コロナウイルス 政府 注意喚起が沸騰中!ウイルスの発生源は?画像や動画は?気になるネットの反応は?

コロナウイルス 政府 注意喚起がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

コロナウイルス 政府 注意喚起の概要は?ウイルスの発生源は?

コロナウイルス 政府 注意喚起のニュースが次のように報道されています。

ウイルスの発生源は武漢の海鮮市場ではなく、外から市場に入ったものだとしています。

 中国政府系の研究機関が先月6日に新型コロナウイルスが拡散した時期にきちんと注意喚起が行われていれば、世界的な拡大は防げた可能性があると指摘しました。

 中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園は中国を含む12の国に拡散した新型コロナウイルスの遺伝情報を分析した結果を公表しました。それによりますと、ウイルスは去年12月8日と先月6日の2度にわたって広く拡散したということです。さらに、12月初めか早ければ11月下旬にはすでに「ヒトからヒト」へ感染していた可能性があるとしました。2度目に拡散した先月6日のタイミングで幅広く注意喚起が行われていれば、中国国内を含む世界的な感染拡大を抑えることができた可能性があると指摘しています。また、ウイルスの発生源は武漢の海鮮市場ではなく、外から市場に入ったものだとしています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200223-00000019-ann-int

スポンサーリンク

コロナウイルス 政府 注意喚起が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

「1月6日に注意喚起なら拡大防げた」中国の研究機関

スポンサーリンク

コロナウイルス 政府 注意喚起のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

>ウイルスの発生源は武漢の海鮮市場ではなく、外から市場に入ったもの

だから細菌研究所からなのではないの?別の報道では、治癒した感染者が退院後、体内にウイルスを保ちながら再び感染源となって拡大させているらしい。こんな協力なウイルスが自然にできるとは思えない。

記事中では「先月6日に新型コロナウイルスが拡散した時期にきちんと注意喚起が行われていれば、世界的な拡大は防げた可能性がある~」だから、感染が拡散・進行中と認めている。
誤解を与えるタイトルの書き方は止めて欲しい。

中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園はウイルスは12月初めか早ければ11月下旬には既に「ヒトからヒト」へ感染していた可能性があるとした。まず、この研究機関の関係者が政府から暗殺されない事を祈ります。11月下旬から人から人への感染がなされていたとすると、ちょうど3か月になります。十分な流行期間ではないですか。中国政府はやはり被害者数を少なく発表している可能性が高いですね。最初に新ウイルスの可能性を指摘した医師が警鐘を鳴らしたのは12月。この時には既に相当数の感染者がいて、中国政府は把握していた。だから、医師を嘘つき呼ばわりし安全だとフェイクニュースを流した。これなら時系列でみても辻褄が合います。全ては中国政府の臭いものには蓋をする事なかれ主義が招いた人災ですね。昔、高速列車の脱線事故が起きた時は、車両もろとも被害者を生き埋めにした中国政府。学習能力のなさと人権軽視ぶりは全く変わりませんね。

とある記事で武漢近郊のコウモリの実験施設から研究員を媒介に市場に広まったのが発端って話だけど。
拡大が防げたかどうかだと他国にもれてるから完全に防げてはいないよね。
ただ武漢の封じ込めできなかったら被害が中国全土にきていた可能性を考えると、拡大防げた方なんじゃないかね。
1つのメガロポリス完全封鎖とか中国にしかできないよ、普通。

権力闘争もここまで来ると、習近平危うしという理解で良いのでしょうか、それとも、反習近平派の最後っ屁なんでしょうか。
素人には全然見当もつかないし、いっその事両方潰れてくれて問題ないです。
でも、さっさとウィルス情報だけは公開してください。

流行しているウイルスの「定期的・定点的」なモニタリングがされているかどうか、ですね。

肺炎の患者さんからサンプルを取り、「ウイルス学者」がPCR検査と遺伝子解析で「既知・未知」の区別をし、感染性・病原性を現実に調べる「疫学」チームにつなげないと行けませんね。

そういうことができるかどうか、そういう体制が整っているか、中国はできるのか?日本はやっているのか? どうでしょうね。

それが分かり、真実だとしても…被害を被った国に対しては何もしないんだろうな

原因の追求・解明は必要な事だとは思うけど、今はそういう事にマンパワー割いてる時じゃないとも思うんだが

本当に「中国政府系の研究機関」が発表したのだとすれば、別の意味のほうが大きい。つまり、政府の公式見解を覆す発表、通常ならありえない発表であるということ。中国政府が内部で割れているのかもしれない。

>ウイルスは去年12月8日と先月6日の2度にわたって広く拡散したということです。
習近平が後から「俺は1月7日に指示を出した」という前ではないか。これが、中国政府系の研究機関が出したということは、反習近平派の政争なのか。通常では考えられない。このニュースをNHKの10時のニュースで聞いたときは、耳を疑った。

中国も自国の対応の不備を政府関係機関が公に発表できるところまで来たのかと そこにまず驚いた。
まだまだ情報操作の国と言われるが 以前よりは改善されているんだなと感じた。
中国の初期対応には不備が多いと感じるが 今の日本の対応があきれるぐらいにざるだ。クルーズ船検査もミスを犯して謝るばかり。
 日本より中国の方がしっかりしているようにも見える。

スポンサーリンク

コロナウイルス 政府 注意喚起のネットの反応は?Part2

日本の政治家で未だに中国からの渡航の全面禁止を主張する者が1人もいないという事実がどのようなニュースよりも衝撃的だ。。

最初の医師達のうさわを信じていていれば拡大は防げた。
12月初旬に見つかったのに虚偽として2か月もほったらかしにしたから広まった。

>また、ウイルスの発生源は武漢の海鮮市場ではなく、外から市場に入ったものだとしています。

武漢生物兵器研究所から漏れ出したか、持ち出されたものでしょ。
北京と安徽省におけるSARS患者発生の時は、感染源が北京の「国立ウイルス学研究所」と推定されると発表されているし。

後出しジャンケンじゃなく最初なそれを政府に助言してくれよ。
世界的な感染が始まってから指摘しても遅いよ。

初動の誤りには愕然としたが、このように自分たちの行動を反省できる点はすごいとおもう。

どこかの国のお役所の、絶対に非を認めない、謝らない姿勢をみて、幻滅し、絶望した。

レッド総大将の隠蔽とダメ晋三の忖度による対応の鈍さがなければ少なくともここまで大きくならなかったかもしれませんね。

先に湖北省、武漢市の幹部達を大量に懲戒処分し、その後が此の報道。共産党中央が保身を図る一連の広報だよね。

中国がこの件について頑なに国内で対応しようとしているのはこの事実を隠蔽したいのでしょう。

この研究結果を習近平に叩きつけて責任取らせないとね。
もうピークが過ぎていたとしても世界中に広げてしまった責任が消えるわけではない。

この報道した人間は勉強不足。この中国からの内容はちょっと前に科学誌Scienceでた記事を中国人が盗用してアレンジしただけのものではないか。内容がほぼいっしょ。

スポンサーリンク

コロナウイルス 政府 注意喚起おわりに

今回はコロナウイルス 政府 注意喚起に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のコロナウイルス 政府 注意喚起は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「SARSの例が有るのにね。今更どうしようもないよ。この感染力の強さじゃあ、全世界に広まり、人間が免疫を獲得して普通の風邪となるまで戦わなきゃいかんでしょうね。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事