英語 民間試験 撤回が沸騰中!画像や動画は?高校生のコメントは?

英語 民間試験 撤回がネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

英語 民間試験 撤回の概要は?高校生のコメントは?

英語 民間試験 撤回のニュースが次のように報道されています。

 来年度から大学入学共通テストの英語の民間試験が導入されることについて、高校生らが国会議員に制度の撤回を求めました。

高校2年生:「国政を担っている大人が言ったこと、済んだことに対して、あれはなかったことにしてくれと撤回できるんですよ。しかし、受験生はどうですか。萩生田大臣が就任時に最初に言った発言が初年度は精度向上期間だという発言がありまして、実験台じゃないぞ」
野党が国会で主催した英語の民間試験の延期を求める会合には高校生6人のほか、学校関係者が出席しました。高校生は「不当な基準のもと、自分たちの大事な人生の節目を決められてしまう」「受験生のために一度、立ち止まってほしい」などと制度の導入撤回や再検討を訴えました。英語の民間試験を巡っては、試験会場が都市部に集中することや家庭の経済状況によって受験機会に格差が生じるなどの問題が指摘されています。野党は導入の延期を求めています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191101-00000015-ann-pol

スポンサードリンク

英語 民間試験 撤回が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ!

英語の民間試験 高校生らが国会議員に撤回を求める

スポンサードリンク

英語 民間試験 撤回のネットの反応は?

受験方式に限らず、カリキュラムにしてもそうだが、既存のやり方を変更すること自体が、現役生徒にとっては多大なリスクと負担なので、よほどのことがないかぎり、変えるべきではない。

教育関係者の、仕事してますアピールの材料にされて、振りまわされたのじゃ、たまらない。無駄にマイナーチェンジするiTunesじゃあるまいし。

当然でしょ。
問題は、経済だけではない。受験の公平性が失われているのは明らか。そちらは経済より根が深い。

国は、気がついてみたら日本が様々な国に抜かされ、焦ってしまっている。それらが全ての国や地方の政策に及んでいて、アップデートだとか言ったり、改革できるならなんでもありな状態。それがカッコいいと思っている。そして、利権を手放したくないから、格差社会、階級社会を作ろうとした。そこに、この教育改革。
子供達が自分の手で掴み取っていける社会になってほしい。大人たちは少し手を引いてほしい。

苦学とは無縁な人間が議員になってるからね。
特に自民なんて経済格差、教育格差で生き延びて来た人が多いんじゃないの?
今回の件も、何が問題なのかもわからないと思うよ。

ホントにこれはやめてほしい!
大学、高校、生徒、保護者、みんなが反対するほどおかしな制度なのに、どうしたら完全撤回してくれるんでしょうか。

民間試験の是非は置いといて、今高校生ってのはゆとり世代の一番最後の辺りなんだろうけど、機会の平等なんてのは社会に出たらなかなか与えられるものではないということはそろそろ知っておくべきだと思うぞ。

センター試験のままで全く問題ない。

ベネッセが試験概要を発表したらしい。この時期でも、まだ、「概要」だって。呆れるしかない。

これを安倍首相の街頭演説の時に訴えた高校生は、警察官にひっぱられてしまったんだよな…

話せる様にならないのに10年も英語勉強する学生
根本的な問題が全く進歩しない。

しかし、よくぞ思いとどまった。さすが自民党。愚かな、共に民主党の皆様でしたら、間違いすら認めないでしょうね。

「英語」が使えるのは、もう必須の技術ですからね。「教育の平等」「受験の平等」でやめている時代じゃないですよ。民間試験の導入は不可避ですよ。

日本の「公教育」での英語教育が限界でしょ。「体育」で全てのスポーツができるようになるわけでもなく、「英語」が使いこなせるわけがないのです。

もう、学校で教えずに、大学入試で試験して通ればOK、それで良いと思いますよ。英語のために学校の時間をロスしなくて済むでしょうに。

実は英検の協会に全国の高校生が
三千円を支払い済み。
さて、返金はどうなるんでしょ?
共通idの発行人件費を文科相は
いったいどうするつもり?

無茶な政策を立てた人は責任を取ってくださいね。

現場の教員、生徒の声を無視して、突っ走って大失敗。誰がこんな強引に進めようとしたのだろう。立ち上がった生徒に感謝!!!

教育のことについて素人が思いつきで発言するからこうなる。現場の意見を聞き、生徒の気持ちになり、ちゃんと根回ししてから実施しろよ!外国語しかり、道徳しかりだ。

スポンサードリンク
おすすめの記事