

武漢肺炎(新型コロナ)が国内外に蔓延したのは、新華社が事実を報道せず、「大したことない。大袈裟に反応するな」と宣伝したから。どう考えても、中国共産党の宣伝機関そのもの。

スポンサーリンク

アメリカ 共産党おわりに

今回はアメリカ 共産党に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアメリカ 共産党は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「>中国メディアは長らく客観的で公平に報道し、米中両国の理解と交流に前向きな役割を果たしてきた
どこにそんな中国メディアが?」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事