リウマチ 損害賠償が沸騰中!病院側のコメントは?画像や動画は?気になるネットの反応は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

リウマチ 損害賠償がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

リウマチ 損害賠償の概要は?病院側のコメントは?

リウマチ 損害賠償のニュースが次のように報道されています。

病院とファイザーは「訴状が届いていないので、コメントできない」とコメントしています。

 リウマチの治療薬を服用中に肺がんを発症した男性が病院などに損害賠償を求めて裁判を起こしました。

訴状によりますと、岡山県の男性(65)は倉敷中央病院の担当医の勧めで去年1月からリウマチの治療薬「ゼルヤンツ」を服用していたところ、今年2月にステージ4の肺がんと診断されて余命宣告を受けました。薬の添付文書には「警告」として「関連性は明らかではないが、悪性腫瘍(しゅよう)の発現も報告されている」と記載されていますが、担当医から事前に説明はなかったということです。男性は、製薬会社の患者向けのパンフレットもがんについての記述が不十分だと主張しています。男性側は、病院とゼルヤンツを販売するファイザーに合わせて約8000万円の損害賠償を求めて岡山地裁に提訴しました。病院とファイザーは「訴状が届いていないので、コメントできない」としています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191119-00000010-ann-soci

スポンサーリンク

リウマチ 損害賠償が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

「リウマチ治療薬で肺がん」 損害賠償求め提訴

スポンサーリンク

リウマチ 損害賠償のネットの反応は?

薬の添付文書はいつ読んだのだろうか。担当医から悪性腫瘍発生の可能性の説明がなかったということだが、特に長期服用するような薬剤の添付書には副作用に関しては発生度の低いものから高いもの、軽度のものから重度のものまで事細かに書いてある。それを医者が一から十まで患者と読み合わせをするはずもなく、だからこそ添付書というものがついてくる。投薬開始時に読んでいれば、当然担当医に確認もできたはず。他の方も書いているが、どんな薬にもその病に効くという利益と他の症状や病を発生する可能性もあるという不利益もある。この悪性腫瘍発症の可能性が気になるなら、止めることもできたはず。

それよりも、なぜステージ4になるまで分からなかったか。憶測だが、薬だけ飲んでいれば治るくらいの意識で、定期的な診察やを医者がすすめる検診や画像検査など受けていなかったのでは。

ご本人についてはお気の毒に思います。
母も長年リウマチの治療をしていますが、毎月の血液検査や、定期的に腫瘍マーカーチェック、肺を始めとする臓器のレントゲンやCT検査を受けています。
使っている薬剤は違いますが、リウマチの症状を抑えてくれる代わりの副作用はあることは知らされています。
この方の主治医はステージ4になるまで何も検査をしなかったのでしょうか。そこも気になります。

肺がんとその治療薬の因果関係が証明されない限り,この訴訟はあまり意味がない気がする。他の医薬品やワクチンでも同じ。きっちり因果関係が証明できなければ賠償はされないのではないか。それこそ,この人が愛煙家であったとするならば,原因は喫煙かも知れないわけで。この記事だけではそういった前提条件が見えないので,読者は判断すらできない。

添付文書には、腫瘍は[本剤との因果関係はあきらかではないが。]と書いており、
要は肺炎、肺の感染症など肺の病気になる
警告がありますね。
肺癌になる可能性の因果関係は0ではないが
今回の薬で肺癌に発生になったとの訴えは
退けられると思います

これはちょっと八つ当たり感ある気がする。
パーセンテージも因果関係も不明な副作用まですべてを説明してたら病院が回らないよ。
気の毒だとは思うけど。

もともと肺がんになっいたが、それが薬で促進され急速に進行?。なんにしてもガンの心配がある薬なら、経過をェックすべきかだったのではないか。

昨年1月からの服用で今年2月にステージ4の肺がんなんてまずあり得ない。
JAK服用それ以前に肺がんに罹患していた可能性が高い。

遺族の方には申し訳ないですが、この内容を読む限り、これで賠償金支払いとなると新薬の開発は止まるだけでしょうね。医療の発展と逆行する結果になってしまいます。

関連性を位置付ける時系列のデーターが無いと非常に難しい。

添付文書読むと、ほぼ関連は証明されていないね。おそらく関係ないでしょう。

朝日はいつも偏った情報で医療破壊する。

取材して、バックグラウンドくらい書けよな。

この記事だけ読んだら医者が悪いとしか思えない。

ただ朝日なので、記事とは逆の事が隠れていそう。

朝日系は報道の仕方に悪意がある。
かつてのエンブレルの時と同じだ。

受け入れよ。我がの運命を。

本当に薬のせいかな?

これは無理な訴訟。
因果関係を証明しなくてはいけない。

因果関係の立証は困難でしょうね。
しかしご本人の気持ちからすれば、そう言いたいのもわかるような気がする。

ファイザーの米国本社を相手に、アメリカの裁判所に訴えることはできなかったのでしょうか?(すみません、よく知らないで)
アメリカの裁判所は、社会的見せしめの意味を込めて、億単位の賠償を認めることがあるので。

病院も製薬会社も死ぬの待ちでタラタラ裁判長引かせるんやろなあ

負け戦だよ、こんなの。
リウマチ薬関連の固形腫瘍に特異的な臨床病理学的特徴なんてないだろうから、因果関係を証明するなんて研究レベルの話。

副作用について説明を求めなかった患者側に落ち度あり。それに、自分で情報収集することも大切!医者任せにした自分の責任。

この薬剤が原因だという確定的証拠を出すことは難しい。まず副作用で裁判に勝つのは無理。
だから薬の副作用は何がでるかわからないから危険。

処方する医者は副作用はまず出ないと説明したり、でたとしても副作用とは考えず更に薬を追加するからたちが悪い。

スポンサーリンク

リウマチ 損害賠償おわりに

今回はリウマチ 損害賠償に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のリウマチ 損害賠償は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「自己免疫疾患であるリウマチ治療薬は免疫抑制剤だから基本的に悪性腫瘍の発生のリスクはあるでしょうね。何もこの薬だけの特徴ではないと思います。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのは面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず。

また聞いてもらったところで
ほしい車に手がとどかない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買い取り価格を
競ってくれるので、
結果的には値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

おすすめの記事