新潟市 事件が沸騰中!判決はいつ?画像や動画は?気になるネットの反応は?

新潟市 事件がネット上で話題になっています。

スポンサーリンク

新潟市 事件の概要は?判決はいつ?

新潟市 事件のニュースが次のように報道されています。

判決は来月4日に言い渡されます。

 新潟市で女児が殺害された事件の裁判で、検察は小林遼被告(25)に死刑を求刑しました。

小林被告は去年5月、新潟市で女子児童をわいせつ目的で連れ去り、首を絞めて殺害、遺体を線路に遺棄した罪などに問われています。22日の論告求刑公判で、検察は「被害者は少なくとも5分程度、首を圧迫され続け、被告に殺意があったことは明らか」と主張しました。また、「事件から1年半もの間、謝罪もなく被告に反省の態度は全く見られない」とし、死刑を求刑しました。判決は来月4日に言い渡されます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191122-00000046-ann-soci

スポンサーリンク

新潟市 事件が沸騰中!画像や動画は?

これが今回集めた画像や動画です。

それでは動画をどうぞ。

“女児殺害、線路に遺棄”は殺意明らか・・・死刑求刑

スポンサーリンク

新潟市 事件のネットの反応は?Part1

今回ネットの反応が大きかったので2つに分けました。

小林遼被告の異常な性癖、女児の遺体を線路に放置するなどの異常性、こんな輩は更生不可能、裁判員の方々は辛いでしょうが心を鬼にして厳しい量刑を下していただきたい。

被害に厳しく、加害者に甘い司法であって欲しくない。

仇討ち制度を復活してほしい。生きたまま線路に縛りつけてやりたい。

死刑にしないと再犯性は高いです。

当然です。殺人を犯した者は自分が犯した同じ方法で処刑されるといいと強く思います。処刑されても被害者の無念は晴らせず、ご家族の哀しみは癒えることはないのです。子どもを虐待し命を奪った親や大人も同様に処刑されて欲しいです。

そもそも線路の上に遺棄してるんですからね、殺意否定する神経が信じられない。
それに前科もあるし、更生の余地はないでしょうね。
求刑通り死刑判決が出る事を心の底から祈ってる。

処刑の場に遺族の参加は認められないのか?
せめて犯人が息絶える最後の最後まで見届けたいだろうと思う。

死刑以外の選択肢は無いでしょう!

被害者一人で死刑求刑。これは裁判員の方は相当悩まれる事でしょう。
でも苦しんで出した死刑判決も、どうせ高裁であっさりひっくり返されてしまうんだろうな。

人生25年か!
何のためにう生まれてきたのか分からん!
残された家族はどうする?

死刑を。
ご両親の望み通りの判決を。
それ以外、考えられない。

スポンサーリンク

新潟市 事件のネットの反応は?Part2

即日死刑でいい
たまには被告弁護士も「死刑はやむを得ない」って本音を言ってほしい。

お願いだから死刑になってくれ。

簡単な死刑ではなく、出来る限り残忍な方法で死刑にして公開すればこの先の性犯罪が減るかも知れないんだがな
意識あるまま猛獣の檻に入れるとかなら餌にもなるし、人が手を汚さずに済むんだけどな
骨だけになるだろうから火葬もいらないな

死刑でいいな。

これで死刑にならなかったら、日本の裁判所は人を一人殺した位じゃどんなに悪質でも死刑にはしないって宣言したようなもんだな

こういう奴、野放しにするな。
人として生まれてくるな!

死刑以外は有り得ないです。即刻執行すべき。親の気持ちを考えると腹綿が煮え繰り返ってどうにもこうにも気持ちがおさまらない。できれば親の手で執行のボタンを押させてあげたい。

予想通りの求刑であった。
最終的な判決は無期懲役である。
ただし仮釈放は無い。

車でぶつけるだけでも悪行で殺意があれば殺人未遂まであるのに、最後は線路に遺棄するまでやっている。
にもかかわらず、おい弁護側本気で傷害致死だと思ってるんだな?、そうなんだな?
精神障害だけは持ち出すなよ。

性的な目的で車で撥ねて連れ去り、首を締めて殺し、さらに偽装工作で遺体を線路に放置して、それで殺意がないとは理屈が通ってない。
私が遺族だったら、私の家族はこいつに三度殺されたのだと思うでしょう。死刑にならないなら、私に三度仇討ちをさせてほしいと訴えたことと思う。

スポンサーリンク

新潟市 事件おわりに

今回は新潟市 事件に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の新潟市 事件は沸騰しています。

私の個人的意見としてはネットの声にありました
「生かしておいたら、新たな犠牲者が出る。
死刑判決で、弁護側も自発的に控訴しなくていい。」に賛成です。

あくまでも個人的意見ですが。。。

これからも皆様に見て頂いて
わかりやすい・読みやすいサイトを
作成していける様心がけますので、
これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事