電気 買い取り 終了が沸騰中!画像や動画は?京セラ社長のコメントは?

電気 買い取り 終了がネット上で話題になっています。

スポンサードリンク

電気 買い取り 終了の概要は?京セラ社長のコメントは?

電気 買い取り 終了のニュースが次のように報道されています。

「自家消費の時代に合わせて、(蓄電器で)再生可能エネルギーの普及をしたい」と社長はコメントしています。

 今月から住宅などで太陽光発電した電気を電力会社が決まった価格で買い取る制度が終了します。今後は蓄電池の需要が増えるとメーカーは期待を寄せています。

住宅での太陽光発電は、2009年11月から余った分を電力会社が高額で買い取るFIT(固定価格買取制度)が導入されていました。この制度は期間が10年間と決まっているため、開始当初に始めた家庭は今月以降、順次対象期間が終了することになります。今年中に終了するのは約53万件になり、終了後については電力会社などがこれまでよりも低い価格で買い取るプランを提案しているほか、いったん蓄電池に充電して夜間などに使用するケースが想定され、蓄電池メーカーは需要が伸びるとみて期待を寄せています。
京セラ代表取締役社長・谷本秀夫氏:「自家消費の時代に合わせて、(蓄電器で)再生可能エネルギーの普及をしたい」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191101-00000073-ann-bus_all

スポンサードリンク

電気 買い取り 終了が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ!

“電気の買い取り”順次終了 蓄電池の需要増か

スポンサードリンク

電気 買い取り 終了のネットの反応は?

ずっと考えているところだが、トヨタのHV車の駆動バッテリーを転用し、上手く活用出来れば低コストの蓄電運用が出来ないか?とも思うところです。
それは基本的構造が社内で共用化されているため、そもそものコストは低いはずです。
実際プリウスのHVバッテリーの新品部品単価は13万円ほどで、これが200Vの受電送電を行なっていることから、発電後の電力制御のモジュールが低価格で商用化出来れば、比較的低廉なコストで家庭用電力の運用が可能ではないかと思います。
但しバッテリーの性能を考えると、イニシャルコスト的には非導入の居宅と比較し、それでも月々の電気代と拮抗する気はします。

何時間、家庭の電気を使えるか分からないけれど、いつの日か利用できる。
蓄電池導入のメリットは、停電したときの安心を買うことです。
昼間の発電を蓄電して、夜間に蓄電池の電力を利用するメリットもあるが・・、金額的に、どの程度の電気代節約のメリットか算出する事をお勧めします。
高額な蓄電池は10年で劣化が一般的な評価です。

一連の台風や豪雨での停電が長引いたが、
太陽光発電の事について取り上げてましたかね?
停電の解消を早めるには、停電時でも使える太陽光発電技術の確立と
蓄電池もミックスした停電時の備えが必要だと思う。
ランニングコストばかりに目が行きがちだが、今般の台風豪雨災害から
考えるとイザというときに使えて良かったと思えるものであってほしい。

災害時のとき電柱が倒れたりして電気の供給が止まっても家庭の蓄電設備が大丈夫であれば電気は使えるわけだからこれからより需要があるのでは?
もともと売電して楽して儲けようなんて考えがよくないと思う。

京セラは製造費が3割安くなる次世代電池、クレイ型リチウムイオン電池を使用した家庭用蓄電池を来年量産予定。
またテスラも容量13.5kWhで99万円という格安価格での販売を開始。

2010年代は再エネの時代、2020年からは蓄電池の時代と言われ、欧米では以前から日本の半額以下で蓄電池が流通していたが、それに近づきつつある。競争が活性化することに期待

結局、償却が終わり機材代相当も売電で元を取っているので、そのまま使う事が一番良いと思う。蓄電池に100万も支払えない。

蓄電池は災害あった時の一時的な停電に活躍します。しかし、自産自消に使うには費用が高いし待機電源による自己消費ロスや、故障による損失リスクを考えると、一般人では有り得ませんね。
殆どが外国製の電池にも関わらず、補助金出し続けて普及をさせる政策も信じられません。
消費税をあげるより、無駄な補助金を見直して欲しいですね。
買取か電力会社のお預けサービスを検討して欲しいです。

結局メーカーのうまい話に踊らされてるだけのような気がする。

でもお高いんでしょう。

蓄電池を廃棄するときはどうするの?
寿命はあるはず。

蓄電池がどの程度のスペースを取るのかわからないけど、災害時の事を考えるなら普通に発電機とガソリンでいいんじゃない。費用はかなり安く済むはず。

太陽光発電で家計が得することは絶対にない。あくまでも環境への配慮が優先されており、蓄電池による停電時の安心もあまり期待しない方が良いと思う。そして1つ確実に言えるのは太陽光パネル、その他モジュール関係の金額が高過ぎる。

高価な太陽電池買わされて、今度は高価な蓄電池を買わされる。

次の車買い替えを電気自動車にしてそれまでは自家消費、あまりを売電かな。

先日外資メーカーが100万円の家庭用蓄電池を日本向けに発売したそうですが、蓄電池の寿命は長寿命タイプでも10年くらいなので更新を考えると安い買い物ではありませんね。(´・ω・`)

蓄電池今の半額程度にしないと採算無理だよ

蓄電池を5年から10年周期で交換しなければならない
蓄電池も高額なもの
それを買い替え続けられるほど太陽光発電で稼げない
太陽光パネルも長く持って20年くらい
パワーコンディショナーも10年くらいが耐用年数
災害時に活躍する自立運転機能を持つもの、蓄電池がある家庭も20年周期で初期費用と同額の金額を払えるか? 20kwの出力を越えれば管理費用もかかる
災害時くらいならやっぱり発電機の方が安い
燃料さえ補給できるなら

京セラのリチウム蓄電池とかこれから注目されそう。

蓄電池が代わりになるとは思えないほど高いんです

電池は、まだまだコスト高だ。これは、電池メーカーのステマか、回し者だな

スポンサードリンク
おすすめの記事